神戸市東灘区 当社は事故した時一番役立つ大阪の損害保険代理店です! キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

役立つ 損保代理店 事故修理専門店
神戸~大阪でもしも自動車事故に
遭った時
どこよりも役立つ
事故車修理専門業者代理店

 事故修理専門店の損保代理店(取次)
事故車修理専門の修理工場でもある
東京海上日動代理店

車社会で消費者にとってもしもの時一番役立つのが
板金塗装それも事故車復元修理が出来る専門店が営む
損害保険代理店です

保険事故修理依頼時に役立ちます

消費者に役立つために出来ることを突き詰めた結果
損害保険会社代理店はじめました

自動車損害保険は弊社のような
復元修理を生業とする保険代理店ではいるのが
もしもの時にはとても役立ちます。

自動車損害保険に入るのは
もしもの時役立つところが
選ぶ基準です。
現在代理店契約解除してます

 事故修理専門店の損保代理店
損害保険会社は
支払時の対応の良さで
選びましょう

損害保険会社は様々です
そして保険料もそれぞれ違います

ここでもとても対切なことですが
保険料の高い安いだけで損害保険会社と契約しないことです

もしもの時、特に加害者になったときですが
損保のアジャスター(保険の調査員)は
ほとんどの方が大事なことを忘れて
加害者の代理のようなつもりで
被害者や修理工場と交渉いたします

被害者の損害は
加害者が金銭で損害賠償をするというのが法律です

このことを忘れてかどうか分りませんが
アジャスターはよくことを忘れてます
忘れないようにしてくださいね


賠償金は支払保険金となりますが
賠償金は修理代と同じとは限りません

保険会社によっては保険金の支払額にのみ言及し
修理代金を安く見積もることで損害額を低く査定しがちです
その場合
被害者には正当な賠償額が支払われたとはなりません。

また賠償金の支払義務者は
あくまで加害者が当事者となりますので

損害保険会社のアジャスターには
賠償額についてその額を決める権利は有りません


もし、修理代金が賠償額に相当するなら
修理代金を決めるのは
修理依頼者と修理業者の契約で決まった金額であり
それを決めるのは修理工場であります

その修理工場提示の金額を基準
損害保険会社は適正な賠償金額
決めるというのがとなります

この筋をよく理解
自社(損害保険会社)の利益だけを考えず
公の精神で被害者の権利や修理工場の立場も理解した
正しい保険金支払い基準を持ってる
保険会社を選ばなくてはなりません

車両保険も同じです。
保険金を値切らない会社と契約いたしましょう

*修理工場にも修理代見積もりにおいては
 同じことが言えます
*また修理依頼者にも同じことが言えます

いわゆる信義則公の精神

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!