神戸市中央区 保険事故で保険会社に泣かされる前にやるべきこと! 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
保険事故で保険会社に泣かされる前にやるべきこと!

title

知ってください、保険会社は保険金を出来るだけ払いたくないのが本音

損害保険会社は被害者のためには働かない

 損害保険会社は被害者のためには働かない

この著者の記事の中には、
ほんの一部なのでしょうが
損害保険会社の体質が垣間見れます。
この事は絶対知っておくべきであります。

 損害保険会社は加害者のためにも働かない

被害者と加害者があり,当事者と呼ばれます
加害者には賠償責任がありますが
加害者にその責任を知らせる事は
保険会社の役目でもあるわけです

加害者が100%の過失を認める事は
契約保険会社としては損失が増えることに成ります
そこで、被害者の不当請求から守的な理由付けで
被害者との直接示談を嫌がります

そのことにより被害者が不当な賠償額しか
支払われないという状況を招いてますが、
それは加害者が被害者に正当な賠償をしてないことになり
加害者としての責任・義務を履行できてないことです
すなわちいつまでも債務が残った状態ともいえます


そのような不当なことを許さないためにも
加害者は加害者としての債務の履行を
損害保険会社に強く求める責任があります
あなたが支払った保険料はそのためのものですから

 損害保険会社は誰のために働くのか

この本中での、
元示談交渉人が話す「損保の体質」では、
本来自動車損害保険は交通事故の被害者の救済が
目的の一つのはずですが、

損害保険会社から被害者にとって厳しい査定をされ
適正な認定が受けられず苦しんでる
被害者がいかに多いかが
述べられております。

そのなかで元交渉人の話では
いかに損害保険会社の「損害」を
押さえられるかということが
仕事と成ってると語られております

すなわち、
損害保険会社は自社の儲けのために
言うなれば自分たち(損害保険会社関係者)や
株主のためだけに働いてる
といっても過言ではないと考えます。

 だから、作りました
被害者または被保険者の側に立った
損害査定を行ないます。

我々は損害保険会社を否定するものではございません
損害保険会社の設立時の崇高な精神と被害者救済が
加害者救済にも当たると考えております

そして、損害保険があるからこそ安心安全な車社会も
実現出来るものであります
またそのことにより損害修理を行なう修理工場も
修理4原則を踏襲した修理を行なうことで
修理車料の修理後の価値も毀損しないように出来ます

そしてそれは適正な利益も確保出来
それにより社会的責任も履行できます

損害保険業界と事故車修理業界は
どちらがかけても安心安全な車社会につながりませんので
お互いが真の目的のために協調協力し合う必要性があります
我々は何のために誰のためにあるのかということであります

またカーオーナーや車関係者には
それぞれの立場でのリテラシーの確立が望まれます

だから作りました
一般社団法人 事故車損害調査協会
HPはこちら
これからはこれがスタンダードに成る

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!