神戸市東灘区 100対0被害者になった時 受け取るのは賠償金です キズ・ヘコミ・保険事故修理 こころ車店『財乙塾』

サブページメイン画像

100対0被害者になった時、受け取るのは賠償金です

 交通事故で100:0の被害者になった時、被害者は賠償金を受け取ります
その基となるのが修理費=直前の状態に復元するのに掛かるであろう費用
だから大切、適正な修理費見積もり

交通事故で被害者になると、被害者は事故車両の修理を修理工場にお願いすることとなりますね。
その時保険会社は事実確認のため修理工場で事故車両の損害範囲と修理内容について確認する必要があり、その確認を損保社員(損保アジャスター)か外部関連会社にその確認を依頼します。
ここで大切なことは、損保アジャスター(関連会社)はあくまで現状確認だけです、その時ついでに損害額を修理工場に聞きますが、その時、修理工場と合意した修理内容と修理方法で保険会社基準の修理費算定基準で見積もりを作ります。
この損保見積もりは、損害保険会社が修理するわけでないので自分たちが思う(自分たちが支払いたい)修理費であり、自分都合の一律の修理費となります。
これは修理工場の規模やレベル品質などを考慮しない架空の修理費となります。実業(農業・商業・工業・水産業など、生産・販売に関わる事業。)でない損害保険会社は修理代の見積もりはできません。
損害保険会社は金融業(貨幣の取引を行う業)ですので、ある意味虚業的(堅実でない事業。投機的要素を含んでいる)産業といえます。
そんな形態の企業ですから価値はお金しかありません、そして損害保険会社の利益は支払保険金が少なければ少ないほど利益が出るという構造上、保険会社は支払保険金補低く抑えようとするのは当たり前の行為でありそのことは責められません。しかしながら損保の保険金の低減圧力はややもすると被害者や被保険者の損害賠償額や保険金を棄損することになります。

そして、損保の理屈や論理に、知らず知らずのうちに加害者や修理業界は利用されてます。
そのことで正当な賠償金や保険金が支払われずに被害者や保険契約者の権利踏みにじられてます。
また修理工場もその一端を利用されになってます、それが修理工場の損害保険会社指定工場制度という保険会社都合の保険修理請負紹介制度です。
このような工場が損保の言いなりになる(ならないと仕事は斡旋してくれません)ことで、被害者や保険契約者の権利が既存されてます。
だから公正で適正な修理費見積もりの算定が重要ですが、上記のごとく損保に専横され植民地化された工場は修理依頼者(被害者・被保険者)のためには働きません(働けません)。

この事実をよく理解して適正に対処・処理できる修理工場は数少ないですが探せば全国に在ります。
当店もそのような会社です。
保険金算定基準委合致した適正な修理費見積もりの算定は当店にご依頼ください。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険事故修理の他のページ