神戸市中央区 保険事故修理の正しい履行が自動車事故の加害者と被害者を救う 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
保険事故修理の正しい履行が自動車事故の加害者と被害者を救う

title

保険事故修理 対物損事故 正しい履行で正しい賠償を! 
自動車物損事故、加害者と被害者

加害者 被害者自動車事故の加害者と被害者

 加害者 被害者
自動車事故の加害者と被害者

自動車を運転するものとして
自動車事故に絶対遭遇しないという事は
断言できませんね

だから
誰にでも加害者や被害者になる可能性が有ります。

不幸にして事故に遭遇したならば、
加害者か被害者になります(過失は考慮してません)
加害者には賠償責任が当然あり(債務)
被害者には償ってもらう権利(債権)が有ります。

このときに権利の行使と義務の履行に当たっては
お互いが信頼関係に基付き信義に従い
誠実に実行することが求められます。(いわゆる信義則)

このときのお互いの権利(私権)は
公共の利益と一致してなくてはならない、
したがって権利の乱用はしてはならない。

これが物事の大原則です。

自動車事故による
賠償問題は加害者と被害者が当事者であり、
当事者同士で解決するべきことであります。

ところが、
この状況で加害者が損害保険に加入しているときのみ、
上記の法(民法)に則した権利の行使と
義務の履行が
正常に行われてないということが頻繁に有ります

ほんの一部と思われます
損害保険会社が介入し
社会正義や正常な商習慣を捻じ曲げ、
本来支払わなければ成らない保険金を
出来るだけ低くしたいが為としか思われないような
行為をいたします。

その原因には
一部の修理業者と被害者または修理業者が
信義則を忘れた不当行為(不当な権利の行使)に
ある事は否めません。

そのことで良識のある正常な業者までもが
損害保険会社が保険金支払い基準としている
算定方式金額でない修理代
ですと

修理工場の修理代金に不当に介入してきます、
それも修理完了、納車完了後(修理中の場合も有ります)です

そして、上記不良業者と同じように
正当な修理業者が
正常に
顧客と契約している修理代までも値切りられます

また値切りにに応じられないといいますと、
保険金を支払わないといい、
現実に支払いをいたしません

工場は顧客に修理完了車両は納車してしまっており、
慣例に準じ保険金(=修理代)が保険会社から
振り込まれるもと思ってますので、
振り込まれないとなりますと
工場は給与等の支払いなどに窮することとなり
仕方がないので値ぎりに応じております。

そして工場は品質お落とすことなく
価格だけ値切られ
適正価格以下でいつも仕事をしていることに
なってしまいます

これが、現状で有りますが
我々修理業者と損害保険会社には
債権債務関係がないものどうしであり
勝手に被害者や加害者の権利や義務を使って
関係ないものどうしで
それも保険金と修理代という
質の違うものどうしを比べ
顧客そっちのけで争ってるという醜い状態
です


このような現状を改善し正常に戻さなければ
交通事故による加害者や被害者が
自身の権利と義務を果たせず、
加害者債務者のままとなり
被害者は正常な賠償がなされてない
という状況が続きます
今のところ被害者は心ある修理工場のおかげで
品質の毀損がないようになってます
が、
加害者は加害者としての義務が
履行できてない状況
にあると考えられます

ではこの現状を改善するためには如何したらよいのか?。
答えは、明快です。
正常な債権債務関係に戻す
本来の債権債務関係、
被害者は加害者に損害賠償請求する
そして
加害者は被害者に証明された賠償額を
賠償金として支払う

加害者はその支払った金額を
保険会社に保険契約に則り保険金請求する

そして、
保険があろうがなかろうが

顧客(加害者の車、被害者の車)は修理依頼を
修理工場
と修理契約にもとづき契約し履行する
以上が正しい権利と義務の履行関係です

 交通事故の加害者となったかたへ
損害保険会社の対応次第で
加害者が知らない間に
加害者の刑事処分がより
重くなることが有る


ご存知でしょうか?
交通事故物損等で加害者となられてしまった方へ

「損害保険会社の対応次第で、
加害者が知らない間に、
加害者の刑事処分がより重くなる。」

他社のHPで見つけた記事です。

記事にも有りますが損害保険会社に交渉を任せてしまうのはリスクが有ります。
当事者はあくまで加害者のあなたです

当該記事は こちら


保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!