神戸市中央区 保険修理 それでいいの? 修理工場選び 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
保険修理 それでいいの? 修理工場選び

  • HOME
  • その他
  • 保険修理 それでいいの? 修理工場選び

title

神戸~大阪
本当にそれでいいの?
事故車修理工場選び
保険事故修理で損しない為に

 本当にそれでいいですか
自動車事故修理で
損害保険会社指定工場
という選択の是非
(大阪地区での板金塗装修理工場選び方)

最近、テレビ等でコマーシャルされている
損害会社指定工場に、
修理依頼を成される
カーオーナー様もおられると思います。
これらの工場は
今までディーラーや自動車整備工場の
下請けをしていた工場が多いので
一応の基準とレベルはあると思われます

しかしながら、本来相反する関係
(修理費を高く売りたい側と安く買いたい側)にある中で、
保険会社の下請けとして作業をする訳ですので
おのずとそれなりの制約が出てきます
(力の強い方に従わねばなりません
 対等の立場ではなくなります)

我々本来の姿
お客様の損害を棄損なく
正当な保険金を受け取る事を守り
真にお客様の為の仕事が
出来るとは考えにくいです。

[
この事は損害保険会社指定工場を
 されておられる工場様の立場を
 誹謗中傷するものではありません]

不徳のところはお許しください

時代の流れからそのような方向性
(損保と協調しながら
支払い保険金額額を低く抑える努力をする)
事に協力するのは必ずしも悪では有りません

しかしながら、
顧客の利益と工場の利益と損保の利益は
それぞれの立場でそもそも相反するものなのです

行き過ぎた、力の強い者の一方的利益のためだけの
商品価格やサービス価格は是正されなければなりません

その商品やサービス提供者に
社会的責任が履行できる
必要不可欠な適正な価格は
品質と連動し決められるべきものです

現状は一方的慣例(損保の決めた保険金支払い基準)に
我々板金塗装業界があわさされております
板金塗装修理業界の一員として
このような状況から抜け出し
社会に有益な企業を目指すべく
物申すしだいでございます。

この様な事を申し上げますと、
どうしても損害保険会社と対峙している
ように捉えられますが
決してそうではございません
業界の責務とお客様の責務そして保険会社の責務を
それぞれが果たすことで
始めて社会の役に立て正常に事が運ぶという事です


弊社では自動車保険事故修理に関しまして、
お客様に毀損がないように損害額(修理費)について
直前復帰費診断書を
お客様からのご要望があれば提供いたします

そしてそれを保険会社に提出し
お客様が自分のお車の損害額を
損害保険会社に認めてもらうのは、
契約関係の当事者であるお客様の責務です

従いまして弊社といたしましては
損害保険会社(損害調査会社)との
協定はいたしかねます
その権利(債権)は弊社にはございません

しかしながら、
保険会社のお願い(お願いという名目)の基
30余年あまり慣例として、
指数X対応単価方式の修理費(修理代ではない)
算定基準が、方法論として
我々業界の修理代(修理費ではない)
見積り基準と成り、
悪しき慣例として定着しており、
好まざるとも言えども使用せざるをえません。

なお、お客様も損害保険会社と
事を構えたくは有りませんので、
我々も、『仕方がないので』(メチャ不本意ですが)、
損害保険会社の社員(またはそれに順ずる立場)の
アジャスターと呼ばれる人とはつつがなく協定しております

そもそも、アジャスターは
中立公平な第三者という立場であったはずですが

保険会社から給与を貰って仕事をしている
(また下請けとして見積算定費用を
保険金の一部から貰ってる)訳でありますので

中立公平公正な立場で望めるわけが有りません
損害保険会社の利益のために働く
当たり前ですね


今の状況のままでは、
お客様の安心安全、
そして社会への責務が果たせなくなります、

でも力の限り頑張っております。
どうぞ応援よろしくお願い致します。

大阪市の弊社は、
当然ですが損保各社の指定工場にはなっておりません。

またなりません
なぜなら消費者の立場に立ち、
修理代でなく
正当な保険金額や、
正当なな賠償金を、
復元修理業者の責務において
復元修理費(修理代ではない)を、
損害保険保険会社アジャスターマニュアルの
ルールに則り

誠心誠意純粋に適正な運用で予測算定しておりますので、
損害保険会社にとって
都合のよくない存在と映る
からです。

2014.07.20記2015-05-015改稿。

 事故車修理まだこれまでの
板金塗装工場でいいですか

自動車事故修理のこれからは
3次元計測器のある工場へ

最新の自動車事故車復元修理において
修理前及び修理後の検査は必須です
 (ボディアライメント計測)

自動車修理技術先進国のヨーロッパでは
当たり前の考え方です

今後、計測診断という方向性が
わが国でも当たり前
になる
と考えてます
特に消費者にとっての安全安心を担保するためにも
また総修理費の低減にも役立ち
社会の貢献できるためには
必要不可欠となると考えてます。

消費者利益を追求すると、
現状とは違う復元修理の考え方ですが
こうなります

先進設備がある、このことも大事です
そしてそれを消費者に役立つように
使える技術者が居ることも大切です

大阪の弊社では、
ボデイアライメント3次元計測器タッチ
導入いたしました

計測検査だけも、お引き受けできます
弊社では、ボディアライメントを
3次元測定器(タッチ)とフレーム修正機を
セットで計測&修正いたします
この事は安心安全はもとより
修理代の総トータルコストが
軽減されることにつながります
なぜなら、今まで安全のため
不明な箇所はやらざるを得なかったのですが
計測することで良し悪しがはっきりいたしますので
無駄な作業や不必要な作業
使用部品等が軽減されます

この装置はそれなりに高額なため、
大阪府内・大阪市でもまだそんなに普及しておりません。


メールでの無料お見積りは
24時間受付中


お見積りフォームはこちら

TEL:090-9629-8361

 自動車車体整備協同組合加盟工場と
その他未加入工場

大阪地区での板金塗装修理工場選び方)

自動車事故復元修理に関しましては、
修理4原則+1原則(修理5原則)を
遵守する必要があります

そのためには常に自動車車体の構造変化や
修理技術の進歩に
対応できなければなりません、
自動車車体整備協同組合加盟工場は
常に勉強会や講習会その他法令などを
常に勉強しておりますが
非加盟工場ではそのような情報も少なく
時代のニューズに対応できない所もすくなくありません。

従いまして、
事故等による復元修理には
自動車車体整備協同組合加盟工場がお勧めです。
大阪では大阪府自動車車体整備協同組合員がおすすめです
大阪市の弊社はもちろん組合加盟店です。

 板金塗装専門工場のなかで
大規模工場と小規模工場の違い

大阪地区での板金塗装修理工場選び方)

板金塗装専門工場には
大規模工場と
小規模工場(ほとんどはこちら)があります
事故程度や修理日数の違いを把握し
修理依頼いたしましょう。

大規模工場は、
仕事(技実術)レベルが一定ではなく、
ばらつきがあるのが欠点です。
が大事故やフレーム修正を伴った修理には
修理期間の点でメリットがあります。

小規模の工場は担当者が
一定のレベルにありますので
仕事の仕上がりにばらつきがすくなく
その点では安心できます

ただし小規模工場の中には
設備が一定の基準を満たせてない
ところがあり注意が必要です
{特に大阪では小規模(1~2名)で
 営業している工場も多くあり
 自動車事故の復元修理に関しましては
 対応できないところも多く見受けられます}

大阪の弊社は、板金塗装(復元修理含む)専門工場です

 板金塗装専門工場と受付のみの兼業工場
大阪地区での板金塗装修理工場選び方

板金塗装修理の看板を出されている、
大部分の工場では、
自社で作業せずに、
下請けとして板金塗装工場を使っております。
お客様の考え方や業者社会的地位の観点で
信頼性が高いのは
ディラーや整備工場で
選ばれがちですが

自分の希望や価格の相談を
反映させたいなら
断然板金塗装専門業者
一番役に立つと思われます

ただし、当たり外れが多いので
慎重に選ばねばなりません
(大阪府自動車車体整備協同組合加盟工場なら安心できます)
大阪、大阪府堺市、西宮、尼崎、伊丹、神戸で
お探しなら大阪の弊社に一度ご相談ください。

 知らないと損します事故車修理は
出来る工場と出来ない工場がある

(修理工場選び方)
(大阪地区での板金塗装修理工場選び方)

皆様は、自動車事故修理の際
どこへ修理依頼されますか。
板金塗装業者も色々あります、
まず自動車の事故板金塗装修理は、
外科医、歯科医のように技術職です。
腕が第一です、
次に設備です、
この2つの条件が必要条件です
どちらが欠けても
修理4原則を遵守した仕事はできません
ではどのように見つけたらよいのでしょうか
まずは
①デイラーの下請けをしているか否かです
この様な工場はそれなりの技術と設備はあります
②実際に修理をした事のある人の評判を聞く
③電話などで問い合わせをして
 実際にその工場を訪ねてみる
何事もそうですが、自分で確める事が大切です

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!