神戸市東灘区 正しく知ろう指数・工数・対応単価・レバーレート 自動車アジャスターマニュアルより キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像
正しく知ろう指数・工数・対応単価・レバーレート 自動車アジャスターマニュアルより

  • HOME
  • その他
  • 正しく知ろう指数・工数・対応単価・レバーレート 自動車アジャスターマニュアルより

アジャスターマニュアル 乗用車編 解説
監修 社団法人日本損害保険協会 編集・発行 ㈱自研センター
とは 如何なる物か 読み解きながら考える
解説 アジャスターマニュアルとは
アジャスターがアジャスターたるべき仕事ができるための保険金算定基準の考え方を示し、公正公明な保険金支払い額を導くための技術書である
このようにアナウンスされてます

 アジャスターマニュアルの構成

アジャスターマニュアルは基礎編と乗用車編がある。
基礎編は物理工学的要素の基本で板金技能者ならすでに勉強して知ってることである
一般的構造やその性質など社会一般的な知識が編纂されている。

乗用車編は損害保険会社が社員であるアジャスターに事故車修理費の見積りをするための要素を学ぶものとして構成されている。


ここで我々業界(事故車修理業)として問題となるのがこのマニュアルであります。
何故なら、事故車修理の料金お算定基準として損保が自分都合のために作られてるという基本理念が見え隠れしますので、公正公明な修理見積りマニュアルとはいえないと考えられる(あえてこの言葉を使用)からです。
修理代算定マニュアルは公正公明でありかつ公平な修理代金が導き出されるものでなければならない。
それはなぜだかこの後理解できると思います。

 アジャスターマニュアルは概念の教科書か?

アジャスターマニュアルは修理費算定の概念として基礎編は問題ないといえます、何故なら誰かの利益の為に書いてないからです、当時のレベルで一般概念として正しく表記されてます。
ところが乗用車編はそれが教科書として正しいのかといいますと正しいように感じるような表記方法(勘違いするような)が数多く使用され明らかに読むものの洗脳の為と考えられます

私はそれは板金塗装業界の修理費算定教科書としては不適格と断言いたします。
何故なら一般的概念から逸脱している表記が多すぎるからです。





 アジャスターマニュアルのいわゆる保険金算定の基としての自動車事故修理費算定方法を自動車復元修理業界と共用し共に使用することで「共通のものさし」として両業界が合意して今日まで慣例として使用
一般的(世界の共通認識)でないものが損保都合で消費者や修理工場に慣例として認め指されていること事態おかしい

これまでにも、再三にわたって業界内や消費者に警鐘を鳴らしてきましたが、損害保険会社業界の大きな力にはなかなか及びません、しかしながら普通の消費者は少しの説明でその矛盾点や自分都合をすぐに理解できますが、肝心の業界人は自分利益さえ確保できてれば社会正義や一般良識を曲げてまで損保に融合いたします。

損保と修理業界関係者の『協定』行為が消費者を裏切る行為でありそれが法に触れるか触れないかのグレーな行為であるということ事態業界人の認識にはあまりありません。
非常に残念なことですが、長年にわたる損保の戦略により業界は植民地状態であるといわざるを得ません。

カーライフアフターサービス業界社会の健全な発展が阻害されるばかりか不良業者が不当利益のために利用するという悪循環が蔓延しており業界秩序も段々地に落ちていきます。

今、良識あるものが力を合わせて立ち上がるべきときです
国家も植民地のままでは健全な国の発展は望めません
板金塗装業会はそれと同じ状態です

 「共通のものさし」部分
第4章~第九章(最終章)まででルールーを解説している

アジャスターマニュアルの
第4章損傷診断 
第5章修理技法 
第6章補修塗装
第7章整合性 
第8章見積書作成 
第9章作業時間 レバーレート 指数 自動車整備工場
以上は実務の解説書(指導書)となってます

 アジャスターマニュアル 第4章損傷診断

作業方法を具体的に説明している項目であり業界人にはさほど重要ではない、が共通認識のまとめとしては参考になる程度のこと。

 アジャスターマニュアル 第5章修理技法

作業方法を具体的に説明している項目であり業界人にはさほど重要ではない、が共通認識のまとめとしては参考になる程度のこと。

 アジャスターマニュアル 第6章補修塗装

作業方法を具体的に説明している項目であり業界人にはさほど重要ではない、が共通認識のまとめとしては参考になる程度のこと。

 アジャスターマニュアル 第7章整合性

作業方法を具体的に説明している項目であり業界人にはさほど重要ではない、が共通認識のまとめとしては参考になる程度のこと。

 アジャスターマニュアル 第8章見積書作成

作業方法を具体的に説明している項目であり業界人にはさほど重要ではない、が共通認識のまとめとしては参考になる程度のこと。

 アジャスターマニュアル 第9章作業時間 レバーレート 指数 自動車整備工場

特に重要なので先に投稿します。
一部をダイジェストで表記
この9章の表題の付け方は心理学を研究しつくした結果と思われます。
表題にそって副題をつけ枝分かれして解説してます。
表題にそって1.作業時間 2.レバーレート 3.指数対応単価 4自動車整備工場の分類
と小見出しを付けてます。
この対応単価という特別な言葉と指数という不可解な数値が業界と損害保険会社そして消費者に多大な影響を与えることになります。
詳細は他のページ参照

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!