神戸市東灘区 協定でアジャスターに値切られない方法 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

協定でアジャスターに値切られない方法

 ①協定でアジャスターから値切られるわけを知ること

損保側アジャスターは支払い保険金の基を算定するのが仕事ではなく
できるだけ支払保険金の基となる修理費を低く見積もるのが仕事

アジャスターは保険会社に雇われた値引き交渉人
決して公正な修理費を算定するものではありません
一応、第三者的にふるまってますが決してそうではないという事実を知ること

損害保険会社側のアジャスターなぜ保険契約者や被害者と交渉しないのか
損害保険会社には当事者性があり契約者や被害者と交渉できるのにです。

それは、事故車修理工場側と交渉するほうが値切りやすいからにほかなりません、
そして協定の交渉相手として修理工場側には保険会社と交渉する当事者性が無いからです

 ②修理工場側には当事者性が無いと知ること
協定で修理費の交渉をし決めるのは違法の可能性が大きい
保険会社はそのことが解っていても修理工場側と交渉する

ではなぜ修理工場側は損害保険会社と協定(協議し金額を定める)するのか
修理工場側も損害保険会社と修理金額を決めるのは、
損保側とお客様とが直接交渉すると自分たちの考える修理代をもらえないと考える事と、
自分たちが金額交渉をする方が高くとれると考えるからにほかなりません。

損保側は当事者性のないことを承知で、その修理工場側の思惑を損保側に利用されてます、
だからあなたと修理金額の交渉をします。

損保側も、もし被害者や契約者と損害額や修理費について交渉すると、
正規の正しい法律や約款上の請求方法をとうじしゃに取られると、
説明責任やら値切る場合の根拠の提出を求められるからです、
そして消費者のこの要求には保険会社は真摯に答える義務がありますが、
修理工場側にたいしてはその説明義務などはありません。
なぜなら修理工場側は何ら関係ない第三者といえるからです
だからいくら値切ってもなぜそうなのかは説明する必要なんてありません

 ③交通事故の当事者は誰と誰かを知ること
交通事故では当事者関係がその内容ごとに複雑になります

まず事故が起こったら、
対物事故での当事者関係と車両保険での当事者関係はそれぞれ違うという事。

対物事故では当事者関係は賠償責任上の当事者関係となり、
被害者と加害者が当事者関係となります。

この関係では、法律上の賠償関係であり当事者は被害者と加害者との関係性のみです
加害者は被害者にその損害を金銭にて賠償することで賠償責任が履行されたという事になります。
そしてこの時、
加害者が損害保険医加入してる場合は、
損害保険会社が加害者の負った賠償責任額を、
契約に基づき支払うのが保険会社となります、
この関係では当事者は加害者と損害保険会社となります。

この関係では本来修理工場は全くの部外者であり、もし関係があるとすれば
修理依頼者が物損事故の被害者であるという事であり、
その被害者の損害(修理費)を証明するための見積書を被害者に示すことが責務となります。
本来はその修理金額を被害者が加害者に示し損害を金銭で賠償してもらう、
これが法律上の責務と正しい流れです。

単独事故で物損事故の場合、賠償責任を負わない場合で事故車の修理には
修理依頼者と修理工場が当事者関係です

損害保険はその当事者関係の中で、
保険契約者が修理契約者や加害者・被害者と、
別々の債権債務関係の当事者としてダブってることから話が少し複雑になりますが、
この関係性をしっかり理解しておればことはいたってシンプルです。

 ④上記のことが理解出来たら
損害保険会社と修理工場間での修理費(金額)の協定はしない!
これがアジャスターに値切られない協定方法

えっ!協定しないの、ジャーどうするの?
そう思いますよね。

金額の協定はしない!このことにつきます。

しかしながら、本来の正しい姿に戻すには、
これまで慣例としてきた協定制度を変えるわけですから、相当の時間がかかります。

我々が損害保険会社に長年にわたって洗脳されてきたことから、
自身の洗脳解除とアジャスターの専横解除を同時に進めていかねばなりません、
それなりの覚悟と自信と誇りが自分の中に構築されなければできません


では具体的にどうするのか?その答えはここ『財乙塾』にあります。
自然の法則に則った考え方の構築と社会的責任の履行努力によってのみ解決いたします。

まずは自身の幸せと周りの幸せを同時にかなえていかねばなりません。

よりよい社会を目指して一緒に目的をもって、
人しての成長とともに社会に役立つ企業に成長しましょう!

遣ればできます、覚悟もって挑戦した方のみに与えられる最良の利益を享受いたしましょう。
それが最大の社会貢献です。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!