神戸市東灘区 これでいいのか?損害保険会社!「全損攻撃」に合った記事2. 自動車事故100:0被害者へ!2. キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

  • HOME
  • 保険・保険修理
  • これでいいのか?損害保険会社!「全損攻撃」に合った記事2. 自動車事故100:0被害者へ!2.

事故に遭ってからでないと分らない
損害保険会社「全損攻撃」にあった記事2

 保険屋さんの「全損攻撃」にあう
記事全文②

記事①の続き概要

これを見ると自賠責保険は現在の保険が継承できるので
当然補償の対象外になります。

中古車屋さんの見積もりを損害保険会社に送付した結果が楽しみです。

その結果
意外にも自賠責保険を除き全額OKの回答が。

あの電話での交渉はいったい何だったのだ!?
見積書をFAXするとこうもあっさり諸経費が認められるのか?
保険会社の担当者に「今まで経費を補償したことは本当にないのか?」

  上記のような疑問が湧いて出てきたそうです

尋ねると苦しそうに以下の回答がありました。

  それでもちゃんと回答してくれたそうです
  ↓
「事故の損害の立証責任は被害者側にある」ので
「保険会社の方からは車両本体価格を提示させて頂いている」とのことです。
でもそうであれば始めにそのことを言ってくれれば良かったのにと思います。

損害保険会社は自分から自分に都合の悪いことは言いません

これが現実です

 損害の立証責任は被害者側にあります

損害保険会社はこの立証責任が被害者にあることを逆手にとって
自分が先に示すことで被害者に認めさすことで有利に事を運ぼうとしているのです。

 皆さんもうお気づきですね。
 事故にあったら保険会社の回答を待つのでは無くて
徹底的に被害の実態又は被害を補償する費用を見積もればよいわけです。

その立証は専門家に任すそれ以外に自分で勝手に価格を決められませんね、
その価格は市場価格すなわち市場での取引価格がその損害額となります。


そしてそれを保険会社(そもそもは加害者に)に請求すればよいわけです。
本来は保険契約に基づき加害者が保険会社に保険金請求するというのが法律と契約の基本です。



保険会社の言い分を鵜呑みにしてしまうと
年式の古い車に乗っていると、ぶつけられ損になってしまいます。
経済的全損かどうかの判定基準があまりにも甘く、
年式が少しでも古くなってしまうとすべて経済的全損になってしまいます。


NPO交通事故110番のホームページを訪れたところ、
「経済的全損かどうかは、
修理費と車両時価額+買換諸費用+車検残存費用+解体・抹消登録費用等を比較、
修理費が著しく上回っている場合を経済的全損とする」と言う
平成14年9月の東京地裁判決を例に挙げて、
買換諸費用等を勘案して判断すべきとしています

しかしまあ保険会社はこのような明確な判決がでているにもかかわらず、
「車両時価額のみしか補償しない」とよく言い切りますね。
判例の遵守精神が全くありませんねえ。

記事の要約と私見を混ぜながらお話いたしましたが
このようなことは、損害保険会社としての太報は日常茶飯事です


消費者として損害保険会社の体質補しっかりと把握してないと痛い目にあいます



もし不幸にして、自動車事故にあわれ被害者となったときは当社にご相談ください
被害者にとって不利益の内容にアドバイスさせていただきます。

また加害者の方ももし車両保険を使用する場合も損害保険会社の対応はこれらの記事のごとく
保険契約者に不利なように対応される場合がございますのでこれもまた注意が必要となります
もしそのような場合も当社にご相談ください

保険契約者として不利益のない様にアドバイスさせていただきます



一般の消費者さんのほとんどは事故の経験のないことが多いと思いますが
もしもの時に備えて被害者や加害者になったときのことも考えておく必要はあります。

マスコミでの損害保険会社の宣伝文句を鵜吞みにしてますと、
被害者であれ加害者であれ痛い目にあわされます。

私たちは物損事故のみアドバイスさせていただいてますが
人身事故でも損害保険会社の対応は不徳が多いので被害者が泣かされることが多いです

このような場合は弁護士さんにご相談されるほうが良いと思います
ただ、弁護士さんもいろいろですのでとても注意がいります。

もう一ついい忘れてましたが、物損事故で保険会社から
損害保険会社指定工場を進められることが多いですが
損害保険会社指定工場を損害保険会社が勧めるのは
その理由があるはずですよね、
なぜなのかは賢明な消費者の皆様はお分かりだと思います

この方も書かれてるように、
損害保険会社は加害者の立場立った責任を履行する行動をしているとは、
残念な事に必ずしも言えません。
従いまして、
当社では被害者の立場(被害者利益)が毀損されないよう、
また加害者の立場にも考慮いたしまして
被害者の信義則違反なきようにも配慮しながら
正しい保険金請求と正しい加害者としての賠償責任の履行の仕方を
弁護士の指導のも踏まえアドバイスさせていただいております。

自動車損害保険は本来の目的が加害者となったとき
賠償金が高額となることを想定した(加害者に不意の高額な出費が無いことを想定した)
被害者救済のための
被害者保護の精神に基づいた損害賠償保険です。

素晴らしいカーライフのために!

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!