神戸市中央区 大阪お役立ち情報 自動車事故修理後の不満足度どこが高いかご存知ですか? 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
大阪お役立ち情報 自動車事故修理後の不満足度どこが高いかご存知ですか?

  • HOME
  • その他
  • 大阪お役立ち情報 自動車事故修理後の不満足度どこが高いかご存知ですか?

title

損害保険会社 入庫誘導 不満 メリット デメリット
事故車修理後のネガティブ意見が
多いのは、
損害保険会社が入庫誘導した
損保指定工場

 入庫誘導 デメリット 新たな方法
損害保険会社の入庫誘導による指定工場は
カーユーザーにとってメリットより
デメリットが大きいとご存知ですか

大阪でも全国どこでも
自動車自事故に遭われますと物損事故はつきものとなりますね、
そして事故を連絡すると保険会社は
修理をどこに出すか聞いてきます、
そして決まってないとか知らないとか応えますと
損害保険会社指定修理工場を紹介されます、

また決まったところがあるといっても
指定工場では無料で代車が出せますやら
様々なメリットを並べて指定工場に出させ様と致しますが、
よ~く考えて得てくださいね
ただより高いものはないと申しますように、
代車をただで出すのは損害保険会社では有りません、
指定工場が保険会社から事故修理車両を
入庫誘導してもらうために
代車を無料で貸すのが条件となってます。

この事は、指定工場側にも代車費用が経費として掛かるという
大きなデメリットが有り
その補填のためには修理価格を高くしなければ合いませんが、
損害保険会社から仕事を紹介されてるため
適正価格では修理できにくい環境に有ります、
といいますのも、
その修理代が高いと保険会社は保険金支払額が高くなり
保険会社の利益が少なくなります

このような状況下では
カーユーザー(修理依頼者)のにメリットがあるとはいえませんね
それどころか修理工場は利益確保のため
適正価格より安く
仕上げ(原価を下げる)なくては
利益は望めません。

そして、知らずに修理依頼されたカーユーザー様からの
ネガティブな意見が多いのもうなずけます。
ということであまりお勧めできる選択とは言えません。

なお、このような関係(損保が修理工場に仕事を紹介する)が許されてるのは、
これまでの慣例で損害保険会社と修理工場と
の間で
本来別物である『支払い保険金』と『事故車修理代金』という
当事者が別々の契約での債権債務関係を無視した
このような慣例が消費者利益を毀損しているといえる
両業界(損保と修理会社)が個々の利益の為だけに邁進した結果といえます。

その悪癖を打破し
正常な商取引と
市場経済の中での
平等な競争に戻し
消費者利益の為と
より良きカーライフの為に
安心安全を担保出来うる
適正な修理価格追及し
保険金支払いの基と成る
修理費算定基準を構築し
すべてを見直す時期に来ていると考えてます。
そのためにも
損害保険料料率などを見直すべきと考えます


なお、当協会加盟工場は、現状は現状とし
慣例がある面社会の秩序と成ってるのは否めませんので、
コストダウンと受注形態の簡素化
現状を受け入れながら公の精神でもって
ステークホルダーと共に消費者利益の為に努力してまいります。

その一つの答えがここに有ります、
それが保険金と修理代の分離
損害会社保険金算定基準による修理費算定。
修理代は
保険金支払決定額を上限予算とした別途修理契約をする

修理依頼者様と修理工場様に
当協会では消費者・ステークホルダー・修理工場にとって
公正公明な
最善最良のシステムとして完成した方法論が有ります。
ぜひご利用ください。


ご利用には条件がございます
相談は無料です
お問い合わせください
こちら

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!