神戸市東灘区 保険協定で、なぜ誰もできない作業時間もどきの指数を使うのですか❓ キズ・ヘコミ・保険事故修理 こころ車店『財乙塾』

サブページメイン画像

  • HOME
  • 協定&見積術
  • 保険協定で、なぜ誰もできない作業時間もどきの指数を使うのですか❓

保険協定で、なぜ誰もできない作業時間もどきの指数を使うのですか❓

 保険協定担当者の皆様へ!
なぜあなたは現場作業者が誰もできない損保指数を作業時間として使用してるのですか?
そもそも指数が作業時間ではないこと知ってますか?

これまで事故車修理業界は、損保の保険金算定基準の基となる原状復帰費用の修理費予測として、(社)日本損害保険協会監修のもと自研センターが作成した指数を使用してます。
そしてその指数無名数(名前・単位のない数字)であると規定されてます。
なぜ名前がないのでしょうか、それは損害保険会社や自研センターは実業ではなく虚業といえるものであるため、本来の実業なら使用できる工数を使えないからです、ちなみに工数時間という実態の単位が在ります。ですから工賃の算定には工数(作業時間)Xレバーレート(時間当たり工賃)としてサービス業など実業の世界では使用されてます。
即ち事故車修理業界は、その修理代を示すためには工数Xレバーレートの公式を使います。
ちなみに損保の保険金算定基準は指数X指数対応単価として算出してます、この指数対応単価をよく略して対応単価といいますが指数対応単価と対応単価はそもそも意味が違います、指数には単位がないのでそれに単位をつけるために、指数にレバーレートが使用できませんのでそれに代わるものとして指数対応単価という造語を勝手に作っただけです。
だから指数には指数対応単価しか使用できません、指数にレバーレートを乗じて使う事はできないという事です。
そしてまたここでも損保は指数対応単価を略して対応単価という言葉を使います、いかにもレバーレートと同じような感覚を我々に植え付けているのです。
即ち対応単価=レバーレートとして思い込まされてます。指数対応単価ですから!
皆様は区別して使ってますか、これが区別できてない方は損保の洗脳に侵されてます。
指数対応単価とレバーレートは全く違うものです、指数対応単価は字のごとく指数とともに鹿使用できません。
修理業界が自社工数を修理費見積もりとして使用するなら指数対応単価は使えないという事になりますので、損保に言ういわゆる地域指数対応単価何の意味も無いものとなってしまいます。
即ち、損保の言う指数対応単価なんて使う必要がないのです。
そして誰もできない作業時間もどきの指数を自社の修理代や作業工程管理の作業指示書に使う事は企業として社会的責任を履行してない、労基違反につながる行為とも言えます。
この文章の意味が理解できる人(自分お言葉で説明ができる)は、損保アジャスターのいう事の不徳や非常識が分かり、協定でアジャスターからお願いされる立場へ変化します。
気が付いた人は、いわゆるいいきょうていができてます。
勉強することが必要ですが。
もし本気で社会貢献できる企業を目指すなら、あなたのお力になります。
それができるのは『財乙塾』しかありません、気になったらご連絡ください、当塾生は損保ともめずにより良い協定ができてます。
そして儲かる企業へと変化し始めてます、まず社員や下請け取引先から喜ばれます。
より良いカーライフ社会のために在らんことを祈願いたします!



記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

協定&見積術の他のページ