神戸市東灘区 損害保険会社指定工場の罠 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

損害保険会社指定工場の罠

 なぜ板金塗装業者は損保指定工場を撮りたがるのか

板金塗装業者が指定工場を取りたがる理由
板金塗装業者はその形態が伝統的に下請けという形態で、消費者から直接仕事を依頼されてない。
事故修理という特殊なサービスであるため消費者も普段から日常的に受けるサービスではない。
そのため、元受として車の販売店や、整備業者といった形態の固定顧客を持っている業者からの依頼で仕事をしているため中間マージンを支払ってるがその商売が市場価格(工賃レバーレート価格)の○○割レスという受注契約となってるため、レス率の競争がある。
そこで、損保指定工場は損害保険会社から保険を利用した事故修理を斡旋してもらえるから、
そして、損保からの斡旋はそのレス率がほゞ10%レスと云う事で、他の業者からの市場価格のレス率(20~30%)より板金塗装業者にとって有利なためその指定工場になりたがります。


 損保指定工場制度は消費者にとって利益があるのか

まず、なぜ損保は莫大な広告を使ってまでも損保指定工場制度を宣伝し、いかにも消費者のために役立ってるかを宣伝しながら指定工場に入庫誘導します。
なぜでしょうか、損保も営利企業ですので広告費を使って指定工場に入れてもらう方が損保として利益が出るからと考えられませんか、損保指定工場は一定の基準がありますのでそれなりの優良企業でないとなれませんので、修理工場としてのレベルは標準以上であるというメリットはあります。
しかしながら、営利企業である損保はその利益の根源は保険金の支払額をいかに低くするかが命題です。
そのために、指定工場に修理依頼を斡旋することで支払保険金の修理代を本来支払うべき額より低く抑えられます、しかしながらその差額は本来保険契約者・被保険者が享受する利益であります。
*(支払保険金が少ないことは消費者が支払う保険料に影響しますので経費や無駄な支払いをなくす努力は必要ですただ保険の性格から賠償問題など様々な要素が絡みますので議論の余地はあります。)
消費者が保険に入るのはもしもの時、自分が加害者になっとき被害者に迷惑をかけない適正な賠償をしたいために入ってるはずです、その賠償額を適正な価格より低く抑えることは望まないはずです。
車両保険は考え方が少し違いますが、これももしもの時には適正な損害額を支払ってほしいと思いまうよね。
指定工場製では、考えように様っては約10%の保険金が減額され修理代として事故車修理業者に支払われます。
もし、その適正支払保険金が100なら90しか修理工場には支払われてないことになり本来それを受け取る被保険者・契約者は減額されて保険金を支払われてると云う事になりますがそれはおかしくないですか。
これまでの形態の下請けとは全く質が違いますのでそこのところを事故車修理業界はわかってますか。
本当は経済の社会的循環金が低くなってるので消費者所得の減額と同じことになってると云う事が理解できるでしょうか、出来るなら損保指定工場制度そのものはよいにしろ損保がその仕事を指定工場に斡旋することは社会に役立つこととは言えません。
経済を下向きに引っ張る力に加担してるとしか言えません。
日本の消費者所得が先進国から見てひとり置いてきぼりにされてるのもうなずけます。
板金塗装業者は自身の仕事に誇りと理念を以て社会に役立つあるべき姿に変革していく必要があります。
損保指定工場になることは消費者を裏切る行為を行ってると云う事に気づいてください。


記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!