神戸市東灘区 損保と協定でもめずに協定するための「財乙塾」とDAA工数表 キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

損保と協定でもめずに協定する!
最強武器「財乙塾」とDAA工数表

 損保と協定でもめずに協定するために在る財乙塾とDAA工数表
大事なことは考え方と理念そしてプラス方法論
アジャスターと敵対しないお互い尊敬しあえる関係の構築

これまで事故車損害修理会社は損害保険を使用した事故を中心に社会的責任を果たしてきてました、損害保険会社の企業理念に優先された保険金支払い基準が優先され、被害者や保険契約者の損害賠償金や修理費が適正な金額や売値になってないという事は修理業界関係者なら肌で感じてるはずです。
論理的にここでは詳しく説明できませんが、事故車修理を生業としてる経営者は保険金支払い基準が事故車の修理代と同じものとしてとらえられてるところに大きな問題があります。

保険金支払い基準はあくまで賠償金や車両保険の予想修理費が保険会社の支払うべきものです。

事故車修理業界の顧客と結ぶ修理内容と保険金支払い修理費の基準は全く別物です。
この全く別のものをあたかも同じものと捉えて、損害保険会社と修理業界はその修理費を協定という慣例の中決めてますが、本来はお互い当事者ではないので、そのようなことは決められません。

修理業界関係者は修理依頼者と被害者または保険契約者がたまたまかぶってるだけで、契約する内容や法律上の当事者ではありませんので、分けて考えることがとても大事なのです。

その区別ができてないので、損害保険会社から修理代を保険金のごとく扱われ、保険会社は自分が修理代を払ってるのだとのごとく(自分がお客だとの認識のアジャスターもいますが違います)ふるまいますが損害保険会社は修理代など修理会社に支払ってません。

被害者や保険契約者に届く保険金支払い通知書は保険金を支払いましたと記入してます。
ところが修理業者にもそのはがきは届きますがそれにも保険金または修理代(修理費)と記載されてます。
このように本来の当事者と修理工場に支払通知書が届きますが、ここ事も保険会社の戦略上の都合でコストをかけてます。
本来は修理業者は当事者ではないので、通知義務はないはずですが、支払をしてやってるという洗脳の為ですからね、そういう事もよく理解して損害保険会社とは交渉しなければなりません(本来は交渉すること自体おかしなことです)。

これまでの長年の慣例がそのような状況を作ってきましたので、社会全体を改善するにはそれ相当の時間がかかります。

しかしながら、そもそもの当事者関係と保険契約関係が理解でき損害保険会社と事故車修理工場の社会的責任が理解できれば、これまでのアジャスターとの協定が変わります。
ストレスのない協定、アジャスターとお互い信頼関係の中でのスムーズな協定それも値切られるのではなく調整のお願いをされることで、お互いの適正な妥協点で協定できるようになります。

これまでの協定額は確実に上がります、それは賠償金や修理費として社会通念上適正と判断される金額に他ならないからです。

そのような理念と方法論を学び自身に確固たる確信と考え方が構築できます、それが「財乙塾」とDAA工数表です。

是非、当塾生になり損保との適正協定を推進いたしましょう。
それが被害者や保険契約者の利益にもつながり自社の利益に結びつきます。
信義則と公序良俗の観点と社会的責任の履行、我々がやるべきことです。
出来てますか?
それができれば消費者からは支持されます。
社会から信頼される企業へと一緒になりましょう、そのお手伝いができます。

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

協定&見積術の他のページ