神戸市中央区 損保から全損といわれおこまりの方へ事故車格安修理  一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
損保から全損といわれおこまりの方へ事故車格安修理 

  • HOME
  • その他
  • 損保から全損といわれおこまりの方へ事故車格安修理 

title

これでは修理できない
損保から全損査定で
お困りの方限定 
全損額内で事故修理出来るかも
ご相談ください

 損害保険会社が勝手に決める全損額
それを慣例として社会に定着させた原因は
保険契約者(被保険者)・被害者と修理業界にあり

残念なことですが、損害保険会社は保険金を払いたがりません
保険会社の常道は適正価格という名の下の不払い体質から抜けてません

保険金支払額を低く抑えた人が会社では出世たします。

被害者や修理工場に理解を示す社員は出世できませんので
自ずと正義・道理は隅へ追いやられます

そしてその横暴に待ったを懸ける正当な遵法精神の修理業者や加害者・被害者は
損害保険会社から
高額請求工場や被害者なら不当要求被害者・不当要求被保険者といわれます。

現状の慣例を破棄し新たな秩序を構築しなければ
今後も損害保険会社に不当な扱いを受ける二次被害者・二重被害者が増えます。

そのためにも我々業界人は襟をただし不当要求被害者や不当要求保険契約者を排除しなければなりません



 それでも一番の要因は損保の体質にあり

損害保険会社は設立時の精神に戻り
性善説を基本概念として持ちながらも
悪をはびこらせないためにも修理業界と
健全な関係を構築しなければなりません


その義務は社会的地位の高い損害保険会社側にあると
この事は良識のある方ならそう考えるはずです。

 そういっても修理工場側も
大いに反省しなければならない

少し前までは、修理工場側もリテラシィが確立しておらず
一つの事故(質や内容の全く同じ商品)を保険修理だからといって
修理代金が2重価格が当たり前という観念で仕事をしていたのは否めません。

見積講習会といって、修理代金にばかり言及した効すれば高く取れます的な講習会が多数ありました

そしてそのことが、信義側の大前提を崩し消費者に当たり前のように吹聴していたことが
大いなる誤解を消費者に与えてしまった事は事は否めません。

事故車修理業界にも個々として業界としての猛省を求めます。




 ただそうなったのは、損保保険金算定基準のための
修理費見積制度が不備だらけ、自分都合だらけが要因

私は業界側の人間ですので、よけいそう思うのかもしれませんが
現在の

『指数X対応単価=修理費見積基準』

保険金算定のための基準であり
純粋な修理代のための
正確な正当性のある基準値としては不備だらけであります


現に指数を工数というありさまであり
少し横暴なところもございます。

事故車修理業界内の現状が過当競争の中にあり
損害保険会社の政策として
消費者とって信頼できる修理工場を紹介するという
大義名分の下に保険会社指定工場制なる制度を進めており
それを
保険契約者や被保険者または被害者からの要望ということで
指定工場に仕事を斡旋いたしております

それはそれだ一理あるのですが

よくよく考えて見ますと果たしてそうなのかと考えざるを得ません

これまでも下請け体質で元受から事故修理車を紹介してもらい
マージンを払ってるので損保から紹介は
いわゆる対応単価(工賃みたいなもの)を値引きして修理しております

これは、本来契約者・被保険者または被害者への賠償金として支払われる
保険金や賠償金が減額されて支払われたこととなりませんでしょうか。

はなはだグレーのところではあります。

それを受ける、こぞって指定工場になりたがる(一定に条件がありどこでも入れないが)
業界個々の企業のリテラシーを問いただしたいと思います。

弊社は死んでもなりませんが。

そんなことだから、消費者の信頼はいただけないのでしょうね
いつまでたっても植民地です。
それを良しとするならいつまでたっても社会的地位向上は望めませんね。

残念なことです。!

すばらしいカーライフのためにならないといいたい。(へこみます)








その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!