神戸市東灘区 損害保険会社の闇 無保険加害者への弁護士対応 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

  • HOME
  • その他
  • 損害保険会社の闇 無保険加害者への弁護士対応

損害保険会社の闇 無保険加害者への弁護士対応

 無保険のバイク乗りの方 特に要注意
対物保険の加害者となっとき損害保険会社はほぼ弁護士対応してきます

当社加害者に対物保険が加入してない場合には数件の対物保険未加入の物損加害者(10:0)からもよく相談が入ります。

加害者が対物保険が加入してない場合
被害者が車両保険に加入しており車両保険を使用場合、
加害者に対して損害保険会社が加害者への修理代(賠償金)を請求します。

そしてその時、
加害者が損害保険会社に対し疑問や納得のいかないことがあり質問などを投げかけます(当然疑問や分からないことはありますよね)と、その質問などが賠償金の内容(賠償額)や修理内容に言及した疑問などの場合ほとんどまともに答えてきません。
そして、自社の意に添わないような(素直に賠償額を支払はない)加害者に対し弁護士を通じて請求してきます。
いわゆる弁護士対応という行為です。

対物保険での修理や車両保険での修理において保険会社はほとんどの場合加害者側というのが多いのですが、中にはいわゆる無保険の加害者もおられます。
この場合、被害者は賠償金が支払われないというリスクが常にありますので、車両保険に加入してる場合はその保険を使用して修理いたします。
このような場合は、損害保険会社は加害者への請求権を*代位取得いたします。
その場合加害者の相手は被害者ではなく損害保険会社となり、その賠償額の交渉においてとても不利になります。
注)代位*① 他人に代わってその地位につくこと。 ② ある人の法律上の地位に他人が代わってたつこと。損害賠償者の代位、保険者の代位など。を言う。

一般的には損害保険会社は一流企業と思われてますので、不徳な行動はしないしその請求金額について不当に高いと感じる方はあまりいないかよくわからないというのが本音でしょうと思います。
ところがそうではありませんので注意が必要です。

わたくしどもが受ける相談はほとんどこの不徳な行為についてです、損害保険会社は自分が支払うときは事故車修理工場側の見積もりに対し不当に値切ってきて支払保険金の減額を計りますが、いざ自分が加害者に賠償金を請求するときは損保の支払い基準ではなく修理工場の出した修理工場基準を採用し実際の修理費とは違う(損保基準より高額な過剰修理といえる)であろう額を請求してます。
*実際に修理内容はその基準でされてますので請求額はそのようになりますが!

ただそのような場合でも、保険会社が加害者側であった場合、修理工場側の提出した見積もりをそのまま黙って認めること(何も認めてもらう必要はないのですが、慣例でそのようになってるおかしな業界です)は皆無です。
今回のご相談では修理工場見積もりがほとんど
そのまま計上されてます。
約70万弱の賠償金額見積もりですが協定見積もりとして約15000円の値引き調整しかしてません
損害保険会社アジャスターは普通もっと値切りますよね。
指数対応単価にも言及してるとは思えないような見積内容です。

損害保険会社は支払う場合は修理工場見積もりを値切り倒しますが。自分が代位し請求する側になると見積もり案件は値切るどころか作業内容も修理で対応できるものを交換を認めて収保の大きい代理店に対しいい顔をしようとしてるのか態度が違いすぎます。
公序良俗の精神と信義則の観念が欠落してるとしかいい夜がない。

被害者になっても加害者になっても注意が必要です。


記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

その他の他のページ