神戸市東灘区 100:0の被害事故相手保険あり、安心したら損保にカモられる! キズ・ヘコミ・保険事故修理 こころ車店『財乙塾』

サブページメイン画像

  • HOME
  • 保険事故修理
  • 100:0の被害事故相手保険あり、安心したら損保にカモられる!

100:0の被害事故相手保険あり、安心したら損保にカモられる!

 100:0被害者になって相手が保険に加入してるからと安心すれば、あなたの賠償金は棄損されます!
その原因は損保指定工場制度にある。

対物被害者になって初めてわかる、損害保険会社の悪事!
修理工場は下請けの体制・体質に慣れており自身で一般消費者から直接仕事を受注することが苦手です。
そのため損害保険会社から紹介という形で直接の事故被害者や保険契約者の事故修理車両の仕事を紹介してもらえます。
それが損害保険会社指定工場制度という者です。
いわゆる下請け契約という形ではないのですが、仕事を斡旋するので朱里工場側は下請け感覚で数理の紹介をいただきたいためにこれまでの元受けからの仕事と同じように工賃を○○引きという減額で受けてます。
これって、消費者から見ればその修理費見積もり(保険金・賠償金の基)が本来の見積もりから減額されて保険金として支払われてることと同じとなります。
即ち賠償金や保険金が本来もらえる額より減額されてることになります。
このことが理解できない修理工場は小僧って損保の指定工場にな田がり損保からより多く紹介してもらいたいために指定工場間での競争が激しくなり、損保の要求として値引き以外の代車無料やレッカー費用の減額要求を呑んでます。
これらのことは、消費者を裏切る行為と考えますがいかがでしょうか、そして損害保険会社は当たり前に不当に支払保険金を低く抑えようとしてます。
このことに気づき異議を唱える者は損害保険会社の営業妨害的行為にさらされます。
しかしながら、異を唱える修理工場は消費者(被害者保険契約者)のために行動している修理工場といえます。
被害者利益や契約者保険(車両保険)の利益を守り正当な賠償金と保険金を請求し消費者のために行動できるのは非損保指定工場の修理工場のみです。
損保圧力に負けないほけ理と理念を持った工場は数少ないですがあなたの街にも必ずあります。
もしもの時はそのような工場に修理費見積もりと修理依をいたしましょう。
当社も当然そのように行動してます。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険事故修理の他のページ