神戸市中央区 これでいいのか?保険協定 間違いだらけの保険事故修理 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
これでいいのか?保険協定 間違いだらけの保険事故修理

title

間違いだらけの保険金請求 
これでいいのか協定行為 大阪保険修理市場 

間違いだらけの保険金請求方法
正しい自動車損害保険事故修理とは

自動車損害保険会社と自動車事故車復元修理会社は共に消費者(カーオーナー)のためにあるべきだ!何のために社会に存在しているのか!

 自動車損害保険会社と自動車事故車復元修理会社は
共に消費者(カーオーナー)のためにあるべきだ!
何のために社会に存在しているのか!

自動車保険会社と自動車事故修理会社は
お互いにお互いの存在が有り
成り立ってるというところが有ります

その存在意義においては
自動車社会が社会を形成し
そのあとで自動車修理、関連商品の販売などの
アフターマーケットが形成され
さらに、その後に社会的要望から
自動車損害保険が誕生しているということです。

この事は社会システム上
大変大きな意味が有ります。


自動車損害保険市場が存在する理由は、
車社会のなかではどうしても
一定の交通事故というものは
必然的に起こるわけでありますので

その事故車両を元通りに
復元修理するとことが
必要とされるようになり
その事故車を再び社会に還元できることが
大きな社会的意義となります

そしてその修理費用や損害を補填(補う)ためと
人身事故の高額な賠償金が発生するリスクがあるため

自動車損害保険が社会的要望のため
後から誕生したということであります

このように損害保険は
より良い自動車社会のために
あるわけであります

そして主に、
もしものときに、加害者になったとき
その修理代や損害を保障し賠償するのは
当然加害者の責任で有ります

また損害額を証明するのは
被害者の責任ということであります

そしてその損害額の評価は
その市場性に委ねるのが筋で有ります

しかしながら、世の中すべての人が
善良かつ順法者ばかりであれば
問題はございませんが

そうでも有りませんので
善良な消費者(人間)を守るためにも、
むやみに取り止めのない損害費用や賠償金を
支払うのは社会正義(公の利益)に反します

従いまして
その基準を設ける必要というものは当然あります

また、この基準を決めるにあたっては、
ステークホルダーすべてが
納得のいく基準でなくてはなりません

そして、その最大の基準は広い意味での
消費者利益で有ります。

ところが現状は、
その市場性からも全く関係のない
第三者同士(損害保険会社と修理工場側)が
消費者の利益である支払い保険金と
修理基準品質を加味しないところで
お互いの利益のみの最大化に慢心し
本来の市場競争や品質競争がなされていない

もっと言えば損保基準のみが
復元修理価格を決める基準として
一人歩きしてきております


この事は、いわゆる消費者利益を考えたときに
安物買いの銭失い的な状況に
等しい状況といわざるを得ません。

まじめに商品品質と社会的責務
(納税や雇用、労働環境等)を守り
復元修理をする事業者は
コストばかり膨れ上がり
価格に転嫁できておりません。

現状がこのような状況にあるのは、
我々個々の企業の責任(個々が一番大きい)はもとより
消費者の皆様及び元受業者様が
保険金と修理代のそもそもの違いや目的
混同し商取引の原則を遵守せずに
自己権利のみに言及しすぎているところが
招いた結果では有ります。

従いまして、
弊社はその責任の一端を担うものとして
正常な商取引に戻していく努力をいたしております。
(当然コストダウンの努力もいたしております。)
また、それはややもすると
修理代金の値上げと捉えられがちですが、
もともと長きにわたり修理代金(工賃単価)を
本来の商取引関係者でない第三者(損害保険会社)に委ね
その方法論を採用しており、
支払う側の原理のみで
長期にわたりほとんど修理代は値上がりしておりません
というより半ば強引に認めさされております
(私はそのように感じてますが、
 一部の業者はそうは捉えてないのも事実で有ります)

因みに修理部品代は此処のところ
半年から年に2~5%値上がりしております。
(この価格は売り手が決めた価格です)

上記のような事実から、
消費者の皆様にもっと真剣に自動車事故修理について
正しい認識と行動をとっていただきたいと考えております

今までの慣例を一度捨てて
本来の保険金請求権は契約者、被保険者にあるということの意味を
確りと理解し義務を果たすことをしていただきたいと思っております

そうすることが
社会全体の修理費やそれに係るコストの低減になるものと考えます

また現状の2重価格的な保険料も
そもそもの保険設立理念(消費者保護)からは
考えられないような制度だといえます
一消費者として前のような形に戻すべきと考えております。
なぜなら、
この制度になり保険を使いたくない
一部加害者が損保に修理代の協定を任せることで
本来の義務(賠償責任)を果たさないというような事例も
多く発生しております。
正しい道に戻る勇気を持たなくてはなりません。
2015.12記

参考になる他社の記事
こちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!