神戸市中央区 ニッサンノート 3次元計測 保険適用修理事例 大阪市住吉区から 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
ニッサンノート 3次元計測 保険適用修理事例 大阪市住吉区から

title

足回り損傷 保険修理 三次元計測
阪市住吉区から
ニッサンノート 
左前事故修理 

対物保険事故修理 三次元計測器ニッサンノート 左前自損事故 保険修理 3次元計測修理

 対物保険事故修理 三次元計測器
ニッサンノート 左前自損事故 
保険修理 3次元計測修理

ニッサンノート修理事例
左前 ぶつけた事故修理

3次元計測事例 保険使用

ニッサンノート 修正機リフトに
セットしタイヤを外したところです。
タイヤはサイド部がきれ
ホイルもゆがんでいました

ホイルの歪みも、
3次元計測器タッチにより発見されました
3次元計測器優れものです

大阪の弊社導入のタッチ(3次元計測器)は
大阪のディラー等でも導入されてるところは少ないです
全国でもほとんど導入されておりません

大阪の弊社は、カーユーザーの皆様の
安全安心を担保するため、導入いたしました。

対物保険事故修理ドライブシャフトにも損傷が有ります

 対物保険事故修理
ドライブシャフトにも損傷が有ります

ニッサンノート修理事例
左前 ぶつけた事故修理

3次元計測事例 保険使用
このように目視で見れば分る尊称はいいのですが
ロアアーム(擦り傷有り)ナックルハブ
ストラットの損傷は目視では判別できません

このような場合
我々修理業者は
安全安心を担保するため
ストラット、ナックル、ロアアーム
タイロッド&エンド等を
全て交換とします

なぜなら損傷が有るか無いかが
目視のみではっきり確認できないため
経験上損傷している可能性が
大きいためとの理由で交換します

従いまして、損傷してなくても
安全性を担保するためには
交換することとなり修理代が高額になります

対物保険事故修理ロアアームのみ取り外したところ

 対物保険事故修理
ロアアームのみ取り外したところ

ニッサンノート修理事例
左前 ぶつけた事故修理

3次元計測事例 保険使用
ロアアームはきずも有り目視でも損傷が分ってるため
大阪の弊社では、まずロアアームを交換します
これだけだと修理費も安くつきます

そしてその後、3次元測定器により
再度計測いたします
トー、キャンバー、キャスターの数値を計測致します
それにより安全性が確保されてなければ再度
確認後別の部分を交換いたします

対物保険事故修理フロントアクスルの3次元計測

 対物保険事故修理
フロントアクスルの3次元計測

ニッサンノート修理事例
左前 ぶつけた事故修理

3次元計測事例 保険使用
3次元計測器により
フロントアクスルを計測しています。
この計測により目視では分らない
足回りの損傷箇所がデーターとして
表示されますので
どこの部品を交換すればよいかが分ります

もし3次元計測器が無ければ
走行テストでおかしいので
安心安全の保障をしようと思えば
(分らないので)
足回りの部品を全部交換しないと
ダメだということに成ります

そしてその結果、修理価格に反映してきます
それは業者都合だけであり
真に顧客様志向とはいえないと考えます

だからこそ小額の計測料は
お客様のご負担
となりますが
結果、安心安全を担保し
修理価格総額ではお安く
仕上がるということにつながります

対物保険事故修理ニッサンノート ロアアーム交換後のトー、キャンバーの3次元測定結果

 対物保険事故修理
ニッサンノート ロアアーム交換後の
トー、キャンバーの3次元測定結果

ニッサンノート修理事例
左前 ぶつけた事故修理

3次元計測事例 保険使用
ロアアーム交換後の結果から
トーのみ不良であり
キャスターは作業前の計測から許容範囲であり
キャンバーも許容範囲であるため
ナックル、ストラットは交換の必要なしとの結果になりました

赤字(トー)のところが規定値外です

この様に、
大阪の弊社では3次元計測器
有効に使用し
トータルでの修理代の低減修理
お安くできるという命題)にも
貢献いたしたおります

対物保険事故修理ニッサンノート ボデー・フレーム廻り3次元計測風景

 対物保険事故修理
ニッサンノート 
ボデー・フレーム廻り
3次元計測風景

ニッサンノート修理事例
左前 ぶつけた事故修理

3次元計測事例 保険使用
こちらはニッサンノートの3次元計測風景です
 
フロントフエンダーは交換のため
取り外しております

フロント骨格部位の変形は
足回りが正しく正規の位置に
取り付いてないということにつながり
安心安全な修理につながりませんので
この様に計測させていただいてます

事故車の修理には安心安全を担保出来る修理
このことが最優先課題で有ります

そのためのコストは受益者負担が原則です
一部の損害保険会社のアジャスターには
そのことを理解してるのかどうか分りませんが
計測費用を認めようとしない方が居ます
(それは指数に含むという論理)が
アジャスターマニュアルには
一切そのような事は記載されてませんので!

対物保険事故修理ニッサンノート 最終3次元計測、アライメント測定と調整

 対物保険事故修理
ニッサンノート 最終3次元計測、アライメント測定と調整

ニッサンノート修理事例
左前 ぶつけた事故修理

3次元計測事例 保険使用
ニッサンノート三次元調整修理後調整
ロアアーム交換後
ドライブシャフト、トランスバーリンク、
タイヤホイル等
交換後最終測定と調整を行います
これで、完成です

大阪の弊社はこの様に
安心安全見える化
お客様の信託に応えております

今後とも、自動車事故修理は
大阪の弊社へご用命ください

最高の品質可能な限り低価格
顧客の皆様にご提供いたします。

保険協定決定後
支払保険金額
板金技術料56,360
交換部品代¥222,790
塗装技術料¥58,580
塗装材料費¥9,989
3次元計測技術料(調整込み)¥18,000
サスペンション&ホイル交換¥27,800
合計¥393,519(税前)

以上が保険会社からお客様(保険契約者)に
支払われる保険金です

弊社では保険金と修理代は
別物と考えてますので
保険金決定後
お客様(修理依頼者)とは
別途修理契約を致しますので
場合によっては
保険金額と差額が出る場合がございます


お問い合わせ
こちら

自動車事故修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!