神戸市中央区 あなたの思いに寄り添います 保険事故修理 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
あなたの思いに寄り添います 保険事故修理

title

損害保険会社の思いではなく
保険契約者の思いに寄り添う
事故車修理専門店
保険金は確り請求しましょう

 保険金請求は保険金請求権者が請求するもの
修理業者がするものではない
ましてや保険会社が支払保険金額を
自分で決めるのはもってのほか

不幸にして交通事故に遭い相手車両や自己車両の事故修理において
自動車保険を請求し修理費用とする事はよくあることですね
もしものときの急な高額出費に対応しそれを担保するのが自動車保険のメリットであり
契約者もまた被害者も自動車保険があってよかったと安心するわけであります
それが自動車保険の最大の使命であります。

ところが、一般的にその恩恵を受けたりその恩恵で賠償責任を果たしたりする事は稀な事ですね
損害保険会社の生業はその「もしも」のときに役立つのが仕事でありますが、
保険会社も営利企業でありますのでその利益の追求も企業として当たり前のことです。

また交通事故は無いことが社会にとっては良い事であり
保険会社や消費者にとっても利のある事でもあります

しかしながら、交通事故は一定の確率でおきるものでもありますので
損害保険会社は保険金支払いの件数や支払額は保険会社の利益に直結いたしますので
関心の深いところとなります。

そして現状の保険金支払い額の決定には保険会社の意向が大いに働き
ありていに申しますと
被保険者や被害者に
正当な保険金や賠償金が支払われないということも
現実起こっております

その要因は、事故車修理に関してだけ申せば
『協定』と呼ばれる行為が
損害保険会社が決めたルール
保険金算定基準の方式が
修理代金の基準として
板金塗装業者にほぼ押し付けられるような形
(保険会社はお願いしてるだけで押し付けてないといいます)で
板金塗装者の修理代基準として慣例化され定着しております

今となってはそれが業界通念となってますのでいた仕方おないところではあります
しかし、
消費者サイド、保険契約者サイド、被害者サイドに立った
修理費見積もりや損害賠償額の証明は
あくまで契約者や被害者がするものであります
それが法律で認められてる権利であります

したがいまして弊社や当協会員では
損害保険会社修理費算定基準を最大限尊重し
最大限法に則った保険金請求権利者として
保険金・賠償金請求を出来る修理見積書を策定いたします

 被害者が泣かされないために
三次元計測器による損害調査
大阪・神戸

自己修理費の証明は被害者側にある
これが法律である以上
損害額の証明は被害者自信が
信頼の置ける修理工場等に直接お願いすること
当然修理見積書は有料となります、
これも当たり前のことです。

詳細はご相談ください

損害調査依頼詳細ページはこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!