神戸市中央区 大阪の事故車修理 三方良しの事故解決法 これが時代を作る公の精神 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
大阪の事故車修理 三方良しの事故解決法 これが時代を作る公の精神

  • HOME
  • 板金塗装修理
  • 大阪の事故車修理 三方良しの事故解決法 これが時代を作る公の精神

title

自動車事故 損害賠償 保険修理
加害者 被害者 当事者
三方良しの解決を目指す公の精神

 自動車事故にはそれぞれの立場で
それぞれの義あり

たとえ100:0の事故でもそれぞれの立場で
言い分は在るものです、
また100:0でなくても過失の在る案件は
お互いの主張がどうしても自分都合になりがちです

しかしながら事故がおきたのは
起こるべくしておきたと
捉えることが大事です

そのような見方から事を運べば
相手の立場が理解できます

損得が頭をめぐりますが
それはおいておき
お互いが反省からの見地から
相手の義をお互いが認め合うことで
より良い解決が図られます

 お互いが自分の利益だけを主張し合って解決なし

どんな事故でも損得はあります
個々の損得も大事ですが

事故を起こしたこと
そのこと事態が社会的損失です

社会の一員として事故を起こした事は
それ自体が社会に迷惑を及ぼしてる
ということであります

早い解決が社会的損失を少なくする
ということになります

これが公の精神につながる考え方です


 相身互いの精神と公の精神から

交通事故はあってはならない、無いのが理想ではあります
しかしながら、人間と器械の融合のなかで
車社会が形成されてる以上
一定の事故は起こりえる者であります

従いまして起こった事故は事故として
不幸であったが
お互いがお互いを気遣い
相身互いの精神と公共の利益優先の精神を
理解しお互い社会に対して迷惑をかけてる事を
恥と考えお互いが早くその恥じの払拭するという気持ちが大切です


 加害者としての責務

加害者には加害者の責務があります

 被害者としての信義則

被害者は被害者として信義則があります

 修理工場としてのリテラシー

 損害保険会社としての立場
消費者のために在る原則

 三方良しの解決

板金塗装修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!