神戸市東灘区 追突され被害者となったら賠償金は誰が受け取る? キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

追突され被害者となったら賠償金は誰が受け取る?

 追突された物損事故での賠償金は被害者が受け取る
対物賠償の当事者は加害者と被害者
保険会社や修理工場はそもそも関係のない第三者

現在対物の賠償問題において加害者と被害者が当事者としてある中で、
損害額の証明は被害者がするのが法律上の決まりであります。
そしてその損害額を証明(修理業者などの見積もり等)をもって加害者に請求する、
それは公序良俗と信義則の中で市場価格として妥当な金額であると言える。

ところが現在、損害保険会社の示談交渉サービスという商品が、
加害者側の義務(賠償責任)を損害保険会社が契約約款に則り肩代わりして
被害者側と交渉できるため、
損害保険会社側は被害者の代わりに修理業者側と交渉します。

このことは損害額の適正な認定において、
本来は加害者本人(当事者)と被害者(当事者)が、
信義則の基話し合い決定する事柄を損害保険会社が当事者性を得たために、
在る条件下において保険会社は被害者と交渉できるようになってます。

この時、被害者自身が保険会社と交渉しても適正な損害額を、
保険会社の交渉人(根切のプロ)とはまともの交渉できません。
そこで被害者(車がきれいに修理できればよいので)は、
事故損害会社やディラーなどその道のプロに、
修理代(損害賠償金ではない)として適正な金額を交渉してもらいます。

このことは本来、修理工場やデイラーは交渉権のない第三者ですので、
被害者の代理としての交渉は弁護士法72条に抵触する恐れがあります、
保険会社側はそのことは百も承知してますので、
関係のない第三者に根切交渉すのは被害者本人に根切交渉するのと訳が違います、
言いたい放題になります、
なぜなら修理工場側は当事者でないので修理工場側への説明責任がないからです。

これが当事者(とても法律や約款に詳しい被害者)になら当然説明責任がいります、
このような被害者が少ないこともあり、
修理工場側に任せてしまう方が楽なので被害者もそれを良しとしますので、
修理工場側は自分都合(自分が交渉したほうが修理代が高くなると考えるから)もあり、
慣例としての「協定行為」が損保側と修理工場側で長きにわたり慣例化してます。

これが、被害者の適正な賠償金を低減するほうh校に導いてます、
そして修理工場側はその協定行為を慣例として受け入れてしまってることで、
適正な修理金額ももらえなくなっており、
一部の修理工場側が姑息な手段を使って修理代を上げようとしますので、
損害保険会社側からも信頼されない業界となってきております。

また損害保険会社側も、もっと姑息な手段で業界全体で損保指定工場制度という、
行ってみれば植民地化政策(戦前の欧米諸国)を損保業界として進めております。

そして非常に残念なことですが板金修理工場側は、
それをありがたがって自分から植民地(指定工場)になりに行きます。
その理由は分からないでもありませんが、
真の目的を知ればそんなことは国民(消費者・被害者)を裏切る為政者(修理工場側)のようなもので
国民(被害者)は幸せにはなれませんね。

また加害者も、国民(消費者)であるので、
自分の責任を果たすという事を考えていただきたいです、
損保の甘い口車「私たちにお任せください」といわれて任せてしまうと、
損保側はあたかも自分が当事者のようなかをして、
被害者の気持ちや状況などお構いなしに支払保険金の減額に組織的に邁進してます。
それはあなた(加害者)が放置して関与しないからです、
ある意味被害者とともに保険会社に契約の当事者として、
また加害者としての責任を履行する姿勢が必要でもあります。

このようなことをしっかり理解して、
加害者にも被害者にも適正な賠償金を支払えるようまたもらえるよう、
働くことのできる数少ない修理工場として当社は存在しております。

在ってはならないのですが、もしもの時は加害者・被害者ともども当社にご相談ください
お互いに納得のいくハッピーなアドバイスをいたします。

素晴らしいカーライフを祈願して!






記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!