神戸市東灘区 協定前にまず知っておくべき事 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

協定前にまず知っておくべき事

 協定で大事なことは修理費見積もりの書き方(方法論)ではない

協定でアジャスターと協議し修理費を決めてますが、それはそもそも事故車修理業者には何の権利もないことを決めてるのですよ。
このことが解ってる人はほとんどいません、こうすれば見積金額が上がり高くとれる的な方法論が巷に流れはやります。
しかしながら、協定で協議することの意味をしっかり理解し自分の立ち位置をしっかり定めて協議することの方が大切です。
即ち、その見積書は何のために誰のために在るのかという事です。
修理業者が作る修理費見積もりは被害者や保険金請求権利者にその損害を証明するために、プロとしての責任で損害の証明のためにかかるであろう修理費を適正に見積もるのが仕事です。
保険会社に修理代を請求するためのものではありません。
ここのところの理解をしっかりしてないから損保から修理代として値切られます。
そしてその損保アジャスターは修理業者と修理代について協議する立場にはないことを理解してるのかどうか知りませんが保険金の基としての修理費を仕事もできない、修理の現場のことを詳細に知りもしないくせに修理費見積もり書を作成いたします。
損な見積もりが適正だと思いますか、修理見積はアジャスターマニュアルにも記載されてるように作業指示書としての機能も含みます。
その見積(作業指示書)で現場作業者は作業内容通りの内容と時間(指数を作業時間と捉えた場合)できますか。
まずできないと思います。
もしそれでできるなら、あなたの修理工場は超~優秀な生産性のとびぬけて高い修理工場といえます。
そんな修理工場があれば教えてください。

みなさんの修理工場はほとんどできないと思います、だから見積もりで高く各方法論を学び少しでも損保から高くとって協定したいと考えてるのだとおもってますが違いますか?
でもそれは間違いですよ、その間違いに築いてください。

ではどうすればいいのでしょか?




 大切なことまず当事者関係をしっかり知ること

交通事故において加害者と被害者があり、また自損事故での車両保険を使用した事故修理など、
自動車事故車修理において修理業界関係者は修理依頼を受けると同時にそれが保険を使用した修理の場合、損害保険会社が絡んできますので話が複雑になります。
その要因は対物なら被害者、車両なら保険契約者と修理工場の修理依頼者(お客様)がかぶってるところにあります。
だからとても大事なことはその関係性をしっかり把握し当事者関係をしっかり把握しておく必要があります。
まず
被害者と加害者、保険会社と修理工場、保険契約者と損害保険会社、修理工場と修理依頼者(被害者、保険契約者)、修理依頼者(被害者)と損害保険会社、保険契約者(加害者、保険契約者)と保険会社
これらは、すべて当事者関係にありますでしょうか?
このような関係性の中で、法律と保険約款の契約事項のルールを尊重し考えることが大切です。
特に修理業界は、その関係性を理解しないまま、損保の罠にはまってうまく利用されてます。
そして、そのことでそもそもの利権者(被害者、保険契約者)がいわゆる割を食ってる(正当な保険金が支払われてない)ことになってます。
事故車修理業界は、損害保険会社に上手に騙されてるとは気づかれないように利用されるだけです。
たぶんこういっても理解できないでしょうね。
被害者や保険契約者(車両保険)は何も知らない中で本来もらえる賠償金や
保険金を減額されてるといえます。
だからこそ、事故車修理業界は確りしないといつまでたっても日の目を見ない日陰者として生きてゆかねばなりません。
業界の社会的地や経済的地はいつまでたっても上がりません。
そろそろ立ち上がりませんか。
そのためのには方法論なんかより理念構築が必要です。
一緒に社会貢献いたしませんか。

 儲けるから儲かるへ!
協定前の基礎知識「損害保険のそもそも論」
理念と誇りが協定額を自然に上げる

とはいっても、理想と現実は違う!
当たり前です、だからこそ勉強しトライアンドエラーを経験し進男事故車修理業へと変革するのです。
遣るかやらないかそれはあなたが決めることですが、これだけは言えます、やれば失敗はあります、やらなければ失敗はしません。
失敗しない人なんて成長しませんから、小さい失敗の積み重ねが成長の糧です。
デモ失敗は少ない方がいいですね。
だから作りました、
「財乙塾」
失敗を事前に防ぎ確りとした理念と誇りが身につく勉強塾
方法論より大事な考え方とDAA工数表による見積もり技術の構築
業界歴45年、某(三〇〇)損保に名誉の対策工場に指定されたおかげで会社は2度も廃業。
そのかいあって対策工場対策もやります。
現在はNET のみで集客、BP仕事を受注し損保と協定しながら全国回ってます。
徐々にですが塾生からは効果が上がってきてると評判になってます。


「財乙塾」による出張講習会受講生募集中
受講検討者(受講案内送付希望者)には
無料お試し見積もり(100万円以下ぐらいの保険事故修理見積)1件付き(写真見積もり)*協定金額を保証するものではありません

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

協定&見積術の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!