神戸市東灘区 事故修理 損保指定工場でないからこそできるお得なサービス キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像
事故修理 損保指定工場でないからこそできるお得なサービス

お得に上手に使おう対物・車両保険
損保指定工場ではないお得な当店で
損保指定工場ではないからこそできる

 当店は保険会社指定工場にはなりません
なぜならそれは植民地と同じだから
植民地経営は植民地の利益や幸せを考えません

何故なら保険会社はその性格上保険金は出来るだけ支払わない、支払ってもできるだけ少なく支払うというのがその利益につながりますのでその命題とも云えます。

修理工場は修理代金はできるだけ高い方が自社に利益に繋がりできるだけ工賃は高く売りたいのが命題です。

このような関係のなかで損保が損保指定工場というなのもとに仕事(事故車修理)を斡旋するのは利益相反の立場にあり、社会通念上もいかがなものかと考えられます。
法律上では保険会社が修理工場に仕事を斡旋する事は利益相反の立場から違法行為といえます。
何故なら保険会社といういわゆる強い立場(元受)のものがその立場を利用して支払保険金減額が目的の行為とも言える修理車両を指定工場に斡旋する事は公正取引法にも抵触するものです。
現実に保険会社との間には紹介(斡旋)する代わりに損害保険算定基準の修理費見積りの10%レス(1割の値引き)で修理代協定をさせます。
もしそれを守らない指定修理工場は仕事を斡旋してもらえません。
暗に指定工場を脅してるとも云えます、それでも仕事が欲しい為その要望を受け入れております。
でもその指定工場を責めるわけにはまいりません、弱い立場のものとして生きる為には意つぃか他のないことですが、そのような工場ばかりが増えていくのは残念なことでもあります。
そして個々の工場への修理依頼件数は指定工場が増えると共に個々の指定工場絵の入庫も減ってきます。
当たり前のことです。
損保側は指定工場が増えれば増えるほど、植民地支配が遣りやすくなります。
植民地の国民が幸せになれないのと同じように、指定修理工場は幸せに離れません、それも自然の摂理宇宙の法則から見ると当たり前のことです、顧客の利益のためにあるべき修理工場が自分の利益の追求の為にあくまに魂を売ってるのと同じですから。







 損保下請け工場は消費者を裏切る行為です
債権者の権利(もらえる保険金)が毀損されます

損保下請工場を裏切り者扱いいたしましたが、国にたとえるなら為政者が国民の為に働かずに植民地支配者のために働くのは国民を裏切る行為といえるのと同じことです。
指定工場は自分が指定工場になることで自分だけ儲かると思い込んで、せっせと経営努力してるつもりでしょうが間違った方向です。
それが保険契約者や被保険者の権利を裏切る行為と早く築くべきです。

 損保指定工場はデイラー等の下請け指定工場とは全く質の違う制度

損害保険会社とディラーや整備工場との違いで損害保険会社は修理工場を保険金支払い減額のために利用し、デーラーや整備工場等は修理工場を自社の売上向上のすなわち修理代は出来るだけ高く貰うことで利益に貢献します。
それは修理工場とベクトルが同じといえますのでこの関係は補完関係にあるといえます。
ところが保険会社とはベクトルの向きが間逆となり沿う反する関係にあるといえます、その様な関係の間柄なのに下請工場としていくという経営判断は経営者として如何なんでしょうか、社会的使命堀こうしてるといえるとは到底思えません。

 損保指定工場ではないからこそできるサービス

ということで、当社は誇りを持って指定工場ではないまた絶対その参加には加わらないと宣言いたします。
保険の仕事は当然致しますが。
したがいまして対物保険屋車両保険を使用した事故修理には多くの特典を設けております。
折角高い掛け金を払っていざという時に次回からの保険料が大幅に上がるか羅と保険使用を差し控えるのは殆んど損です。
自動車保険の性格上、そんなにたびたび使う人は数少ないです。
保険料の2階建て方式は消費者に出来るだけ保険使用を控えさす為の口実に利用してます、本当に損かとくかは確りとした損保指定工場でない板金修理工場で相談してください。
色々便宜が図れます、保険料上がってもぜんぜん問題なしです。

 対物保険・車両ほけ使用でアマゾンギフト券を貰おう

保険修理特典(保険事故修理限定)として
事故修理費25万円(税前)以上の修理案件保険故修理依頼者様には
保険事故修理費の工賃10%分+部品代5%分

アマゾンギフト券としてプレゼントさせていただきます

*アマゾンギフト券サービスをご利用の方は
専用申請用紙に記入が必要となります

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!