神戸市東灘区 保険事故修理での修理費価格は上げられる! キズ・ヘコミ・保険事故修理 こころ車店『財乙塾』

サブページメイン画像

保険事故修理での修理費価格は上げられる!

 保険事故修理で修理費価格(保険金の基)は指数を止めれば上ります

これまで事故車修理業界は、損害保険会社の推奨する指数X対応単価という保険金算定基準を自社の修理代算定基準として使用してきてますが、この保険金算定基準はあくまで保険会社が保険金を支払うための損害保険会社の自主基準であり客観性のないものであります。
まことしやかに公正公明であるように、理由付けして事故車修理業界や消費者にそれが正当な修理費算定基準と思わせておりますが、全世界でも国内でも工賃の算定基準は工数xレバーレートがその算定基準であります。
指数x対応単価と工数x対応単価は似てるようですが全く違うものです、それは書いて字のごとく全く違うものですよね、指数x対応単価を事故車修理業界は自分たちの修理代の計算に使用し自分たちの売値を損害保険会社基準委合わせております。
そしてこの指数x対応単価の指数は工数もどきですので車種ごとに算定されており一定です、また対応単価はレバーレ-とまがいで都道府県別に損害保険会社各社ごとに決めております(この対応単価は損害保険会社ごとに微妙に違います)。
そしてそのことは、業界内の企業格差(設備投資額や社会的使命の履行状況などの格差)を全く顧みない売値となっており、社会的使命を履行する工場ほど原価が上がり、売値はそうでない工場と同じということになり不公平になってます。
またこのように社会的使命を履行相としている工場はその修理品質においても高みを目指してますので当然コストだことなります。
普通に市場競争が働いていれば、当然事故車修理費は企業間において売値は変わります、そしてどの工場で事故修理を依頼するのかは消費者にゆだねるのが市場競争であり、事故修理の品質において設備の差が品質に影響するのは当然ですので、より良い品質で社会的責任も履行していくにはコストが高くなるので売値も高くなります、これは当たり前のことですので顧客(消費者9がどこを選ぶのかは消費者の権利であり、修理工場は消費者に選ばれるために市場で競争するわけですから価格と品質と工場の理念などが当然選ばれる基準となります。
ここで保険金は保険金の支払い基準と法律に則り支払われるのであり、その基準は顧客の選んだ工場基準価格が支払保険金の基となるのは保険約款と法律からも決まってることですので、修理工場が指数x対応単価を使う義務などこれっぽちもありません、それなのに事故車修理業界は知識がなかったのと下請け気質だったため、損保の言う方式を正しいと勘違いしてこれまで使用してきてます。そしてそのことは消費者(修理依頼者)の保険金を減額して支払われているのと同じことになるということが理解できてません。
このことを理解した修理工場は正しい修理代算定基準で予測修理費の見積もりを算定しますので当然工場により違いが出ます、そして高品質で社会的使命を履行する努力をしてる工場ほどその価格(売値)高くなります、これは当たり前のことです。
すなわち工数xレバーレートを自社基準で算定できてる修理工場側が消費者の権利を守り正当な修理算定をできることとなりますので当然指数x対応単価方式より高額となりますそしてこの価格こそが消費者が受け取る保険金として正しい算定基準の支払保険金の基となります。

 『財乙塾』月会費制は上記修理算定基準で損害保険会社と協議できる修理工場を支援いたします。
消費者も喜ぶ修理費協定基準を作りましょう。

詳細は案内をご覧ください。
修理工場様は適正な協定を目指します。
消費者様には上記理念で損害保険会社に消費者スタンスでの受け取り保険金支払いを補助いたします。
どうぞご利用ください。
新しい世界が見えてきます。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

保険事故修理の他のページ