神戸市東灘区 保険事故修理では加害者・被害者ともに損してます! キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

画像

保険事故修理では加害者・被害者ともに損してます!

 例えば過失割合の在る物損事故では、お互いが損害保険に加入してる場合
保険会社が同じの場合最悪です。

不幸にして、交通事故に幸いに人身事故にならなかった(人身があっても同じですが)物損について、おt買い損害保険会社に示談交渉サービスがついてることになり、保険会社に報告したときに保険会社が私たちにお任せくださいと言い了承することで加害者側(過失ありの場合両者とも加害者であり被害者)自動的に示談交渉サービスがついてきます。
そして、被害者としても直接請求権が行使されたこととなり、保険会社同士が直接その損害割合や賠償金について話し合います。
そこに消費者としての当事者被害者・加害者はいません。
これが諸悪の根源ですが、もしこれが同じ保険会社同士ですと、お互いの立場は保険会社都合で進むと思いませんか。
保険会社は利益の根源は支払保険金が少ないほど利益が出るという構造です。
このような保険会社が被害者としての立場の当事者(事故の本人・加害者であり被害者)の利益(適正な賠償金額=ほぼ修理費)が算定されると思いますか。
げんじつに、そのようなな場合保険会社はアジャスターという損害調査員が修理工場に車の損害を確認に行きます、
その際保険会社の支払い基準の事故車修理費基準で勝手に見積もりしそれを損害として認定します。
この時同じ保険会社ですと損害算定額は最低基準になります。
お互いの保険会社が同じですのでどちらからも異議を申し立てません。
そしてその修理工場が損害保険会社指定工場でストさらに最悪です。
修理工場は損害保険会社の週s理見積もりより保険会社によって違いがありますが、修理費を10%線ほど値引きした金額で修理費協定を祖ますのでさらに賠償金の額が下がります。

ここで大事なことは、修理費がお互い安いという事は、お互いの賠償額は相手に支払う額が安くなるという事は自分の賠償される額も少なくなるという事です。
ここで車両保険に加入していてそれを利用できる場合は、自己負担修理費(過失分)を気にしなくてもよいですがもし車両保険に加入してない場合は、その自己負担金額はとても大事ですね。
確かに自分お車の賠償額(ほぼ修理費)は支払保険金額双方の合計が安ければ安いほど自己負担額も安くなることは事実ですが、この場合修理工場は保険会社基準の修理代にあわされてますので工場利益がほとんどないところが多くなってます。
このことは賠償金と修理契約による差額を生み出すことができなくなりますので修理工場のお客様としての修理依頼者としての事故当事者(被害者・加害者)は自己負担額がその差額という事になってしまいます。
保険会社は過失相殺して支払いますので自身に入ってくる賠償金はその過失相殺された金額となります。

従いまして、双方に過失がある場合や100:0の被害者・被害者でも当方に加害者被害者共に修理費(損害額)の算定見積もりを依頼いただきますと当社基準の修理費見積もり+その他損害費用を損害額として両者の損害を一人の損害査定士が見積もりますので公正・公明となり公費にお見積もり出来過失割合はさておきお互いの損害額算定は公平になります。
そして損害額をその割合において過失相殺したうえ、適正な賠償額を決定しそれをお互いお滝の保険会社または当事者本人から賠償金として支払いを受け、そののと修理は修理工場に依頼すれば自己負担金は最小になります。
当然当社でも修理契約はできますし全く別の修理業者に依頼することも可能です。

もしも交通事故で物損の場合の賠償額については加害者・被害者共に弊社に見積だけのご依頼をいただきますと賠償額の最大値と修理代の最小値がともにご案内できあなたの自己負担額は最小となります、すべて保険(対物・車両)保険で賄える場合、場合によっては支払保険金額総額と自己負担修理代に差額が生じ自身に残る場合もございます。
このようなことをできる業者は損保指定工場では叶いません。
損害保険支払金と修理代金は全く別のものですので、このそもそもを理解出来てる工場しかできないことです。
そしてそれは詐欺行為とはなりません、全く関係のないことですのでご安心ください。
大事なことは損害保険会社は、自社利益のためにだけしか働きません、被害者のことなど一切お構いなしです。
特に100:0の事故案件は被害者になればわかりますが、ほんとにひどい状況です、そのことを加害者はしりません。
損害保険会社は加害者権利を利用し被害者いじめをしてます。
特に加害者になった場合も当社にご相談ください、被害者に恨みを残さない賠償方法をお伝えさせていただきます。
加害者責任を必要十分に果たした早期解決ができます。
また加害者側で車両保険加入がなく自己負担がある場合も修理についてご相談ください、自己負担額が少なくなる方法をご案内できます。
*保険会社紹介の保険会社指定工場ではできませんので注意が必要です。
(保険会社に照会してもらはなければこの限りではございません)

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険・保険修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!