神戸市中央区 知らない事は罪である!保険事故修理 被害者になったとき遣ってはいけないこと1. 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
知らない事は罪である!保険事故修理 被害者になったとき遣ってはいけないこと1.

  • HOME
  • 保険・保険修理
  • 知らない事は罪である!保険事故修理 被害者になったとき遣ってはいけないこと1.

title

知らないことは罪です!
自動車事故で被害者となったとき
賠償責任の相手は保険会社では無い

 知ってましたか?
損害保険の正しいルール
みんな間違えてる交渉相手

自動車事故で100:0過失なしの
被害者となったとき

相手(加害者)が損害保険加入してるから
損害保険会社が損害を賠償してくれる
安易に考えるのは大きな間違いです

損害保険会社は基本的に保険金
(損害賠償金額の認定された額)は
出来るだけ少なく支払いたいと考えてます
当たり前ですね

保険会社の利益は
保険金支払額の多少で決まります 

この原理を良く知っておかないと
痛い目に合います

すなわち
損害額が満額支払われないということに
なりかねません



そのためには
それなりの対応の仕方が有ります

当然、それを知ってるか知らないかでは
被害者には損害賠償が適正に行われて無い
ということが起こります

また損害保険会社は
損害の証明を被害者がなさらない場合は
支払いたくても支払われません

従いまして
被害者自身が損害(被害)額を証明する
必要
が有ります

そのためには
その損害額の適正な額の証明を
誰に証明してもらうのかということに尽きます
*正しい損害額の見積もりの出来るのは?

なお
相手加害者「保険会社に任してるので」と逃げるのは
加害者=
賠償責任者としての
債務を履行して無い
ということです


また損害保険会社は
当事者(賠償責任者)ではございません
ので
被害者とは損害額の交渉などは出来ません

なお
損害保険会社が直接被害者に交渉すれば
弁護士法に違反いたします

そこであみだしたものが
*(抜け道的につくった制度)
「直接請求権」というものです
*被害者が加害者でなく
 保険会社に請求できるようにした制度

この精度により
被害者の申告により直接請求権が行使できますが

被害者が直接請求権を保険会社に行使すれば
それは保険会社の思う壺であり
当然、被害者の利益は守られません

誰が考えても分ることですね

従いまして
被害者の取るべき道は唯一つ

法に従うということになります

損害賠償は加害者と被害者が当事者であり
債権債務関係
被害者と損害保険会社とはなんら関係の無い関係です
(無関係

賢明な消費者(被害者・加害者)は
如何すれば良いかもうお分かりだと思います

民法の原則を遵守する事に尽きます





保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!