神戸市中央区 保険金請求は適正な修理費見積りから!債権債務者が当事者です 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
保険金請求は適正な修理費見積りから!債権債務者が当事者です

  • HOME
  • 会社案内
  • 保険金請求は適正な修理費見積りから!債権債務者が当事者です

title

被害者に損をさせない損害調査
事故車の損害額がアップします
一般社団法人事故車損害調査協会

 事故車の損害額が10万円以上UP

案件にもよりますが損傷範囲の認定が
フレーム等に波及しているかどうかが
わかりにくい修理案件は

損害保険会社の提出する修理費見積もりより
10万~50万ぐらいアップする事例もあります

損傷範囲の軽微なものは殆んど変わりません

 保険会社の事故車査定
本当にそれでいいのでしょうか?

損害保険会社アジャスターが見積もる修理費は
保険会社の支払い保険金を減額することが目的の一部にあります
本来の目的とは違う社員の忖度が働き
どうしても修理費は低く見積もられがちです

 三次元計測による
公正公明な事故損害調査

当協会見積りセンターでは
三次元計測器タッチを使用してますので
メーカー基準寸法との比較で
損傷部位の波及範囲最終到達点の特定が出来ます
目視では解らない波及範囲まで特定できますので
適正な箇所と範囲が修理範囲に計上されます

見積もり依頼はこちら

 損害保険会社と協定後
修理契約を弊社と結ぶことで
お客様の手元に現金が残ることも

損害保険金の支払いは約款により
その予測の証明を持って支払われるものであり
保険対象車両が修理をしようがしまいが
保険金額として決定し支払われるものです

 協定後車両が全損となっても
お車は自分のものです
損害保険会社に持って帰らせないようにしましょう
弊社では高額で買取できます

特に全損認定となった車両は
約款により保険会社の勝負つとなりますが
保険法の規定により顧客の
(保険契約者・被保険者・保険金受け取り権利人)
不利になるような行為輪無効となります

ご相談はこちら

 保険会社とは一線を画するため
弊社は指定工場にはなってません
だからこそ、
お客様の立場で主張できます
遵法精神は遵守して行動いたします


弊社では保険金は被保険者へ
賠償金は被害者へ
原則的にはこれが遵法ということです

当協会

現状の慣例となってる『協定』行為は
厳密には違法と考えてます

本来の保険契約の当事者間取引に戻すべきであり
修理契約は保険金額が決まってから
修理依頼者が修理工場と契約するのが
そもそもの筋道です

 保険修理の場合
代車はレンタカー会社から借りましょう
それが社会貢献になります

お金が循環することで経済的貢献が出来ます
これも社会貢献です

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!