神戸市中央区 大阪~神戸で自動車同士の事故なら 加害者・被害者ともに損しない 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
大阪~神戸で自動車同士の事故なら 加害者・被害者ともに損しない

title

大阪~神戸で自動車事故に遭い
物損のみの場合は
過失割合関係なしに
加害者も被害者もお互いが損しない方法

 損害保険会社基準見積

弊社では、損害保険会社の保険金算定基準の
修理費見積ソフトを使用し保険金算定基準に準じた
修理費見積もりを作成いたします。

損害保険会社アジャスターが見積もる保険金算定基準と
ほぼ同じような修理費となります。

 保険金は保険金として
賠償金は賠償金として
それぞれの当事者が受け取る

弊社修理費見積もりは保険金算定基準になります
そしてそれが保険金となるわけですが
保険金は保険金請求権利者(保険契約者・被保険者)が受け取る者であります。

そこで、被害者が受け取るのは賠償金というものであり
保険金は被害者は受け取れません
すなわち被害者は加害者から賠償金を受け取るというのが
法律の定めるところであります。

すなわち
保険金と賠償金は全く別物であり
これをごっちゃにしている業者や保険会社も見受けれれますので
とても注意が必要となります

この保険金・賠償金の区別を確りと認識し
法に従った行動を取れる修理業者はそんなに多くはありません

弊社はそのような法に則した履行が出来る業者であります。




 事故車修理は修理契約
保険金と修理代金は全く別物

そして、自動車事故で保険会社が絡んできたとき
修理依頼者(加害者・被害者)で
保険金と修理代が同じものと勘違いされてる方が多いのも
これまでの慣例で修理業者と保険会社アジャスターが
当事者でもないのに勝手に保険金と修理代を同じような者として
慣例となってる協定行為をいまだに続けていることが
大きな要因となってます
慣例が法律より優先された結果
被害者と保険契約者がある意味置き去りにされてるといえます。

弊社は保険金と修理代ほ正しく区別し
当事者は誰かを明確にし法の定めるルールに則した行動をとってます



 被害者・加害者が
保険金算定基準見積もりを
同じ修理業者に見積もり依頼することが
公正公明な支払保険金となる

弊社は、事故車修理において加害者・被害者ともに
見積もり依頼を受け付けることで
公正公明な修理費を算定しお互いが疑心難儀にならないよう
信義則に則ッた行動を提唱いたしております。

その上において公正公明な保険金算定基準が算定できます。

 法律に基ずく当事者同士の正しい契約履行で
被害者・加害者・保険会社そして修理工場も
すべてがハッピーな解決となる

公正公明な修理費見積もりを算定し
保険があろうがなかろうが
一事故の被害者・加害者の修理費要は損害箇所と修理方法が
位置基準であれば価格は一つです
それが損害保険会社基準に合致していれば
保険金は満額、保険契約者・被保険者に支払われます。

弊社はそのお手伝いをさせていただきます。


 利害関係者全てにハッピーな解決には
正しい債権債務に基づく解決策が提案できる
事故修理専門店の当社にお任せください

弊社では修理依頼者が
保険契約者(車両保険)の場合は
保険会社より保険金受け取り後
被害者(賠償金)の場合は
加害者より賠償金受け取り後

修理契約を修理工場と締結するのが
利害関係者全てに利のあるハッピーで賢い遣り方です。

詳しく知りたい方
ご相談はこちらから


自動車事故修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!