神戸市中央区 大阪の保険事故修理 BtoBtoC 御社の提携先修理工場で本当に顧客に満足いただけてますか? 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
大阪の保険事故修理 BtoBtoC 御社の提携先修理工場で本当に顧客に満足いただけてますか?

  • HOME
  • 会社案内
  • 大阪の保険事故修理 BtoBtoC 御社の提携先修理工場で本当に顧客に満足いただけてますか?

title

下請け板金塗装工場の選びかた
BtoB取引の企業様へ
自動車事故修理受付
下請け先は本当に
今のままでいいのですか

 外注が主体の販売店・整備工場様へ
顧客の役に本当に役立つためなら
自動車事故修理は下受け先を選びましょう

自動車事故修理は板金塗装やなら
どこでも出来ますが

その品質は修理工場により雲伝の差です

そんなこと知ってるとお思いでしょうが
現在は事故車修理工場でその修理レベルに差がついてます

それは自動車の素材変化や構造変化の進歩が著しく
それにあった仕事をするのが困難に成ってます。

何故ならそれなりの設備が無いと技術者が
生かされない状況にあるということです

そしてそのような新技術に対応した設備の無い修理工場での修理は
一見見えないところの品質に問題があるということであります

そのようなところを下請けとして使っていては
御社の信用を落としかねません

新技術に対応できる設備のある工場を
下請けに選びましょう

どの様なことか?はこちら

 真に顧客のためを考えられる下請工場は
この様なところから選らぶのがよい


賢い元受工場は知ってます

真に顧客のためを考える板金修理工場は

直受客の獲得にも積極的である

この事は何を意味すのか

直接のお客様と接することで
お客様の要望や希望をどの様に考え
いかに実現するかの考えながら
日々努力し進化しているといえるから

そして賢い元受企業は
そのような修理工場を選んでます

 なぜ損害保険指定工場を選んではいけないのか
選ばない理由とは

損害保険会社指定工場は皆様方のような元受と違い
その質が違います

皆様方元受とは契約関係上対等な立場であり
主従関係ではございません

その証拠に修理価格については修理工場に主体性があり
元受はいわゆる紹介マージンを取るというのが
契約の基本として成り立ってます

商法上もなんら問題の無い当事者どうしです

ところが、損害保険会社指定工場は
その契約上は指定工場というだけで
修理依頼契約者ではございません

そしてその指定工場に条件が
損害保険による修理の
保険金算定基準を順守することが
主な契約内容であり

その他保険会社の紹介で無い修理についてまでも
保険修理であれば「協定」のなかで
損保側のアジャスターと価格協定にまで言及されますので

その元受が御社であっても修理価格(保険金ではない)に
マイナスの影響が出てきます

それは御社のお客様にとっても支払保険金が
減額されて支払われたのと同じこととなり
修理依頼者の利益が毀損されることにつながります

もし指定工場が保険会社の以降を無視し
たとえば御社の修理レバーレート
損保指定地域価格(指数対応単価)より
高額の場合協定できないか
減額して協定しなければならないこととなり

御社の正当な利益が毀損されてることとなります

それでも損保指定工場をいわゆる下請けに選びますか

 真の顧客思考の事故車修理工場は
それなりのポリシーと覚悟を持った
修理工場といえます

整備工場や販売店で自社板金修理工場を持つには
今後ます々設備費と技術修練に費用が掛かります

従いまして賢い整備工場や販売店は
自社のポリシーを顧客に説明し
事故者修理については外注で対処している旨を
顧客に開示しなぜそうなのか
なぜ、その方が顧客にメリットがあるのかを
真摯な態度で説明できなければなりません


そのお助けも出来る板金塗装工場・事故車修理工場は
数は少ないですが全国探せばございます


弊社もその一企業と自負いたしております

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!