神戸市東灘区 保険事故修理 保険金請求は当事者として自分でやるために! キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

保険事故修理の保険金請求
当事者として自分でやるための
正しい保険金請求方法とは

 物損事故で相手があろうが自損事故であろうが
保険金を請求する場合は当事者として
被害者であろうが加害者であろうが
対物賠償であろうが車両保険であろうが
当事者として義務と権利の行使を法律および契約に則り
正しく保険金請求しましょう

当社は当事者(対物事故)において
被害者・加害者であろうが、過失があろうがなかろうが
車同士の事故の場合、その過失に応じてお互い当事者同士に請求する
これが基本的法律上の決まりです。

お互いに過失があれば、お互い加害者であり被害者です
この時点で、保険に入ってる入ってないは関係のないことであり
当事者は被害者と加害者ということになります。


そしてお互い(加害者・被害者)として当事者同士で
その責任に応じてお互いの損害を過失に応じて賠償しあうということが基本理念です
(*過失相殺は事務上の手続きということです)

そして自動車損害保険に加入しておれば、
その賠償額を保険会社に請求し保険金を受け取る
これが時系列上の契約による約束事です。

ただ、事故した時点おいてショパンの事情から、
損害保険会社も契約者とは当事者同士なので
別の次元での契約事項の取り決めに沿ってその中に入ってきますが
賠償責任と修理契約の契約事項とでは違いがありますので
権利と義務の部分とは区別して行使しなければなりません

損害保険会社の利益と契約者や被害者加害者の利益とは
相反することが多いからです。

そして物損事故は、事故車の損害額の証明が必要ですがその証明は
被害者が証明しなければなりません、
それは過失の有無は関係なく過失があれば
当事者はどちらも加害者であり被害者となりますので
その証明はお互い必要になります。

そこで、事故被害の皆様は自分でその損害の額などわかりませんので、
その道のプロ(事故車修理業者等)から損害額(修理費・その他)に、
見積もってもらう必要が生じます。

そしてこの時に、
損害保険に加入している賠償責任者側の損害保険会社は
その損害の範囲と状況修理方法の確認は必要となります。

そこで、無知な修理工場は修理依頼者の修理代を
保険会社に請求する権利があると勘違いし、
修理依頼者(ここでは被害者側)の修理代は被害者と交渉するのではなく
損害保険会社と『協定』という行為の中で協議します、
それは保険会社からすれば加害者が支払うべき損害賠償額
加害者にすれば保険会社に請求すべき被害者への損害賠償額を、
損害保険会社と修理工場側とそれぞれの思惑の中で、
本来の当事者は蚊帳の外で賠償金と修理代というう質の違うものを
勝手に決めてるということです。

このような協定行為という談合ともいえる不徳なことが、
損害保険会社主導(洗脳行為)で事故車修理業界との間でまかり通っています
そして残念なことに事故車修理業界の関係者は
そのこと(洗脳されてる)に気づきもしてない人たちが多すぎます。

そのような状況の中で本来の正しい賠償額や
正しい修理費(保険金のもととなる予測費用)見積もりはできてないといえます。

このような状況を打破し、消費者目線に立った
正しい認識と正しい理念と誇りを身に着け
修理業界も自分たちの売値を自分たちで決めない限り
すなわち、
関係ない第三者が算定する修理費算定基準を業界基準としてる限り
社会的責任を履行できる社会に役立つ企業とはなれないと断言できます。

物損事故にあわれた方は、もしそれが保険修理であれば
心ある真の修理業者とともに自分で保険金請求する道を構築しない限り
適正な賠償金や適正な保険金(修理費)は支払われないといえます。

当店はそんな保険金請求のお手伝いができます。


 当事者(事故被害・保険契約者)として
保険金請求マニュアルを提供してます

当社は一般社団法人事故車損害調査協会加盟店(DAA)です
DAA保険金請求マニュアル(保険金請求書式一式)で
あなたも自身で保険金請求しませんか?

当店が詳しくレクチャーいたします。

なぜ、自分でするのが良いのかというのは、
慣例となってる保険会社と事故修理業者との「協定」といわれる行為は
不法の可能性がありそれも事故修理業者側にのみあるからです

そもそも、本来の当事者は交通事故においての当事者関係はは
●加害者と被害者
●保険契約者と保険会社
●修理依頼者と修理工場
この三つの関係のみです

その関係においての当事者間での
法律による賠償責任と
商取引の契約ごの法律上の関係とになります

このような関係でありますので
賠償責任における損害賠償金請求権は、
民法の法律にのっとった賠償関係で履行されるべきことです
契約関係はあくまで商取引となりますので、
契約書にのっとった契約関係での約束事の履行という事になります

ただ交通事故においての事故車修理(物損)においては、
上記当事者関係の関係者が複数の当事者とかぶるため複雑になりますので、
それぞれの当事者関係性の中で法律と約款(契約ごと)に則った運営となります

これらをしっかりと理解し
それぞれの関係性の中でそれぞれ違いがあることを
理解したで保険金請求は行われなければなりません。

そのようなことを、しっかり理解いてアドバイスできるのが当店となります

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!