神戸市東灘区 あなたは大丈夫ですか?修理協定でのカモ度調査 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

損保との協定それで大丈夫ですか?
たぶんカモられてます
修理協定でのカモ度調査
協定でアジャスターにカモられないために

 かもになってるかも
損害保険会社から見たかも度調査

多くの車事業者の方は、
自らが直面している問題の存在にさえ気づいていません。
しかし多くの車事業者は損保会社にカモられています。

下のアンケートでいくつ丸が付くか確認してみてください。

「損保会社のカモ度アンケート」
①自社で見積書を作成しない。

②大体のケースで、作業の途中もしくは作業完了後に協定をする。

③レバレートの交渉をアジャスターとしたことがある。

④作業経過の写真や、部品の伝票を出してくださいと言われて出すことがある。

⑤大体のケースで、アジャスターが作成した見積書を提示される。

⑥支払えませんよと言われたり、協定できませんよと言われると打つ手がない。

⑦ソフト(自研センターの指数)を使用して見積書を作成している。

⑧「御社の協定金額は高いですよ」とアジャスターから褒められることがある。

⑨「損保会社に認めてもらう」「損保会社に支払ってもらう」という言葉を使う。

⑩保険契約約款をほとんど読んだことがない。


どうでしたか?
1つ丸が付くごとにカモられ度10%で計算してみてください。
さてなん%になりましたか?

 5つ以上〇がついた人
あなたは人間ではなくかもです。
あっ、損害保険会社から見てですよ!

5つ以上丸がついたと悲観する必要はありません。

そのことに気づいた今日がスタートです。

一度、「財乙塾」の勉強会に参加して、
適正な協定が何なのかを学んでください。

そしてカモから脱却しましょう。
それが社会的責任履行の第一歩です。

受講可能数に限りがありますので
お早めにお申し込みください。

 『財乙塾』とは

損保も反論できない、コロナ禍時代に即した理論
これからの世界は相克から相生の時代に変わる
だからこそ、『財乙塾』の考え方が消費者に受け入れられる

生き残るための方法論でもある

当塾では方法論だけは教えません
もちろん素晴らしい方法論ではありますが

その方法は理念が語れなくては
アジャスターから共感を得られません
もしこれまで協定で方法論だけを駆使してたのなら
それは間違いです


大事なことは、なぜなのかと何のためかです

そしてそれが確立されれば協定での立場が逆転します


詳しくはこちら

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!