神戸市中央区 事故修理 損しない保険の使い方 自動車保険を上手に使いましょう 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
事故修理 損しない保険の使い方 自動車保険を上手に使いましょう

title

自動車事故
自動車保険を上手に使う
損しない保険の使い方

 自動車保険は何のため

自動車保険の目的はもしものときに使うためにあるわけですので
そのときは使うことが得策です。

自動車保険は長年かけてもほとんどの方は一生で使うことなど無いのですから
もしもの時には使うこれが基本です

障害保険料で考えますと使った人も使わなかった人も保険金を頂いた分を差し引けば
保険料はそんなに変わるものでもありませんし使った人の方がその差を考えれば金銭的には得をすることの方が多いです

損害保険はもしもの時には使うそれが基本です。

保険会社側としては使ってもらわない方が損得で云えば得ですので。


 損害保険会社のうそ

事故等で保険を使うかどうか考えるとき
損害保険会社で今後の保険料を問い合わせいたしますと
今後3年間の保険料を保険を使用しなかったときとの差額を教えてくれます
そのときほとんどは15万円から25ま円ぐらい保険料が上がる場合が多いです

このとき現在の修理費が損金額より低い場合保険を使用しないほうへ
保険会社は誘導いたしますが果たしてそれは正しい判断といえますか
あくまで3年間の保険料でありますので
現実保険を使用しなければ自腹で15~25万なりの費用が要ることになります

またあくまで3年間なので単純に1年に直せば3~8.3万位の損といえます
したがいましてその差額と修理費を単純に比べるのはまちがいといえます

それを保険を使わない方が得なようにいうのはうそといえます。

なお、事故車修理専門店では保険金は保険金
修理代は修理代と区別して修理依頼者と修理契約いたしますので
保険を使っても保険金が満額修理代となる事はありません


 修理代が高額の場合は今後の保険料は上がるが
今後上がる保険料の差額が高額でも使う方が得

上記記事の内容のごとくですので
保険料が少々上がっても損害保険は使う方が
現在の出費が抑えられ損得で云っても得です

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!