神戸市東灘区 役立つ 保険事故修理工場向け 工賃とレバーレートについて 修理代 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

  • HOME
  • 保険・保険修理
  • 役立つ 保険事故修理工場向け 工賃とレバーレートについて 修理代

工数 レバレート 修理代
自動車修理代は工数Xレバーレート

 工数
工数は1作業単位作業を
平準化した基準数値で
一定

工数(workload)とは、ある作業を完遂するのに必要な作業量。
1時間当たりの時間単価

 レバレート
レバーレート
個々の企業で違います


レバーレートは工場等が作業工賃を
算出するのに用いる1時間あたりの工賃

各工場等が独自に決める
1時間あたりの工賃価格。

 修理代
修理代は工数Xレバー
レート
(原価に利益を含んだ数値)

これが社会一般のルールです

どんな企業でも価格(売り値)を決めるのは、
その企業の専権事項であり自社の売値を決めるのは
その企業の判断で決めてるものであり
好きな値段で商品やサービスを売るこれが社会の常識です。

そしてその商品やサービスを買うのは
消費者または企業間取引相手で有ります。

そしてそれは
個々の企業(売り手)と相手(買い手)との契約事項
ということであります。

これが、ごく当たり前の原則であり社会のルールです。

 板金塗装業モデル工場の事例より考えるレバーレート
JーNET21 中小機構
(https://j-net21.smrj.go.jp/index.html)
記事ページ
http://j-net21.smrj.go.jp/establish/guide/etc/other06.html


J-Net21(中小企業ビジネス支援サイト)中小機構より
http://j-net21.smrj.go.jp/establish/guide/etc/other06.html
自動車板金塗装業の事業開業モデルとしての
ビジネスプランから業界の在り様を考えますと、
現在の我々業界の自動車事故修理企業の
現状が理解できると思います。


自動車事故復元修理業を開業し
社会の公器として役立つためには
上記モデルの設備投資費用が必要です。

その回収のためには修理価格というものが
とても大切になります


消費者に役立ち安心安全な修理をし
雇用の創出で社会に役立ち
そこで働く人の幸せに貢献でき
国に納税の義務を果たすために
必要な利益を見込だ修理価格を決める

レバーレートは
上記理念から導き出されるものであり
企業としての責務で有ります


そして、それ(レバーレート)
他人(修理契約に関係のない第三者)から与えられ
決めら
れるものでも有りません

 指数 対応単価 予測 現実 修理費 修理代
指数X対応単価は保険金算定基準のための
あくまで予測修理費
言葉(単語)には全て意味がある

現状の自動車事故修理費に関しましては
この保険金算定基準が
慣例的に
自動車板金塗装業界の修理代見積
同じ様
に使われてますが
本来は全く別のものであり
その本質に大いなる違いが有るのですが
詳細に違いやなぜそれを我々業界が採用し
今日に至ったのかを説明出来る者はあまりいません


修理費 と 修理代
予測 と 現実
予想額 と 掛かった額

掛かるであろう費用額を支払う保険金
修理依頼契約で修理に掛かった修理代

保険契約で支払われる保険金と 
修理契約で支払われる修理代

保険契約は保険契約者(被保険者)に支払われるものと 
修理契約は修理工場に支払われるもの

さて

保険金 と 修理代

上記式で ○○ と XXは、
全て=でしょうか

すなわち
保険金=修理代でしょうか


まずは此処の理解からはじめますと
現状は如何なのかどう在るべきかが分ってきます


疑問などあればお答えいたします
質問はこちら


 学べます、『財乙塾」
理念と誇りで協定でお願いされる立場に変革

これらのことは系統的に学び自身の理念として
心に落とし込みます。


その結果誇りが生まれ何のためにあるのか(存在してるのか)を
根本から考え理解するようになります。

それは突き詰めれば非父してどう生きるかという事に行きつきます。
それが判断基準の核となることですべての事象が理解でき、
正しい道を歩くことになり、周りと友野に生きてることが理解できますので
相克から相生へと考え方が変化します。
まさにこのことが、すべての基本となり、すべてのことが好転してきます。

この法則的なことが身につけば協定はとてもスムーズにいきます。

ぜひ学んでください、
興味があればお問い合わせください、学んだ人は素晴らしい結果を残してます。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!