神戸市東灘区 損保から搾取され続ける事故車修理工場 損保の洗脳から覚醒しろ! キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

  • HOME
  • 協定&見積術
  • 損保から搾取され続ける事故車修理工場 損保の洗脳から覚醒しろ!

損保から搾取され続ける事故車修理工場 損保の洗脳から覚醒しろ!

 お人好しの事故車修理業界は損害保険会社の洗脳教育により搾取されてます!
それは消費者の利益を棄損し損害保険会社の支払保険金減額に加担してるのと同じです!

これまで損保業界は事故車修理業界に消費者のために分かりやすい料金体制が必要だと素晴らしい理念を語り、業界職人(ほとんどの経営者が職人上がりだった)の無知やおとぎに付け込んであたかも業界のためになると思い込ませ、業界のために協力してるというスタンスで勉強会などを損保費用で開催し教育してきました。
それはそれで理念や経営という観点から一理もあり、業界の発展に寄与したことは否めません。
しかしながら長年にわたりその教育が洗脳へと変わり、指数X指数対応単価が業界基準として定着し、現在指数X対応単価というように指数対応単価の指数が省かれて語られるようになってます。
そして指数対応単価(指数とともしか使用できない無名数)とレバレ-ト(時間単価)を同列で並べ同じと考え当たり前に使用してる。
指数Xレバーレートなどという誤った使い方を平気でする業界人は、自ら損保の罠にはまってるあほとしか言いようがない。
こんなこと書いてる私は一部の業界人からも嫌われますが損保植民地(損保指定工場)になりたがる業界人は国で言うと国や国民を裏切る売国奴と同じです。
こんなこと書くとまた嫌われますが、本当に業界の未来とそこで働く人や家族関係者の将来を真剣に考えるなら、損保の悪行とは戦わなくてはなりません。
戦うといっても戦争をはじめ人殺しをするわけではないので安心してください、正論と自社利益と社会・消費者利益を真剣に考えるなら企業として人としてならぬことはならぬ精神でアジャスターや損保関係者とじっくり話し合い真に大事なこと社会貢献・社会的責任の履行ができる企業へなるための適正な修理代金を自信をもって請求でき、損害保険会社に納得のいく保険金請求修理費見積もりを策定すべきです。
そのためにはやはり勉強が必要です、人として幅広い考え方と絶対的法則自然の法則節理に基づいた考え方の構築が欠かせません。
現在の西欧的覇道の考え方から本来の日本人が持ってる自然との共生の生き方が相克(覇道)の生き方よりより自然に近い生き方です。
そのような共生の精神と生き方が損害保険の保険金算定基準にも生かされるべきあると考えます、その考え方からしても現在はあまりにも損保基準にあわされており、このままでは社会的責任を履行するまじめな企業や経営者はつぶれてしまいます。
そして不当な請求や姑息な手段でしか自分(自社)の価格を主張できないような輩の工場や修理受付業者のみが存在するようなことになっては社会にとって不利益しか残りません。
業界人はもっと危機感と正しい道を自分でしっかり考えられるようになることを切に望みます。
今後どんなに自動車が変化しても事故車修理業界は社会にとって必要不可欠であり、社会貢献できる素晴らしい業界です。
素晴らしい熟練した技術と長年の経験が醸し出す風格を備えた熟練工が社会から尊敬される業界へとなれるはずです。
それは現在の経営者が損保業界の植民地政策(損保指定工場製)から脱皮し業界基準を早急に構築し独立した秩序ある唯一の業界団体として業界人の為と消費者ファーストに立ち返るべきです。
そのためにも個々の企業が目覚め覚醒する必要があります、僭越ですがそのお手伝いができます。
一よに業界の素晴らしい未来を構築しませんか、同士としてお迎えいたしたく思います。



 勉強するなら「財乙塾」
DAA工数表とそもそも論の構築で社会貢献

そもそも論とDAA工数表が自社利益を守ります。
損保アジャスターも反論できないし共感してくれます、お互いが尊敬しあえるように関係性を構築していきます。
時間はかかりますが自分お言葉で理念とあるべき姿を語れることと、損保の必要性も認めたスタンスが共感を呼びます。
遺書に学び儲かる企業へ成長させましょう。
そのようになれるまでお付き合いさせていただきます。
まだまだ数少ないですが、「財乙塾」で学んだ人は成果を出して設けてます。
心配でしょうが損保対策工場にはなりません。
多くの方には伝授できませんがもし申し込みいただけば顧問としてあなたの会社丸ごと面倒見ることも可能です。
もし1年たっても成果が出なければ費用は経費(交通費など)を除いた分は返金させていただきます。
ちなみに返金要請は1社もありません。


記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

協定&見積術の他のページ