神戸市東灘区 そもそも論 保険金(賠償金・修理費)と修理代の違いを知る! キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

  • HOME
  • 協定&見積術
  • そもそも論 保険金(賠償金・修理費)と修理代の違いを知る!

そもそも論 保険金(賠償金・修理費)と修理代の違いを知る!

 損害保険を知るためのそもそも論
保険金(賠償金・修理費)と修理代この文言の違いを理解する事が必要!
保険金は修理費(修理代ではない)

協定において、対物保険であれ車両保険であれ、損害保険会社アジャスターは修理工場と壊れた車の損害を確認する必要があります。
そのために、損保アジャスターは、修理工場に車両の損害を確認に行きます。
そしてアジャスターは修理工場と「協定」という名のもとに、修理工場とその損害について協議しその損害額を修理工場と決めます、そしてその決めた損害額が支払保険金となります。

対物保険や車両保険の案件で「協定行為」において損保アジャスターは修理工場と壊れた車を元通りにするための修理費を修理工場と協議し決めるというのが慣例として損害保険会社と修理工場の間で定着してます。

そのためには、保険会社の言う保険金とは賠償金(対物保険)か修理費(車両保険)であり、どちらも事故直前の状態に回復するための修理費が支払保険金の基となります。
即ち対物においては対物賠償の賠償額、車両では修理費という事になります。
そして、修理工場が見積もる見積もりは事故直前の状態に回復するための修理費(かかるであろう修理代)となります。

ここで複雑になるのは修理工場が修理依頼者としてる修理契約上の修理代は、上記保険会社の言うところの修理費とは全く質も内容も違うものとなります。
また修理工場の契約関係の当事者は修理依頼者です。
保険会社アジャスターは全く関係のない第三者であります、このことが理解できれば協定で修理費と修理代を協議するのはおかしなことであるとわかるはずです。
修理費と修理代この違いが理解できれば協定での損保アジャスターからのお願いという要望(強要)は拒否できるし従う義務など一切ないとわかるはずです。




記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

協定&見積術の他のページ