神戸市東灘区 あなたは騙されてるかも 対物保険修理 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

あなたは騙されてるかも 対物保険修理

 対物事故修理の被害者になったら要注意!

対物100:0の被害者になり、相手が保険に加入してるからと安心して保険会社と交渉することになったら大変です。

物損だけの修理だからとその対応を自動車修理会社などに任せてしまうとあなたの損害賠償額が軽減されます。

保険会社はある条件下において自分が加害者に変わって当事者性を持ってますので被害者のあなたと交渉できます。
ところが被害者は自分で交渉せずに被害車両が元どおりにきれいに治ればそれで良しとする方が多いので修理工場に任せてしまいがちですが、修理工場には損害保険会社と損害賠償金について交渉する権利はありません、いわゆる当事者性がありません。

事故車修理会社はこれまで損害保険会社の悪く言えば口車に乗り、損害賠償金と事故車復元修理代という全く別の物(性質の違うもの)を同じ土俵に上げ交渉してますが本来修理工場側には何の権限も権利もありません、だから損害保険会社から修理代を値切られまくります。

このことは、保険会社は自社基準の賠償額を修理工場に押し付けてますので、本来支払われるべき賠償金の額が減額されてるのと同じことになります。

しかしながら、被害者のあなたは車がきれいに治ればそれでいいわけですから修理代に関しては無頓着になりますね。

そこが落とし穴となって修理工場には修理の責任がありますので、安く値切られた修理代でも品質を落とさず保証修理をいたしております。

このことは本来当事者である被害者が本来の請求相手(加害者が当事者)に直接請求し示談を交わすのが法律上の決まり事ですので少し手間ですが自身で法律の定める進男方法で賠償請求を起こすべきです。

そのためには加害者の協力がいります(加害者としては当たり前の義務)ので被害者は加害者にあなたに賠償請求を求める旨を伝え本来の請求方法当事者ととして加害者が保険会社に支払うべき金額の見積もりを提出すれば減額なしに事故直前の状態に復元修理するのにかかるであろう費用(修理費)が支払われます。

ただ加害者はすぐ保険会社に任せてるからと逃げますが、法律上はそれはできませんそのためにもあなた(被害者)が保険会社とは交渉しない旨を加害者に伝え本来の正しい請求方法に戻すことを加害者に伝える必要がありますが、あなたの車の修理品質を守るために自身でしっかりと賠償金請求することがs社会正義(支払保険料の高騰を防ぐ手段でもあります)ともなります。

有ってはならないのですが、もしもの時には加害者被害者共に当店に相談ください、お互いに損のない公正で光明な修理費見積もりと賠償金の請求方法をお伝えいたします。

保険会社に連絡する前に当店へ加害者・被害者ともどもご連絡ください。
丁寧に説明させていただきます。
あなた被害者と加害者を守るためにもなります。
*加害者で車両保険には加入してない場合がありますので、加害者車両はお安く修理4原則に元づいた修理をご提案できます。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険事故修理の他のページ