神戸市中央区 マツダビアンテ 車両保険修理 免責5万円が不要となった訳 一社)事故車損害調査協会 神戸東灘店 大阪住之江店

画像
マツダビアンテ 車両保険修理 免責5万円が不要となった訳

title

車両保険修理 免責額5万円あり案件
正しい保険金請求と修理契約で免責額5万円が不要となりました。
その理由とは!

マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

 マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

左スライドドアからリヤバンパーにかけて擦り傷と凹みがあります。
お客様は幸い車両保険に加入しており、
今後三年間の保険料アップ額役15万円より
保険金の方が多ければ保険金を請求するとのことでした。
また、免責の5万円が少しでも少なくしていただければ嬉しいですとのことでした。
このお客様の損害保険会社はダイレクト系損保でしたが
これくらいの修理はほとんど写真協定ということになります。
最初の事故写真でスライドドアクォータパネルの交換、リヤバンパーは修理で
修理4原則に則った作業範囲とその方法で修理方法と内容は合意に達しました。
ただ、修理途中写真は必要とのことでした。
これはアジャスターさんが保険金支払いに付いてのの合理性を証明しやすくするためです。
弊社は修理前協定を旨としておりますが損害保険会社の意向も尊重することで
協定がスムーズに行きます。

マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

 マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

スライドドアはドア裏面の柱部分が折れてますので当然交換となります。

マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

 マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

クォーターパネル交換時です、クォーターの交換はシートやトリムなど
付属の取外し部品が多く手間が掛かります。
これらの作業を手を抜いてやらない業者も見受けられますが
弊社は丁寧にキッチリと作業はさせていただきます。
また溶接もスポット溶接機を使い出来るだけ新車時と同じような仕上げに拘ります

マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

 マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

塗装の前の下処理作業中です。
クォーターパネルはスポット跡がきれいに出てます。
フロントドアはぼかし塗装のために塗装いたします。

マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

 マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

塗装ブース内での塗装作業中です。

マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

 マツダビアンテ 免責5万円不要に成った車両保険案件

完成いたしました。
ダイレクト系SBI損保さんは、今回も丁寧な対応と支払い保険金を契約条項に則った迅速な支払体制でした。
数ある損保おなかでも支払いがきれいな部類に入りますね。
損害保険会社は担当者でも違いはあるのですが、上司がどんな人間化でかなりその対応に違いがあります。
保険金を出来るだけ少なく払いたいというのが損害保険会社の本音です。
どこで修理するかであなたの車の価値や支払保険金が毀損されてますので注意が必要です。
損害保険会社そのものの姿勢は結構違いがありますのでよく銀もして保険には加入いたしましょう。
修理依頼は損害保険会社指定工場に修理依頼するのが賢明です。

自動車事故修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!