神戸市東灘区 対物保険被害者の為の修理費見積書作成始めました キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

対物保険被害者の為の修理費見積書作成始めました

 事故被害者の為の賠償金請求用修理費見積もり始めました

これまで 交通事故において正しい保険金請求ができてないために、事故の被害者は適正な賠償金が支払われてなかったという経緯があります。

それは、損害保険会社と修理工場側が保険金と修理代という性格の違うものを本来の賠償金として同じ土俵でそれも当事者でない者同士が協定といういわゆる談合的なことを慣例化し本来の当事者(被害者と加害者)という法的拘束の中での賠償問題を、当事者の一方である加害者の代わりに損害保険会社が被害者の超苦節請求権という損害保険会社が決めた約款上の権利を利用し本来は被害者と交渉すべき賠償金を被害者は被害車両が元の状態に復元できる修理費用に置き換えられその修理費を保険会社が支払うと思ってる心理を利用し、修理費を算定することで賠償金としてます。

しかしながら賠償金はあくまでも復元するのにかかるであろう予測金額です、だから修理費といいますが、それを算定できるのは事故車修理業者でありそれは個々のお店により当然違います。
ただ保険金は保険会社が支払いますがそれはあくまで加害者との保険契約に基づき加害者が支払った(または支払うべき賠償金)を加害者に支払われるものであり、被害者に直接支払うものでもありませんましてや修理工場に保険会社が勝手に直接支払う事はありません。

被害者の承諾があって初めて修理工場には支払われます、本来は示談書など法的な書類が必要ですが簡素化してそれができるような仕組みに年月をかけ慣例としてなってます。
そのため損害保険会社は直接修理工場側と修理代(修理費ではない)について修理工場と協定(当事者を飛ばした談合により)と称して決めますそしてそれが賠償金として本来は被害者に間接的(加害者に変わって)に支払われるのですが、それも飛ばして直接修理工場に支払われます(保険会社は被害者には当然承諾をもらってます)。

このようなシステムが慣例として保険会社と修理工場間で成り立っておりそれも保険会社都合(主導)で成り立ってるところに大きなひずみができてます。
その最大のひずみが被害者の賠償金が事故修理代に置き換えられ実質的に減額されてるという事です。

被害者は車が復元修理されればそれでいいと考えてますが本来の損害は修理代だけではなく間接的損害精神的な損害などもあるはずですね、被害者としては迷惑料や車が使用できない損害や目に見えない損害もあり賠償金は当然それらも含めて賠償してもらいたいと考えます当たり前です、だから賠償金は金銭で支払うと法律(民法)で決まってます。

しかしながら、交通事故は誰も起こそうとして起こしてるものでもなく、被害者も自分もいつあうかわからないという事もあり、車がもとどおりになればそれでよしとしますので、賠償金は修理代でよいと考えて修理工場にお願いし修理をしてもらい現状回復されることで良しとしてます。
それは被害者としての善意であり信義則および公序良俗の精神から行ってることであります。

ところが、損害保険会社はそのこと(被害者の善意)までも利用し、修理代を値切ることで支払保険金をできるだけ少なく見積もる傾向にあります。
それはある意味で当たり前のことです、また社会通念上不当に高い修理代は支払いたくないのは正しいことです。
ただそのために、不当に低い賠償金として修理工場に支払われますが、本来は修理工場には被害者であろうが誰であろうが修理依頼者が修理工場とした修理契約上の修理代を支払えばよいわけで賠償金を修理工場に支払う必要はないわけであります。
修理工場も修理依頼者(それが交通事故被害者の場合でも)との修理契約に則り修理費をいただけばいいわけですので保険会社と修理代について協議することはおかしなことです。

だから、当社は被害者にも加害者にも適正な保険金請求をするために被害者の為(加害者の為でもある)の修理費見積もりを提供することで、適正な賠償金を加害者に変わって直接被害者に支払ってもらう事を提唱してます。

そのためには、被害者がご自身で加害者(損害保険会社の場合もある)に損害を証明し賠償金請求することをお勧めいたします。

その方が、適正な保険金が被害者様にスムーズに支払われます。そして、その賠償金(保険金)は当然被害者のものとなります。
そのお金(賠償金)は被害者のあなたが何にどのように使用しても構いません。
それがたまたま修理費でもよいというのが賠償金であります。

被害者も加害者も賠償金はそれが保険から支払われるのであれば社会通念上不当に高額でない限りできるだけ多く賠償額が支払われることを望みますよね。
当然、信義則と公序良俗の精神から適正な修理費見積もりがあればそれが可能になります。

有ってはならないのですが、もしもの時はご相談ください。
損害保険会社も納得する修理工場としての理念と誇りを持った修理費見積もりをご提供いたします。
自身で保険金請求するには少し手間はかかりますが、社会正義を守るためにも消費者としての責任と義務を理解し履行することが必要です。

是非とも、被害者は加害者ともども協力し損保の不当な賠償金減額を阻止し適正に賠償金を請求しましょう。
それが社会貢献にもなります。

そのお手伝いができる全国でも数少ない兵庫県神戸市の修理工場が弊社であります。
修理費見積もりは全国どこでも対応できます!

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険事故修理の他のページ