神戸市中央区 神戸~大阪・堺 保険事故修理で修理損しないために 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
神戸~大阪・堺 保険事故修理で修理損しないために

title

神戸~大阪 保険で修理 損か得か?
事故状況で変わる保険の損得
対物でも車両でも保険使用は損得が大事

 事故の状況で保険使用の損得は変わります

*全体注意*
『このページでの保険使用の損得勘定は
対物保険と車両保険の事故修理を念頭に置いた
保険料の3等級ダウンの保険料と修理金額を
比較検討した場合のあくまでも参考です。』

修理依頼者・被保険者にとって
総合的に損得を判断するための参考です。
自動車事故の状況は様々ですので、
自己負担額が今後三年間で上がる保険料と考えて
金額の大小差額だけでなく総合的な判断を心がけました。

 等級ダウンリスクと契約拒否リスク

保険を使用いたしますと等級ダウンする
すなわち保険料が3年間高くなるということです

それ以外にも
保険を使いすぎたり、
初めて加入した年に使用した等で
等級が下がりすぎると、
次回更新時に拒否されるというリスクもあります

 迷わず使う 保険を使うべき状況(等級に係りなく)

等級が下がるのは、仕方ございませんが
大きな事故修理になる場合は
当たり前でしょうが保険を使うべきです

また人身賠償が絡む場合は
被害者保護の観点からも使うのが良策です
そのための保険ともいえます。


ただこのような場合は、
損害保険会社を全面的に信用するのは
被害者の利益が毀損される場合がございますので
加害者になった場合は得に注意が必要となります
(この件は別途項目に記載してます)

 物損のみの事故、車両保険加入単独の場合
対物保険使用賠償の場合(過失割合・賠償額)
留意するべき点は現在の等級

人身事故の関係ない物損のみの事故で
損害額が数万円~数十万円の事故修理の場合
次回等級が3年間3等級下がりますので
損害保険会社か代理店で
保険料の差額を計算してもらいましょう

その結果を見て損得勘定を考え数十万なら
差額が少しぐらい大きくても
今後のリスクも考えると
自己負担の方が得な場合がございます

このような場合、ご相談ください
我々板金塗装専門店が一番有利になります

 保険会社に請求できる保険金が5万円ぐらいのとき
(免責を差し引いて)

保険会社を使うが保険は使わない。
対物であろうが車両であろうが
今後3年間の保険料の方が
余程等級の高い人でない限り大幅に多くなる

 保険会社に請求できる保険金が10万円ぐらいのとき
(免責を差し引いて)
条件で変わる悩ましさ、確り考えどころ

まず①自分の保険の等級が何等級か
②3年間の上がる保険料合計
以上①と②との比較

等級によりますが

1~5等級  使うと次回1~2等級と成ります
1-2等級は保険会社にとってもマイナス評価ですので
次回保険に加入できないということもありえます

6~10等級  使うと次回3~7等級

この場合は修理費の金額にもよりますが
15万ぐらい以下ですと自腹も視野に入れましょう
保険の等級を守る方が得策と考えます

11等級以上 保険会社・代理店で資産をお願いし
修理代金との比較で考えましょう
15万円以下なら絶対自腹です
17・18等級以上になったら
等級ダウンは安心かもしれません

修理依頼者は自腹か保険か迷ってるときは
その旨を確り修理業者には伝えましょう
それが無いと修理は作業にかかれません
また対物賠償で加害者自腹の場合は
修理代は前金で加害者が修理工場に払う必要があります
スムーズな支払いが被害者の心象にも影響いたします

保険を使う場合は
修理業者の修理見積もりと
修理範囲の認定力により
保険金額が変わります
(支払われる保険金)
大事なことが保険会社との協定交渉力

 損害保険会社、損害保険代理店、事故修理受付業者、事故修理専門工場それぞれの思惑

保険会社   保険金は出来るだけ支払いたくない
これが本音。現状は修理費算定額が低くされがち


保険代理店   保険代理店は契約者の事故率で
手数料が多いか少ないか決まります
出来るだけ保険は使って欲しくないスタンスになる

ディラー・整備工場 
     修理依頼者には保険を使ってもらった方が
手数料利益が大きくなる

事故車修理業者   保険であろうが自費であろうが
修理代で利益が出る。
ただ保険医なった場合は保険基準でキッチリ直すので
自費修理より高額になるので歓迎される

 保険を使うほうが得か損か
事故修理をどこに依頼するかで変わる損得基準

弊社のような自動車事故専門店は
事故修理は保険であろうが自費であろうが
その修理品質により価格が違います
当然保険修理と自費修理では
同じような事故修理でも品質の違いで
価格に差が出ます

どちらでも構成公明な利益基準です
したがいまして一番修理依頼者に近い存在といえます
そして修理依頼者利益が
一番守られるところでもあります

 だから出来ました 被害者のための
一般社団法人 事故車損害調査協会

これまでの損害保険会社と修理業者側との
協定行為は片手落ちで
被害者や・被保険者の利益が毀損されてました
その慣例を正しい方の元の取引形態に戻し
顧客の利益が毀損されないようにすることを
目的にお役に立てるよう
当協会を設立いたしました、ご利用ください。
HPはこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!