神戸市中央区 事故って加害者・被害者と成った時の保険事故修理の公正公明・平等な解決とは 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
事故って加害者・被害者と成った時の保険事故修理の公正公明・平等な解決とは

  • HOME
  • 保険・保険修理
  • 事故って加害者・被害者と成った時の保険事故修理の公正公明・平等な解決とは

title

大阪 自動車事故 保険修理 加害者 被害者
大阪での自動車事故復元修理の
被害者・加害者へ
公正公平な解決

 大阪で 保険事故被害者 全損 加害者責任 
保険事故 加害者 被害者保険事故修理
追突100:0の加害者および被害者様へ

最近、保険修理追突100:0の事故で
被害者様が車両
全損とか言われ修理して乗りたいのにできない
また全損価格では同等の車両も購入できない
という状況が多くあります。

なぜこのようなことになるかと申しますと、
加害者が保険会社に丸投げしたことにより
加害者が責任(債務)までもなくなったように思ってますが
それは違います
加害者には加害者の責任が残ったままになります。
また
保険会社は、自分が当事者のような態度で
修理代は値切るは、
事故車両は価値判断基準
中古車業者が仕入れ使うレッドブックと呼ばれる
相場表を参考に
被害者様の事故車の価値を決めてしまいます。
この全損価格も
加害者の賠償責任の履行の観点から考えます
同等の車両が購入できうる費用も含んだ額が
損害賠償金となると考えるのが
社会一般的での常識と思われます

しかしながら
損害保険会社は自社の都合のみの論理で
被害者の痛みや心情は全く顧慮していません、
自分が加害者の代理であるならば
権利のみでなく義務から果たすべきだと考えます。

また、
被害者様の車が修理可能な場合でも、
工場に修理代の減額を強要します。
(修理業者は常にそのように感じてます)

加害者の債務被害者の債権 
当事者同士が解決を図るというのが法律です

もしもの時に保険を使用しての車輌事故等の
復元板金塗装修理に関しましては
大阪の大阪市住之江区の弊社では当社へ!

 保険契約 保険金請求 契約者・被保険者 大阪・神戸
保険金請求は契約者・被保険者の責務
賠償請求と保険金請求は違うもの
加害者は加害者として賠償責任を果たすこと

自動車事故で保険金を請求するのは、
保険契約者の責務です、
保険契約者にその請求の義務と権利があります。

保険会社が保険金を
修理工場や業者に
直接振り込むのは問題があります。
保険会社は一応契約者の了承を取っているとは言いますが?。

保険金と修理代は全く別物です
保険金は事故直前の状態に復帰する費用
すべてが保険金として支払われるものです。

自動車事故復元修理業者の修理代は
事故直前の状態への復元は不可能です、できません。
また、
その他の事故の為にかかった諸費用は
修理代には含みません。
従いまして、
保険金として直接業者や工場に振り込むのは
 保険金=修理代となります
工場が受け取るのは修理代であり
保険金ではございません。
また修理代は修理契約者から受け取るのが
法律上のルールです
保険金は保険契約者か被保険者が受け取るべきです。

このことは保険契約者の受け取るべき保険金が
減額されたか未払いの状態と思われます。
保険契約者様が本来受け取れるべき額が
毀損されてると考えられます

このようなことが無いように
大阪の株式会社ボディショップ栄一では相談に乗れます。

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!