神戸市中央区 トヨタハイエース 信号待ちで追突された 事故修理 賠償案件 大阪市より 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
トヨタハイエース 信号待ちで追突された 事故修理 賠償案件 大阪市より

  • HOME
  • 自動車事故修理
  • トヨタハイエース 信号待ちで追突された 事故修理 賠償案件 大阪市より

title

ハイエース 賠償案件
信号待ちで追突された
事故修理事例

トヨタハイエース追突された事故修理

 トヨタハイエース
追突された事故修理

リヤゲートとリヤバンパーに損傷
内部(リヤクロスメンバー部)にも損傷あり

一見損傷がひどいようには見えませんが
意外と修理費要は掛かるものです


加害者の皆様は、保険に入ってるからと
安心し保険会社に任せても
責任を免責されたのとは違いますので

加害者責任の義務を履行しなければ
いつまでたっても加害者のままです

ここの義務の履行とは
賠償責任を果たすこと
被害者の被った損害を金銭にて賠償すること
これだけのことです
そしてそれはあなた(加害者)の責任
=自身で引き受けなければならない事であります



トヨタハイエース追突された事故修理

 トヨタハイエース
追突された事故修理

リヤゲートアップ写真です
横長に折れており
折れ線が見えます

このような場合、
お店によっては交換といわれることも在ります

それは修理する者が判断することでありが
修理依頼者の希望も加味される場合もあります

修理内容・予算によって修理業者を選ぶのは
修理依頼者の選択事項でありますね
いわゆる自己責任
よく検討し修理工場は選びましょう

トヨタハイエース追突された事故修理

 トヨタハイエース
追突された事故修理

板金修理後パテ整形を施したところです
板金修理ではこれくらいの範囲ですみます

塗装はバックパネル窓下を全面塗装いたします

交換作業ではウインドウガラスの脱着など
付帯作業が増えます部品代も高額となります

板金修理作業よりは全体の価格で高くなります

被害者としてただ単に当てられたからといって
何でもかんでも交換は
それなりの正当な理由が無いと認められません

また、正当な業者は車にとって最良の修理方法を
提案いたしますので、
お客様に信義則違反と思われる場合は
その様な事に対しお断りする場合もございますので
被害者の皆様にも相身互いの精神と良識を求めます



トヨタハイエース追突された事故修理

 トヨタハイエース
追突された事故修理

塗装ブース似て塗装中
このように色付塗料は下部の部分のみに塗布し
透明塗料(クリアー)をバックドア全面荷塗布いたします

トヨタハイエース追突された事故修理

 トヨタハイエース
追突された事故修理

完成いたしました
あとは陸運事務所でナンバープレートの
封印を取り付けにいきます

この封印が取り付けられて無い車は不法車となり
行動は走行できません

参考修理代
板金修理料¥55,000
修理部品代¥41,240
塗装修理代¥68,000
塗装材料費¥15,640
その他経費¥10,000
合計修理代¥189,880(税抜き価格)


これは弊社として修理依頼者に
損害額として復元修理に掛かる
修理費見積もりです

保険金とは異なります
今回はまだ賠償額は決定しておりません
本来は賠償額が決定した後
修理契約をするところではございますが
被害者様が修理を急いでおり
修理完成後まで賠償額の決定には至らない模様です
加害者と被害者で迅速に合意できることを望みます


まぁ、「あっしにはかかわりの無い事でござんす。」
ということなのですが
仕方が無いので対応させていただいてますが

関係ない方が修理代を弊社で値切りますが
損害保険会社様も修理代に関しては
無関係(値切る立場には無い)ですので
弊社で修理代値切らないでくださいね
被害者の賠償額を値切ってるのと同じことですから
加害者の方はそんなこと言ってないと思いますが

上記修理代見積は有料です
弊社で修理契約していただく場合は
見積もり料は値引きいたします


賠償するのは賠償責任者の義務でありますので
賠償金額の公正公明な算定は
社会にとって必要であります



 100:0の修理案件における
対物案件の正しい考え方


賠償するのは賠償責任者の義務であります

賠償金額の公正公明な算定は
社会にとって必要であります

その算定を行う者(修理工場)には
公の精神と遵法精神が必要不可欠です

従いまして、
加害者(賠償金支払義務の有る)側に
配慮するためにも
賠償金の闇雲的な高額金額にならないためにも
賠償保険加入者は損害保険会社に
その損害の確認を委ねるのは一義あります

被害者も加害者も「相身互い」の精神で
事に望み

その損害を適正に算定するためにも
損害保険会社と修理工場も
お互いがお互いの立場を理解し

お互いが公の精神で秩序有る
修理代金算定が可能となれば

それを下とした損害保険額は
社会にとっての適正価格となります

事故修理業者にとって
大事な事は事故修理車を出来る限り元の状態に
復元修理することこれが基本中の基本です

そして加害者側は損害保険会社も含め
加害者としての最大の義務である
損害賠償には金銭でもって報いるという事であります

また、此処で大いなる問題もありますが
それを話しますと長くなりますので

修理代賠償金は全く性格の違う者であるということだけは
確りと捉えておいてください

それが消費者(それぞれにとっての顧客)利益を
守るという事ことにつながってます

自動車事故修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!