神戸市中央区 損しない得する! 保険事故修理 修理工場 選び方 大阪、神戸市 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
損しない得する! 保険事故修理 修理工場 選び方 大阪、神戸市

title

大阪~神戸 全国どこでも
損しない、得する保険事故修理 
被害者・加害者・修理依頼者
自動車事故したとき 
自動車保険で修理するなら
修理工場選びが大事です

被害者 対物案件 義務と権利保険修理事故修理 被害事故100:0 対物賠償事故修理について

 被害者 対物案件 義務と権利
保険修理事故修理 
被害事故100:0 対物賠償事故修理について

損害保険使用案件
対物100:0の場合 被害者

保険修理で使用される場合が多い案件です、
大事な事は、保険があろうがなかろうが
事故になった場合
加害者(債務者)と被害者(債権者)に成るということが
大前提であります、
加害者には賠償責任が有り
 民法上の債務者ということであります、
被害者にはその損害を賠償してもらう権利(債権)が有り
 債権者となります、

債務者債権者金銭を持って賠償するというのが
法律で有ります。

自動車事故における加害者は
被害者にその損害を
金銭をもって賠償する義務(債務)が
発生しているといえます、
その義務が履行されない限り
加害者は債務者のままであります

また被害者もその損害を金銭に見積もり
加害者に被害額の証明をしなくてはなりません
それが被害者にとっての義務(債務)といえます。

そして、お互い(債権者・債務者)がその内容に
合意がなされ、金銭による賠償がなされたときに
債務者(加害者)の責任が履行されたとなり
それぞれの債権・債務が
消滅する
ということであります。

当然のことでは有りますが、
法律上の賠償責任において
お互いが信義則に則った行動が
取られていることが前提で有ります。
ここをお忘れなく。

これが法律上の時系列であり
法治国家としてのあるべき姿です。

そして、このところが大きな問題となってます。
それは、その賠償において
債務者が損害保険会社と契約が有り
損害保険に加入していた場合は
賠償責任を履行した後で、
その賠償額を損害保険会社に
請求するというのが
契約関係場の筋道となります。
すなわち
損害保険会社と保険金の支払についての交渉は
損害保険会社と契約している保険契約者
契約に基付き被害者と合意に至った
賠償金額を請求するというのが
時系列上の正しい契約関係から
債権債務当事者同士となります。

ところが現在、
この時系列上の流れ債権債務者関係当事者
損害賠償関係の当事者と
保険契約関係の当事者がかぶることで
時系列上の債権債務関係が崩され、
損害保険会社利益が優先され
被害者利益が毀損されてる状態となってます

もしも自動車事故に遭われた場合は
加害者・被害者共に信頼の置ける
自動車事故修理専門工場
において
お互いの車の修理費を見積り
損害賠償額と事故車修理額を
区別し見積もることで
公平な損害額が算定出来るものと考えてます

この自動車事故専門修理工場で見積もるということが
保険金算定修理費基準とも合致しやすく
加害者にとっても損害保険会社と話が
合意しやすいということにつながります

もしものときのご相談は下記リンクから
こちら

 それぞれ基準それぞれ基準
保険金算定基準と
事故車修理代算定基準

先にも述べさせていただきましたが
保険金は保険金算定基準が有り
険契約者にとって公正公平であるということが
企業として命題で有り大切です、
従いまして同じような事故は
ほぼ同じような保険金を支払うのが
保険会社としては好ましいということであります。

しかしながら
商品やサービスは同じようなものでも
同じでは有りません

商品やサービスの価格は
それぞれの企業サービス提供者で
それぞれ違います。

同じようでも同じでないので
当然その売値はそれなりに違います。
これは当たり前です。
どんなものでもそうです。

そしてここで、保険商品に関して申しますと
不思議な商品だと考えれます。

普通商品やサービスは例外を除き
商品・サービスと交換に対価としてお金を支払います


ところが
保険は全て先払い掛け捨てが主な契約です、
保険の趣旨からして安心・安全であれば
それが幸せであり
将来のもしもの時の高額の出費(高額の賠償金など)に
対しその不測の出費金を担保する契約です。

すなわち、
具体的な金額ではなく
法律上の賠償などで
それなり契約事項の出費があったときに
それをカバーしてくれるという契約です

ほとんどの保険契約者は
保険料は安心安全(リスクがなかった)であったので
掛け捨て
となります。

保険金を請求するという事は
ある面不幸があったということであります、
そしてそれは本人(加害者・契約者)もそうですが
相手(被害者・契約者被保険者)も
不幸であったということです。

保険の価値はもしもの時(不幸があったとき)にしか
その価値は分らないということでも有ります。

この特殊な状況が
自動車事故の人身を含め
特に多い物損でのいわゆる
保険事故修理といわれる分野
公正公明な契約関係と債権債務関係の履行
行われていないと考えられます。


そしてその最大の原因が、
損害保険会社保険金算定基準
実質事故車修理基準との
乖離が大きすぎるということ、

保険金算定基準が現状の
修理代算定基準
より安すぎる
ということにあります。

保険金算定基準が
個々の幅をもっと認めていかないと
安心安全を担保し社会に貢献する旨と
公の精神を履行し修理4原則を正確に守っている
まじめな事故車修理専門工場は
経営が成りたたなくなります。

対応単価とレバーレート保険金対応単価と修理代レーバーレート

 対応単価レバーレート
保険金対応単価と
修理代レーバーレート

上記内容と関連しますが、
対応単価は保険金算定基準のためだけの
保険会社独自の指数1.0単位の価格であります

レバーレートは個々の工場が決めた 
1.0時間あたりの作業工賃単価
(工数1.0)であります。

このように、1.0という数字は同じですが
内容とその性格は全く異なります。

困ったときはご相談ください。

こちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!