神戸市中央区 大阪~神戸 自動車修理依頼者と修理工場に役立つために!「共通のものさし」とは 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
大阪~神戸 自動車修理依頼者と修理工場に役立つために!「共通のものさし」とは

  • HOME
  • その他
  • 大阪~神戸 自動車修理依頼者と修理工場に役立つために!「共通のものさし」とは

title

神戸~大阪 共通のものさし 修理費と修理代
自動車事故修理の修理代を決めるのは
修理業の専権事項

 共通のものさし 基準 修理代
事故修理代金は自動車修理業者が決める
当たり前のこと

商品やサービスの価格は売り手が決める、
これが社会の当たり前です

買い手はその商品やサービスの品質と価格(売り値)を
勘案し適性と思ったら購入する
以上が市場経済の常識です

ところが、自動車事故修理に関しては
正しい商習慣(法にもと付く債権債務関係)が
なされておりません

そのことが、
安心安全を担保しまじめに取り組む善良な業者を
市場から排除する力となり
正義がなされて無いということにつながりてます。

このままでは
安心安全を担保し品質を重視した
自動車事故修理が危機的状況であると考えます、
車社会に不良整備低品質の
事故修理済み自動車が
あふれることになりかねません。


企業経営の観点から
事故車修理の社会的責任を果たし
雇用や社員の経済的地位向上
(現状は年収レベルが普通以下)は望めません


安心安全を担保する事故者復元修理には
設備など機械工具が
単純な板金塗装業(クイック板金)とは
比べ物にならないぐらいコストが掛かります

投資コストは当然価格に転嫁されます
当たり前のことです

自動車事故修理は安心安全・品質第一の
大阪の当協会大阪支部へ

 共通のものさし 基準 修理代
自動車事故における賠償金は
当事者同士が法律に基づいて決めること

自動車事故修理は修理代については
修理依頼者と協議し決めさせていただきますが、
我々業者は賠償金を決める権利など有りませんので
当事者でもない方が
当方(修理業者)と修理依頼者との間で決めた
修理代について
とやかく言うのはやめてください

あなたは債権債務関係者では有りません

賠償金は加害者が被害者に支払うもので
当事者同士で決めるのが法律上の決め事です

他人が口出しするのは禁じられております(民法)
弁護士など法律家に聞いてください

ついでに言いますと、
保険で賠償金を払うといいますが
賠償金を払うのは加害者のあなたですから

賠償額が決まったら
それを加害者に賠償金として支払うか
損害保険会社に請求して
保険金としてその賠償額を貰うのが
時系列上の正しい流れです

保険金は保険契約者(被保険者)の権利で有りますが
請求義務はあなた保険契約者に有ります

保険金は実損填補払いですので、
その額を値切るような損害保険会社は
保険契約を履行してないといえますので
そのような損害保険会社は
不良会社といっても過言ではないですね。

大阪市や堺市での交通事故修理は
大阪の当協会大阪支部加盟工場が安心です!

 自動車事故を起こした自動車保険加入者は
保険会社にお任せしないで自己の責任と権利において
保険金請求をする事が自己責任を法律を履行ということ

これからは、
正しい保険金請求を知ること

安心安全を担保しうる自動車修理工場の事故車修理代金は
全く別物ですので
当事者同士の契約関係を尊重した
社会一般的な商取引状態へ戻る必要が有ります。

カーユーザーの方々の責任は大きいです

大阪市・堺市で
もしも不幸にして自動車事故に遭われたなら、
当協会大阪支部へ

 共通のものさし 基準 修理代
『共通のものさし』という不可解な基準

『共通のものさし』
我々業界が40年ほど前にまだ業界の板金修理といっても
現在ほど自動車が複雑でなかったころ、
業界の自動車板金塗装修理は
相場料金(いわゆるどんぶり)で料金が決まっておりました

モーリゼーションの発達と共に
自動車損害保険も世間に広まり
任意保険付保率もうなぎのぼりに増えていきました
それと同時に自動車事故も増え続け
保険を使用した事故車修理市場と(いわゆる保険事故市場)が
大きな市場として発展してきました

すなわち保険金支払額もうなぎのぼりに増え続け
実損填補払いと云っても同じような事故が
修理工場の算段により大きく違い
保険金支払額も大きく変動し
保険金を払うものとして
適正な修理価格というもの決め方を
自動車修理業界に任せられないとの思いが
あったものと考えらます

そこで業界の古株といいますか古くから遣ってる
いわゆる老舗の工場(現在の車体整備組合員)を集め
話し合いが持たれ、修理代金の見えるかを
計っていったということであります

我々業界は職人と言われる人たちがほとんどで、
残念ながら料金に対する数字的統計や理念など
数字やその考え方の根拠を持っておらず

損害保険会社という社会的地の高い頭の良い人たちの
考え方としての理念を
それはその通りだと理念に大いに賛同し
損害保険会社の保険金算定基準を
我々修理代金算定基準として
『共通のものさし』ということで導入し
今日に至っております

少し物事・事訳の分る方なら
すでにお分かりと思いますが、
損害保険会社は支払い保険金は少ない方が良いと
誰でもわかりますよね

その基準を自分たちの基準とした時点で
我々の修理料金は損害保険会社の思惑で左右されるのは
眼に見えてますね。

誠に残念なことですが、
我々業界も
損害保険会社が仕事内容について
無知なところが有るのをいいことに

価格交渉を有利に出来ると勘違いし
本来の修理費と保険金との違いにも気付かず

消費者をさておき損害保険会社と交渉するという
所業を長年続け慣例としてしまいました
それはその方式を認めてしまったのと同じことであります

自業自得のところが有りますが
その修理費のいわゆる『共通のものさし』の中身は
作業工数的まがいの『指数』為るものを
作業工数』としたところが最大の間違いで有ります

そしてこの指数がそれと対で使われる、
これも損害保険会社の決めた『対応単価』を
自社のレバーレートとして
ほぼ強制的に使用させられております


そしてこの事が

社会的優良企業の市場競争力をそぎ落とし
自動車事故修理市場での
安心安全な修理を担保することに
赤信号がついてます。


カーユーザーの方々
いわゆる良識ある行動
法律に基づいた行動を取ることが

自身がカーライフ社会での利益を
享受できる基となりますので
賢いカーユーザーに為らなければなりません。

また、もちろん我々業界も然りです。

大阪の当協会大阪支部では
社会的責任の履行を行動規範の一つとしております、
もしも自動車事故修理のご用命があれば当協会加盟店へ!

見積依頼などご相談は
こちら

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!