神戸市中央区 追突された物損事故損害で損しない為の被害者側に立った損害調査 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
追突された物損事故損害で損しない為の被害者側に立った損害調査

title

追突された被害者が損をしない為の
損害調査修理費見積
損害の証明は被害者側にある
損害保険会社に負けない適正な調査見積書

某保険会社見積書損害保険会社指定工場での修理はこの金額がほ々保険金または損害賠償金となる

 某保険会社見積書
損害保険会社指定工場での修理は
この金額がほ々保険金または損害賠償金となる

損害保険会社アジャスターが調査した損害額です
ほとんどの損害保険会社修理工場ではこの修理金額が尊重されます
この金額はあくまで予測修理費ですが修理工場が認めますとそれが保険金・賠償金となります

これが協定という業界の慣例と成ってる行為です
おかしなことですが我々業界人は立場が弱いため声を上げません
声を上げると叩かれますからある面仕方のないこととあきらめてる業界です
残念なことです
私のようにいう者は少数派ですがこれからはこの様な慣例は社会が許さなくなると思います

協定後弊社見積¥4.3万ぐらいの差がありました知らないと4万強位保険金・賠償金が減額されてるということになります

 協定後弊社見積
¥4.3万ぐらいの差がありました
知らないと4万強位保険金・賠償金が
減額されてるということになります

そしてこれがその協定後の金額です
今回の事故修理は車両保険でしたので
対物100:0の対物賠償の場合と若干意味合いが違います
法律および保険契約の約款に違いがあります


賠償の場合、特に低年式の車両が全損という扱いとなり
正当な賠償金が支払われないことが多く見受けられます
特に注意が必要です

困ったときはご相談ください正当な損害額調査査定をいたします

損害の大きい事故については三次元計測器による測定見積もりが欠かせません診断料は掛かりますが損はしません

 損害の大きい事故については
三次元計測器による測定見積もりが欠かせません
診断料は掛かりますが損はしません

追突されたした場合、思いがけない修理費がかかるものです
適正な診断が適正な修理料金すなわち賠償金を決める元となります
当BCL協会では保険修理であろうがなかろうが一物一価の原則の下
適正な修理見積もりを致します

事故損害の損害額の証明は被害者がするのが法律上の原則です
当たり前ですよね加害者側に見積もらすと安くする力が働くからです

詳しくはこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!