神戸市東灘区 対物100:0の被害者様へ!賠償金は〇〇で請求するのが最良❣ キズ・ヘコミ・保険事故修理 こころ車店『財乙塾』

サブページメイン画像

対物事故、100:0被害者になったら、○○で賠償金の請求をするが早くて最大値の賠償金が支払われます。

 対物事故で、100:0の被害者になったら保険会社との協定を事故修理会社に任せない。
自分で損害保険会社に保険金(賠償金)を請求するのが最良の方法です。
なぜなら損保と修理業者との協定行為は、法律と約款に則った方法ではないからです。

これまで損害保険会社と事故車修理工場(事故修理受付店等)は、対物賠償や車両保険において「協定」という行為で被害者や被保険金請求者の損害賠償金・保険金を修理費名目で決めてきてました、また対物被害車両においてはその車両が低年式などの場合、経済的全損という名目で市場価格より低い賠償金しか保険会社は提示しません。
このことは損害保険会社の嘘なのですが、何も知らない被害者はそれに甘んじてることがほとんどです。
*いわゆる適正な賠償金が支払われてない。
被害者になって初めて、損害保険会社は信頼のおけない会社だとわかります。
事故車修理業界は損害保険会社の洗脳教育にあってますので結果的にではありますが、協定という行為において、損害車両の修理代を損害保険会社の保険金算定基準方式で修理費(保険金の基)を計算しますので、その被害者の賠償金が低く抑えられる(被害者の利益が毀損される)ようなことの原因となってます。
保険会社も営利企業ですので自分たちの利益の基は保険金の支払額を抑えることです。
*某保険会社は決算報告書で決算利益が出たのは支払保険金を抑えたからだと明記してます。
このような状況下で加害者は本来被害者と賠償金について交渉する立場ですので、被害者と直接交渉するのが法律上の義務となってますが損害保険会社の示談交渉サービスにより損害保険会社にその交渉を任せてしまってます、このことがより被害者を苦しめることとなっており、加害者は損害保険会社に任せてしまって自分の保険会社が被害者と適正に交渉してるのかどうか和関係ないことになってしまってます。
このことも諸悪の原因となってますが法律上加害者の権利が代位してますので損害保険会社は我が物顔で被害者を苦しめます。
このような状況にならないためには、被害者として理論武装し損害保険会社と交渉する姿勢でないと適正な賠償金(適正な全損額)は支払われません。
ただ、一般消費者は交通事故の被害者に合うことはほとんどの場合ないわけですので、損害保険会社と違いその様な知識は皆無ですの交渉負けするのは当たり前です、だから事故車修理業者側にその交渉を任せてしまうようになりますがそれも大きな間違いです、先に述べましたが事故車修理業界側は、被害者様の権利を代位することはできません、すなわち損害保険会社と賠償金や保険金について交渉することは弁護士法72条に抵触する恐れがあります。
そのことは損害保険会社は承知してますが、事故車修理業界と交渉したがります。それはなぜでしょうか・賢明な方は理解できますよね。
だから、当社では、被害者に損保と直接請求権を利用した請求方法を推奨いたしております。
そして、賠償金・保険金が決まってから修理依頼は修理工場等に依頼する。(このことが重要)
ただ損害保険会社との交渉において素人の被害者が交渉するのは無理がありますので、そのために、事故被害者が初めての事故でも損害保険会社と適正に協定できるように、その方法論を含めて修理費見積もり書と保険金請求書類をSET(マニュアルあり)として販売いたしております。
この方法で損害保険会社と交渉すると損保基準(損保アジャスター見積もり)より適正な賠償金になります。
全国どこでもお引き受けできます、また全国各地の心ある被害者目線の修理工場もご紹介できます。

 事故車修理工場側にも良報!
あなたのお客様、被害者(対物)・被保険者(車両)の損害保険事故修理案件の適正保険金請求に協力しませんか!
お客様も喜び、あなたの会社の利益も上がる法律と約款に基づいた正しい保険金請求方法を学ぶ!

『財乙塾』では法律と約款に基づいた正しい保険金請求の仕方をお客様に代わって損害保険会社と協定する具体的方法を学べます。
現在塾生は、損保提示価格(損保アジャスター見積もり)よりもより適正な価格で協定できてます。
具体的な例は掲載できませんが、もし興味があればご連絡ください。
社会的責任を履行するためと事故被害者や事故車の安心安全と修理4原則を守った修理品質を提供できることが条件となりますが、損害保険会社と協定はしませんが、お客様のために損害保険会社に協力は致します。
損害保険会社の社会的責任の手助けと加害者・被害者利益にも公正公明に対応し、損保アジャスターからも支持されます。
アジャスター目線も理解した損害保険会社との共通認識と共通理念を主張した協定できない立場からの合意手法です。
お客様とアジャスターからも感謝される協定方法論を超えた合意方法論といえます。
ぜひあなたも『財乙塾』で学んで損保とお客様のために在る企業へと昇華しましょう!

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険事故修理の他のページ