神戸市東灘区 誰も教えなかった協定で値切られない方法 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

アジャスターから協定で値切られない方法

 なぜアジャスターから値切られるのか知ってますか?
アジャスターはなぜ値切るのか知ってますか?

あなたが事故車修理関係者なら、
答えは簡単、あなたが一番値切りやすい人だからです。

そもそもアジャスターとあなたは何について話をしてますか。
もしあなたが修理代について話をしてるなら、アジャスターと話し合う事ではありません
なぜならアジャスターとあなたは関係のない間柄ですよね、
事故車の修理依頼は誰としてますか?

アジャスターはそのことを知ってますが修理代について言及し見積もった修理代を修理費として根切ます。
まずこの修理代と修理費の違いを認識できて説明できますか?
もししっかり説明できない限り値切りつ図けられます。

そしてアジャスターはあなたと修理費について協議し値切れば値切るほど支払保険金が低くなります。
アジャスターは公正光明な立場風で対応してきてますが損害保険会社の利益のために働く人です。

アジャスター(損害保険会社)は被害者や保険契約者の当然の権利(利益)などは考慮してません。
このことが理解できればなぜアジャスターはあなたのと交渉し値切るのかわかりますよね。

 値切られないための方法論があれば素敵ですよね!
そんな都合の良いものはありませんが、
ほとんど値切られない方法はあります!

そんな方法があれば知りたいですよね。
アジャスターとの協定で値切られにくくなり、こちらの思う協定額に近づけられます。

まずは、損害保険会社(アジャスター)と保険契約者、修理依頼者と修理工場、加害者と被害者、アジャスターと修理工場これらの当事者関係を空でいえますか?

まずそのことをしっかり理解していることがとても大事です。
この関係性がしっかり理解できアジャスターとの協定で協議できれば、協定では値切られなくなりアジャスターからお願いされる立場に変わります。

そしてもっと大事なことはあなたが自分の事業を通じてどのように顧客と社会に貢献し社会的使命を履行するのかの理念のほうが重要となります。
いわゆる信義則と公序良俗の精神で社会とかかわり社会にどう沽券出来るのかが理念としてシンプルに明示できるのかがより大切です。

要は社会的責任の履行のための企業としての在り様を自分お言葉で社会に発信し、消費者に理解できるスタンスに立てば損保はそのことに対して否認できません、当たり前ですね損保も社会的には社会の公器としての責任があります。


 「財乙塾」でそもそも論を理解し「DAA工数表」を使用した協定方法がアジャスターとの協定でアジャスターからお願いされる立場へ変化します

ではどうすればよいのか具体的に知りたいと思いませんか?
それが「財乙塾」と「DAA工数表」使用した見積もり術の構築です。

「財乙塾」で学び行動すれば損保との関係性が変化します。
これが損保に値切られない協定術の方法論となります。

あなたの見積額が工賃で50~30%アップします。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険事故修理の他のページ