神戸市中央区 やっぱりおかしい 事故修理 保険事故修理 指数 対応単価 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
やっぱりおかしい 事故修理 保険事故修理 指数 対応単価

title

神戸~大阪 全国
やっぱりおかしい保険修理 
指数 対応単価 事故修理


大阪・堺・神戸・阪神間での
自動車事故復元修理代と保険金
一般社団法人事故車損害調査協会 こちら

 修理工場も間違えてる 保険金と修理代
保険金は保険金
修理代は修理代
大阪でもどこでも世界中前提は同じ!

消費者の皆様へ
特に自動車保険加入の消費者の皆様へ

自動車事故で保険修理ということになったとき、
この違い(保険金と修理代)を知っておくことは
重要です


現状は保険会社の主導のもと
この保険金が修理代として
直接修理工場や修理を受け付けたお店に
保険金(修理代ではない)として
直接保険会社より振り込まれております

保険契約者の同意のうえということでは有りますが
  *事後承諾の感有り*

この一連の流れが、
事故の当事者間の責務(責任と義務)を不明瞭にし
加害者が加害者責任をあたかも
保険会社が肩代わりしてくれてるよう
勘違いしておられます加害者のあなた、

保険会社に任せても最終的に賠償責任
あなたにあります。

間違えないでくださいね

そのことにより、
被害者の法律上の当然の権利が毀損されてます
またそのことで
修理工場は被害者の毀損されたものを結果的に
無償で填補さされてるのと
同じことと為っております。

(工場の利益も毀損されてることになります)

本来、工場にはその債務はありませんので、
保険契約者の皆様が社会的責任を果たす事で
このようなことはなくなります

皆様、知らないことは罪です
かしこい消費者になりましょう

『保険金は保険金』として、『修理代は修理代』として
全く質の違うものです
保険金は修理代』に、
『修理代は保険金』に変換とはなりません

文法上もおかしいです、
全く別物ですので注意が必要です

もしものときは、
大阪の弊社ではプロとして社会的責任を持って
より良いアドバイスが出来ます。

弊社では保険金は保険契約者・被保険者に保険金として
支払いしていただくことを原則と致しております。
保険金決定の基準により保険金を決める
参考基準(修理費見積)は示させていただきます

それはあくまで保険会社基準の見積もりと成ります。

各保険会社によりその基準(対応単価)が違いますので
一つの事故でも保険金には差が出来ます。
また修理代は一つの事故でも
それぞれの修理工場等により価格に差がございます
修理品質・内容が違うので
おのずと価格も違うのが当たり前ですね。
工場の単一生産物ではございません

修理依頼者はその保険金(賠償金当)が決定してから
修理工場に修理依頼するという時系列で
修理依頼をするのが正しい方法です。

弊社は保険会社基準の保険金決定後の修理は
修理依頼者様の意向をお聞きし
修理内容等を詳細にお打ち合わせをさせていただき
品質と価格適正な修理代で修理依頼者(お客様)と
修理契約をさせていただきます。


事故車修理は作業内容により
支払保険金額よりも高くも、安くも成りますが
基本弊社の場合は修理レバーレートが
全ての損害保険会社基準の対応単価と
比べ低い単価ですので
保険金額を上回る事はほとんど有りません

弊社では同一事故に関して
保険修理だからとか自費修理だからとかは
関係ございません
修理内容と品質で同じ内容
なら
当然
修理代金は同じ価格です。
2014.05.30記
2016.02追記編集
2016.06追記編集

正しい認識で儲かる板金修理工場へ!いしょに勉強しませんか、仲間募集中
By 一般社団法人 事故車損害調査協会 HPこちら

 NETの産経BIZ記事より
「自動車保険の悩ましい現状、
高齢者事故、車離れ---収益基盤安定せず。」

記事アドレス
こちら から本分が読めます


まず、この記事は理解の乏しい記者が
保険会社の一方的な自分都合の発表を

うのみにして書いた記事である、と思います。

まず、
自動車保険の収支が改善できない要因を
「コンバイン・レシオ」(損保の収益性を示す使用の一つ)だけの
観点から述べたものであり

真の要因としての収益性の悪化の要因ではない。

お客様(保険契約者)を顧みない
経営姿勢が真の原因であり

厳しい言い方ですが、
自分たちの無能ぶりを

他に転化しただけに過ぎないと言えます。

なぜなら、安定経営を目指すのであれば
記事にも書かれているように

「①収入保険料を増やす
 ②支払う保険金の額を抑える
 ③経費を減らす。」

以上の3点が
大事であるように記載されています

一般企業であれば
②は仕入れなどに当たるものと考えられる

「②支払保険金の額を抑える」
というのは
お客様に本来の保険金を
支払わず減額して払うと
言っているようなものであり
保険契約違反とも捉えられ、
そもそも
②が目的になってはいけないと考えます


しかしながら、後述の記事にあるように、
損保各社は自分たちの本来の経営努力はせずに
安きに流れております。


保険金支払額が多くなり経営を圧迫している要因を
「コンバイン・レシオ」からのみ考え
①と②だけをめざし

本来の保険の目的から外れたところで
自社のみの利益を考えた方策
に終始しております。

まず顕著なのが
支払う保険金の額を抑えるため
 
(この記述重要)
事故後の修理では、自社が指定する
優良な整備工場を契約者に紹介したり
 
(誰にとって)
中古部品を活用して
 
(このことは保険契約から逸脱している)
修理費を引き下げるといった対策を徹底。」

と以上の様に記載されています


収益性の悪さ
「コンバイン・レシオ」のみの基準で
判断した結果
保険料の値上げと保険金支払い額の高騰の原因を
高齢者の増加と事故車修理費用にのみ対策を求め、
真の要因から目をそらし自分の利益を追究するのみでは
顧客(お客様)の支持を得ることは出来ないと考えます。


まず、修理費用の高騰の原因は、
記事にも記載されておりますが

車の電子化が進んだことと
修理部品の高騰
最大の原因であると考えれます、

修理作業料は
ここ何年も値上がりしておりません

そのことは損保業界は分かっているはずです

なぜなら
ファクトブック(損害保険協会出版)により
一台当たり修理費用は横ばいか下がっています


部品代は値上がりしているのに
修理工賃が下がっているからです
というより損保会社の基準に合され
修理工賃のみ下がっているからです。

一台あたり修理費の部品比率と
修理工賃比率の割合統計は
損保にはあるはずです
しかし公表されていません。

(ファクトブックには部品代と工賃比率の記載はございません。)

また、前段でも記載のあった、
優良な整備工場を契約者に紹介するのは、

自らがゲロしているように、
(言葉は悪いですが)
契約者の為ではなく
自社の支払保険金の減額の為に
する訳でありますので
明らかに保険契約者・被保険者の利益を
棄損
していると考えられます。

なぜなら、
上記のような事が原因で修理費(保険金の基)が
値上がりしているにも拘らず
指定工場で安く修理することは
保険会社の曰く修理4原則(+経済性は除く)
担保出来ないからです。

損保基準を押し付けられることとなり
 (記事でその様に謳っています)
そのために工場や働く社員が
労働基準法やその他法令に
抵触する行為か基準を満たせないと考えられます。


この様な事を平気で、
真剣に考え実行しようとしているのなら
今後の損保業界は将来がないものと考えます、
まず消費者もバカではありません、
これが日本の代表的な企業の考える事かと思うと
情けなくなります。


我々が、もっと真剣にお客様を守ることを考え
早く損保の植民地からの
脱却をしなければならないと強く思います

一般社団法人ベストカーライフ協会大阪支部
㈱ボデイショップ栄一は
カーユーザーの皆様のお役に立つよう努めます。

2016.06編集
質問お問い合わせ
お問い合わせ




 修理代  保険金 指数 対応単価 
自動車事故修理代と
保険金の違い及び指数と対応単価。

指数は大阪でもどこでも同じ、
対応単価は大阪と全国各地域で違います
各地域ごとの対応単価は損害保険会社がほぼ押し付けてます
これって変ではないですか?

自動車損害保険会社(損害調査会社)は、
我々業界に対しまして
自分たちが作った保険金予想の基である
修理費(*1)算定基準、
指数(*2)に対応単価(*3)を乗じて修理費を求める
この方式を
修理代(*4)の算定基準として
その指数X対応単価
*(修理業者が決めたものではない)
ほゞ押し付けてるといわざるを得ない

価格統制に当たるような事を
長い間の慣習としており
それは
保険金支払いの低減の目的のためだけに
なってると云わざるをえない
その事は
消費者利益を損なっているといえる

本来支払われるであろう保険金の額
低減されてる
可能性があります。
このことは、
私見であり、
法的根拠に基づくものではありませんので

証明されているわけではございませんが、
いつも協定と云われる行為上
修理費と修理代との価格に
差がありすぎます
*(我々が考える修理に掛かる費用)
このままでは、
修理4原則を順守した事故車の復元修理に
支障を起こす恐れもあり危惧いたしております


我々、職人は仕事には責任をもって取組み、
その責務(修理品質の保証)は
我々が負わなければなりません、
損害保険会社はその責務は一切負っておりません
また負う者でもございません
保険会社は保険金を速やかに支払う
これが仕事です

我々の修理代金を低く抑えようとするのでしょうか
*(ほとんどの業界人
はそう感じて居ります)
部品代は年々改定があり
その価格については一切値切りません
我々が信念と誇りをもって修理している技術料を
値切られることに疑問と不条理を感じずに入れません

大阪の損害調査会社の一部にはその押し付けが激しく
その協定に応じなければ
保険金が支払われないことに成り
その理由を修理工場の所為(せい)にされますが
修理工場は善意で修理見積もりを
提示してるだけに過ぎません
また
損害調査会社とは修理契約を締結するものでも有りませんので
お間違いの無きようお願い致します。

*1修理費(=保険金の基と為る修理代予測)
*2指数(=作業時間として考えられるもので事実はそうではない
      作業時間なら工数と成る)
*3対応単価(指数と共に使用される指数1に対応して乗じる価格
      レバーレートではない)
*4
レバーレート(=工数と共に用いられる時間当たり工賃)
*5修理代(現実に掛かった修理費用)工数Xレバーレート



修理代は各個々のお店で
決めるレバーレートで決まります
レバーレートは地域や場所ではなく
個々のお店のコストなど
から
決まるものであります

また対応単価は損害保険会社が
支払い保険金の基として
修理費の参考価格を導き出し
各個々のお店の修理代との
適合性を計るためのものであり

その算出価格はあくまで参考であり
その価格で修理出来るものでは有りません

個々のお店により
その価格より高く掛かるところや
安いところがあって当たり前です

ただ余りにもかけ離れた価格(高かろうが安かろうが)では
保険の趣旨として公平・平等性にそぐわないと考えることもできます

当協会加盟工場では修理代を品質を落とさず、
お安く修理できるよう努力いたしております。

質問やお問い合わせはメールから質問くださればおってご連絡いたします。

お問い合わせ

一般社団法人 事故車損害調査協会 HPこちら

 自動車事故復元修理工場と損害保険会社。

大阪の消費者(カーオーナー)の皆様 
もしも不幸にして自動車事故に遭った場合、
自分の責務(事故時の義務)を果たしたあと
連絡先として次に考えるのは
自動車修理工場と損害保険会社が多いと思います

そして、事故車両の持ち主として、
保険会社や修理工場と関係が出来てきます

ここで大事な事は
事故車を修理しようとする人は

被害者の立場や
加害者の立場や
単独事故での保険契約者の立場や
ただ単に自費で修理する立場や
それぞれの異なる立場が
その状況から生じてきます

そして、とても大事なことですが、
そのそれぞれのどの立場であれ
事故車両を修理するには
自動車修理工場等と
修理契約を結ばなければならないということです

いわゆる、
①『修理契約』というもので
修理依頼者と工場が債権債務者となります。
修理依頼者が自分の車を修理する場合
修理代金は修理依頼者が
修理工場に支払うのが契約関係です。

当然、修理工場は修理依頼者に
請求するのが修理契約であります。


ここで、その修理依頼者が被害者の場合、
『被害者と加害者』という
損害賠償関係の債権債務が法律的に発生いたします

加害者は被害者に賠償責任(債務)が
課せられるということです。

被害者は加害者に損害賠償請求をする
権利(債権)があるということです。

②『損害賠償』
この賠償については
被害者と加害者の債権債務関係であります
被害者と加害者の合意の下
その損害額は決まります。

この合意に至るには
お互いが
信義則に則り行動することが
義務付けられております。(民法第一条)
 *すなわち被害者が加害者に
損害賠償を要求する権利が在り

  加害者はその被害額を金銭で支払う義務を負います。
これが被害者と加害者の債権債務関係です
 
損害保険会社は消費者(保険契約者)と
③『保険契約』と言う債権債務関係にあります
上記自動車事故の当事者
損害保険に加入(保険契約)していた場合、

その損害額を金銭で塡補するのが
保険会社の債務(義務)であります

このときの当事者は
④『損害保険会社と保険契約者』です
自動車事故当事者が保険に加入していた場合、
保険金の請求権利者(債権者)は
保険契約者であります。

以上が債権債務上の当事者間の関係です


さて、ここで問題です
修理工場と損害保険会社の間に
債権債務関係は何かありますでしょうか?

考えてくださいね

現状、修理工場保険会社
お客様(保険契約者、被保険者や修理依頼者)の
保険金(修理代ではございません)を
協定と呼ばれる行為で、

保険会社の主導の下、
お客様のものであるべき保険金が
勝手に決められてますがおかしくないでしょうか

上記のごとく、
損害保険会社と自動車事故復元修理工場の間には
何も債権債務上の関係はございません。

権利も義務もないもの同士が、
債権債務関係者の権利を
あたかも自分の権利と履き違え、
お互いがお互いの
権利の主張に明け暮れている


現状はこのようになっております、
弊害が大きすぎます

消費者利益が毀損されており
また、国益にも税の面で
入るべき税収が低くなってる
可能性があります

損害保険会社という
社会的にも認められたものが

自動車事故修理業者を巻き込み
(というより植民地化し)

自身の利益のためだけに
(保険金支払額を抑えるという目的)
協定という行為を慣例化している事は
看過できないこと思います

よりよき、自動車社会を築くためにも
慣例を重視するのではなく
法に基づいた秩序ある行動が

お互いに求められると思います


大阪の弊社では
間違った現状を
正しい法の下での
ルールに則り
プロとしてのリテラシーの基、
全てのステークホルダーの
理に適った方法でのご提案が出来ます

保険契約と修理契約は別物という認識の下
正しい債権債務の関係から
支払保険金額と修理代金を
同じ土俵で論じるのはやめましょう。

保険会社は保険契約の契約事項を尊守し
契約に基づいた支払い方法を取る

対物損害や車両損害については
修理前に保険金額(賠償額等)を決め

被保険者・保険契約者に保険金を支払う

損害修理依頼者は修理工場と
修理契約を結びそれに則った修理をする


修理工場としては
お客様は修理依頼者ですので
品質と価格で市場競争をする。
ということであります。

損保に負けない、正しい認識を身につけ共存を図る!
By 一般社団法人 事故車損害調査協会 HPこちら

 大阪でも全国どこでも
保険契約の当事者は
保険会社と契約者。
保険金の請求権利者(債権者)は
保険契約者及被保険者

大阪や全国どこでも自動車損害保険料は
保険契約内容が同一なら同じ料金です。
そして損害保険は約款に詳細に掛かれてますが
保険事故があった場合に支払われるという契約が基本です。
その支払基準は実損填補払いが基本で有ります。

その損害額の証明が出来れば
損害保険会社は支払う義務が有ります。

そしてその支払保険金の額は
保険契約により当事者同士でルールに則り
決定されるものであります。


自動車修理工場やその修理取次店は
保険金請求の当事者では有りませんので、
保険金請求権者は自動者修理工場等を
巻き込まないようにしましょう。

損害保険会社も当事者(保険金請求権者)を
差し置いて

自動車修理工場等と勝手に
支払保険金を決めないでください

というより修理契約に口を出し修理代を
値切りまくるのはやめてください。

協定においてメーカ販売の修理部品代
一切値切りません
この部品は使わなくて良いのではとは云いますが


実損払いの基となる
修理代が安ければ安いほど
支払い保険金は少なくてすみます。


修理工場は保険会社から保険金として
値切られまくった修理代を振り込まれます
(慣例でそうなってる)ので、
修理工場等は修理代が
集金できないと困りますので
値切られまくっても
従わざるを得ません、
(なぜならその値段に修理代を
合わさなければ協定できないといって
いつまでも修理代を
*(保険会社は保険金といいます)
修理工場などに振り込みません。

ということですので、この慣例とやらを破棄し、
本来の商取引に戻さなければ
心ある業者は価格を値切られても
安心安全を担保するためには質を落とせません
そしてコスト高体質となり
不当廉売低品質の工場と競争になりません、
淘汰されて商売を続ける事はできなくなります。

そうなるとこの世の中には安物
安全性に欠ける修理完了車
が蔓延し
最終的に高コストの社会となり
消費者に返ってきます


損害保険会社も
損害調査会社やその社員である調査員に

保険金の基である修理費の認定を
任せ切りにしないで
正しい方法や筋道を
消費者にもっと説明をする義務があると感じます

今の指定工場制度は
価格の不当廉売という
独占禁止法にも抵触すものと考えます


もし抵触しないまでも
商道徳や大企業(強いもの)として
零細企業や何も知らないことをいいことに
(保険を使用する契約者が数少ない)
消費者をだますような方策
はいかがなものでしょうか

また、消費者(自動車損害保険契約者)の皆様方も
契約時に
支払保険金についてもっと勉強し
支払いを正当に支払う保険会社を選ぶ
賢い選択を出来るよう
勉強する必要が有ります、


それが
互助の精神の基
被害者保護を標榜する損害保険の趣旨に合致し、
損害保険会社・修理工場などと共に、
より良き自動車社会の担い手といえるのではないでしょうか。


よりよき車社会の実現を目指す
By 一般社団法人 事故車損害調査協会 HPこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!