神戸市東灘区 協定でアジャスターから値切られない協定方法 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

  • HOME
  • 協定見積
  • 協定でアジャスターから値切られない協定方法

アジャスターから値切られない協定とは

 そもそも協定でなぜ値切られるのか

まず知っておかねばならい大切なこと
アジャスターの仕事とはを知ること!
アジャスターは損害保険会社の社員であったりその子会社であったり損保に依頼された損害調査会社だったりします。
即ち損保の利益のために働いています。
そのためには、支払保険金の基となる修理費見積もりはできるだけ低い方がよい。
この前提が彼らの中にはあります、本来損害の範囲と修理内容の確認がその役割ですが、中立で公正な第三者としての修理費(損害額)も確認する必要があります。
ところがその立場上中立で公正な第三者としての対応はできませんね、当たり前ですね。
自分が給与をもらってる以上会社の方針や指示は尊重しなければなりません。
本来はその会社の方針の前に社会良識や信義則・公序良俗の精神が必要なのですがその部分は欠落してます。
そしてその状態で、修理工場側と修理費の交渉をします。
そしてまた修理工場側も修理費(保険金の支払い基準の基)を自社の修理代(自社の売値は高額のほうが儲かる)と同じ土曜でたたかわせますので、本来の賠償金(対物保険使用)や修理費(車両保険使用)とは全く概念(性格)の違うものをお互いが自分都合にあわさせ刺そうとするところに大きな問題点があります。
この問題点をしかりと自覚しそもそもの賠償金と修理代とは違うという事の認識とその違いの区別を確りして臨んでない限り値切られまくります。
そしてもう一つとても大事なことですが、損保側には当事者性がありますが、修理業者側はその当事者性(そんぽに直接修理代を請求するという権利)は全くありません。
このこともしっかり理解してないからアジャスターに着け入れられカモにされてます。
アジャスターは被害者や損保契約者に彼らの証明した修理費補値切るためにはその根拠を示す必要がありますが、修理業者側にはそのようなことをする義務など一切ないからです。
したがって修理業者側はアジャyスタートは修理代(損保側は修理費)について一切協定する立場にないという事の説明が確り自分お言葉で説明できるようにならない限り、いつまでも値切り続けられます。
こような(そもそも論の理解)ことがしっかり身につけば、アジャスターからは値切られなくなります。
*(自分の書いた見積書通り100%の価格で協定できることとは違いますの誤解のないように)
値切られないようになりますといっても価格調整には応じます。
誰でもできる協定方法ではありませんので勉強とそれなりの経験が必要となります。


興味があればご連絡ください!
法律と約款に基づいた社会的使命を履行するための保険金支払いのための修理費見積書を作成いたします。



記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!