神戸市中央区 大阪・神戸 保険事故修理事例 保険契約別 事故修理事例集8.  一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
大阪・神戸 保険事故修理事例 保険契約別 事故修理事例集8. 

title

自動車保険会社 認定修理費 協定額
支払決定保険金額 保険金が予算
大阪・堺・阪神間・神戸
自動車保険使用 認定修理費
支払保険金額が予算の修理事例
シエンタ・ノア・セレナ

トヨタシエンタ対物100:0案件加害者賠償責任 賠償額認定保険協定済み価格

 トヨタシエンタ
対物100:0案件
加害者賠償責任 賠償額認定
保険協定済み価格

損害保険会社と合意
修理費協定(支払い保険金額)

損傷範囲
リヤバンパー・
リヤゲート・
右テールランプ・
右クォーターパネル・
リヤエンドパネルアウター&インナー右側
フロアパネル及び右サイドメンバー
以上が交換及び修理範囲です

保険会社支払決定保険金額
¥467,640(税込み)

保険契約者(被保険者)に支払われる額です

ちなみに
被害者は加害者から同額の賠償金が
慣例として被害者の同意の下
修理工場に保険会社から振り込まれます

今回こられた損害保険会社のアジャスターは
自分がどの立ち位置で
修理の修理範囲と修理方法を見るのかを
よく理解し公の精神の持ち主で有りました

被害事故の被害者の立場をよく理解し
保険会社の支払保険金を低く抑える
という会社論理を優先すべく出なく
対応いただきました

弊社と致しましても、被害車両の
安心安全を担保しながら修理4原則と
経済性も加味させていただき
公の精神での修理代見積もりを
させていただきました



トヨタ ノア車両保険適用 案件長年無事故のため等級変更保険料アップ分より差額が損失が無いため使用保険協定済み価格

 トヨタ ノア
車両保険適用 案件
長年無事故のため
等級変更保険料アップ分より
差額が損失が無いため使用
保険協定済み価格

損害額も小額のため
写真見積りとなりました

写真により損害保険会社と
作業範囲と内容方法の合意が得られました

スライドドア板金塗装

保険会社と修理前協定ということで
損害額の認定協定が終わりました

保険金支払額
¥147,000税込み

なお、決定保険金
本来は保険契約者が受け取る者ですが
保険契約者(被保険者)の承諾の下
弊社にお振込みいただきました

保険金が決まり
修理契約を修理依頼者と
新に修理契約をさせていただき
スライドドアの修理はそそそこで
品質を落として修理し
保険金の予算内で
リヤバンパーを新品に
お取替えさせていただく
事となりました

少しの追い金差額が出ましたが
弊社のサービスで追い金なし
させていただきました

ニッサンセレナ対物賠償100:0対物保険適用案件駐車場でバックしてきたトラックで当てられた保険協定済み価格

 ニッサンセレナ
対物賠償100:0
対物保険適用案件
駐車場でバックしてきた
トラックで当てられた
保険協定済み価格

損害保険会社と合意
修理費協定(支払い保険金額)

修理範囲と作業内容
リヤバンパー交換
左クォータ交換
バックドアキズ修理
スライドドア及び付属品
脱着
クォーターガラス脱着再使用
リヤエアコンユニット脱着
塗装範囲
クォータパネル
バックドア一部裏側
スライドドアぼかし塗装
以上の内容

修理費協定額(決定支払保険金額)
¥378,000

ここで、損害保険会社(アジャスター)と
弊社(修理工場)が「協定」という行為で
支払保険金と修理代を
同じ土俵でそれぞれの都合の金額を
協議し合意してますが
それは、そもそも、質の違う物の価格です

片や支払保険金、片や修理代
それぞれ当事者で無い者同士
顧客の承諾を得てるという前提の下で
協定(談合)して決めてます
このこと事態が不誠実な行為と思われますが
長年にわたり両業界で慣例化しており
不正義だとも決め付けにくい状況で有ります

そのような現状を踏まえ
出来る限り被害者また加害者・損害保険会社
及び全てのステークホルダーに

公正公明な公の精神で
「信頼性と品質」が企業価値であり
継続性の証となるために行動してまいります

今回の協定も、相手加害者側の
損害保険会社(アジャスター)が
立ち会いましたが
保険会社のリテラシーをもって
被害者利益の毀損が無いよう
お互い公の精神で正しく合意が出来ました

すばらしいアジャスターでした
金額は問題外で被害者に如何に寄り添った
損害賠償金としての支払保険金という
原点の認識が確りと有りました

当然弊社と修理依頼者は
別途修理契約に基づき
修理させていただきました
当然、修理契約金額は品質を
我慢していただきましたので
少しの差額は有りました

詳しい修理内容・事例は
こちら








スズキスペーシア加害者の100%賠償案件被害者修理費証明額修理代対物保険で加害者支払(保険会社との協定額)

 スズキスペーシア
加害者の100%賠償案件
被害者修理費証明額
修理代
対物保険で加害者支払
(保険会社との協定額)

後廻り
追突されてサンドイッチになった被害事故
リヤバンパー・リヤゲート交換・ ガラス交換

リヤスカートパネル交換・テールランプ左右交換
リヤフロアサイドメンバー左右修正板金
左右クォーターパネル交換

前廻り
フロントバンパー・グリル交換
ヘッドライト左右交換
右フロントフエンダ交換
クラーコンデンサー交換
ラジエータコアサポート交換および修正

塗装作業は
リヤゲート・リヤスカートパネル
左右クォーターパネル
リヤフロア
フロントフエンダ
コアサポート
ほか
上記の様な作業範囲です修理費協定済み

損害賠償額が決定
賠償金¥680,400(税込み)

この案件は損害賠償額として
被害者が加害者に対し人身事故扱いを
しておりません

被害者と加害者の合意の下
加害者が保険会社に保険金請求

加害者が契約者として保険会社に
加害者責任を履行できるよう要望する
そのことにより
保々満額(修理費見積額)が支払われます


自動車事故修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!