神戸市東灘区 事故車修理設備 保険事故車修理には三次元計測器タッチが必要 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

  • HOME
  • 会社案内
  • 事故車修理設備 保険事故車修理には三次元計測器タッチが必要

三次元計測器、タッチを導入、
神戸~大阪での自動車事故に対応

 事故車 計測修理 三次元計測器
神戸~大阪での自動車事故 スバルフォレスター
三次元計測器、タッチ測定中
(一社)事故車損害調査協会で測定

これからの事故車修理 三次元計測&修正
スバルフォレスター下回りの測定風景です
リヤ追突された事故です

大阪の業者様からの依頼です
写真見た目は分りにくいのですが、
リヤバンパーは一度奥へ入り込んだ後
復元してほとんど分りにくくなってます、
またマフラ-は太鼓部分と
センターパイプまで損傷してます。
リヤフレームは
見た目折れや曲がりなどは
確認できません

リフトアップした後、
3次元計測器タッチより
アームを出し計測いたします。
このように、
フレーム等目視では分らない事故
最近の車には多く見られます
これは車両構造変化も影響してると考えられます。

大阪の弊社ではこのような事故車両でも
安全安心のためこのように一度計測いたします

 事故車 計測修理 三次元計測器 フレスター
三次元計測器、タッチ車両登録中
 スバル フォレスター リヤ追突事故

これからの事故車修理 三次元計測&修正
スバルフィレスター 3次元計測器タッチ測定事例
この写真で分るようにリヤフロアパネルまで
損傷のおよんでる車両は
3次元計測をお勧めいたします。

車両のデーターを登録しますと
基本のデーターが表示されます、
その後実車のデーターを計測いたします

そして基本データーとの差異から
修理範囲や損傷の具合を
数値で見れますので
作業が確実に出来ます。

この写真からも明らかに左マフラーが曲がってるのが
確認できます

追突された事故では、目視だけではなく
3次元計測器による計測による計測が欠かせません
車両を登録し基本データ(メーカーの指定数値)との
差異を確認いたします。

大阪の弊社ではこのように
一台々丁寧に確認作業を致します

 事故車 計測修理 三次元計測器 計測データ
三次元計測器、スバルフォレスター 
修理前と修理後のデータ

これからの事故車修理 三次元計測&修正
スバルフォレスター
追突事故車両の
3次元計測器タッチ計測データーです。

左が作業前のデーターです、
写真ではわかりにくいのですが
左サイドメンバーが少し上に上がってます、
下に8~12ミリ引き下げる指示が出てます
(左のデーター、赤字部分)
右は修正後のデーターです。
このように計測することで、作業する前に把握出来ます

右が作業後のデーターです
すべてンOKサインが出てますので
修理箇所の修理が
許容範囲内の修正が出来てること
を示してます。

大阪の事故修理専門の弊社では
修理作業終了後にこのようなデーターを書類として
お客様にお渡しいたしております。
安心安全”見える化”を推進いたしております。
大阪の弊社では、安心安全の確認のためだけの
3次元計測器による計測のみのサービスも行っております。

測定料金¥10,000~18,000税抜きです
なお計測に関しましてアンダーカバーやバンパーなど
取り外しが必要な場合もございますので
別途脱着料が発生する場合もございます

 事故車 計測修理 三次元計測器 スバルレヴォーグ
スバルレヴォーグ フレーム3次元計測

これからの事故車修理 三次元計測&修正
スバルレヴォーグ 3次元計測器タッチ計測事例
レヴォーグ フレームの計測中です
このような事故修理には事前計測が欠かせません。
フレームやボデイ寸法を測ることで修理計画もキッチリ建てられます。
そしてムダや無理のない適正な修理方法と適正な修理代金をご提案できます。

 事故車 計測修理 三次元計測器 データ
スバルレヴォーグ 3次元計測結果
フレーム損傷具合が良くわかります

これからの事故車修理 三次元計測&修正
スバルレヴォーグの計測結果事例
この様に
データーとして損傷具合が表示されますので
作業者も修正の方向と力加減が良くわかり
作業性が非常に良くなります。
データーから作業方法まで理解できますので
作業時間の短縮にも寄与
できます。
修理後計測も致しますので
メーカー指定寸法の許容範囲かどうかも表示されますので

修理後の安心安全に寄与いたします。

 事故車 計測修理 三次元計測器 データ
3次元計測器データーのアップ画像

これからの事故車修理 三次元計測&修正
上記スバルレヴォーグの3次元計測器測定結果アップです
Y軸で左右の触れ有り左メンバーのみ
上下振れ有りが読み取れます

赤の⇒はその方向(例では右側メンバー12mm・左側メンバー10mm、)
修正する必要があるということです

また、左右メンバーは
上方向にもそれぞれ数ミリ修正の必要が有ります。
(上記写真からは読み取りにくいですが)
このよううに数値としてキッチリ見えますので
作業者も大変分りやすく作業精度も上がります。
これからの事故車修理には欠かせない設備・機器です

三次元計測器設置工場で安心安全な事故修理を!

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!