神戸市東灘区 本当にその指数(作業時間)で作業できてますか?出来てたら超人です キズ・ヘコミ・保険事故修理 こころ車店『財乙塾』

サブページメイン画像

  • HOME
  • 協定&見積術
  • 本当にその指数(作業時間)で作業できてますか?出来てたら超人です

本当にその指数(作業時間)で作業できてますか?出来てたら超人です

 指数X指数対応単価は損害保険会社が保険金算定のために作った基準
保険会社は株式会社ですので自社の利益の最大化を目指すのは当たり前!
事故車修理業者が自社の利益の最大化を目指し修理料金を決めるのも当たり前!
ただしどちらも、消費者利益の最大化のために在るべき。

現在の保険事故修理において、協定という行為で保険商品である対物保険や車両保険を使用した事故修理において、保険会社と修理工場は消費者(修理依頼者、保険契約者)から修理依頼を受けて保険を使用した事故修理契約を取り扱ってますが、本来は保険金会社と修理会社は当事者関係にありませんので、お客様に代わって保険会社と保険金(賠償金・修理費)について協議する立場にありません。
しかしながら、修理依頼者が保険を使用した修理になりますと、契約関係の当事者として保険会社の顧客(代位した顧客も含む)と修理依頼者がダブってますので話がややこしくなります。
修理工場側は損害保険会社と保険金については協議する立場でないので賠償金(対物保険)や修理費(車両保険)につて保険会社とは協議できません、しかしながら損害保険会社は修理工場側とそれについて協議したがります、そしてその協議で損害保険会社の保険金算定基準を修理業者側に、お願いと称してほぼ押し付けてます。
そして、保険金算定基準の指数x指数対応単価が保険会社都合の基準であり、あたかも事故修理業者の修理代算定基準と同じという観点でその基準を修理代基準として業界に採用されてますが、その指数が工数まがいのもので作業時間とした本当に正しいのかが、大きな懸念として業界人のこことしては感じてるはずです、そして業界団体である車体整備協同組合はその指数X指数対応単価を業界基準として採用し組合員にそれを使うよう指導までしてます。
指数X指数対応単価の指数が作業時間として正確で正しいということが前提ならその方式は業界基準としても正しいといえますが、ここで大きな問題はその指数が工数として考えたときにその作業時間では現場作業技能者のほぼ誰もできない作業時間(数字)となってます。
業界内では、指数対応単価が安いと言ってその単価を損保との交渉で上げることばかりに邁進してますが、指数対応単価は指数とともにしか使えないものでありそれをおかしいというのは本末転倒でありもし指数対応単価を自社のレバーレート(各紺この工場の売値=時間当たり工賃)と同じと考えてるのらバカです。そもそも誰もできない指数を工数と思って採用していることに間違いがあり、だれもできない作業時間を自社の工数として採用して累乗現場技能者は仕事のできない仕事が遅いレベルの低い技能者ということになります。
そしてそのような低い技能者しか雇ってない会社ばかりということになり、事故車修理業界は適正な利益など出せるわけがないのです。
そのような会社は社会に貢献できるはずもなく、社会的責任を履行できてるわけもないので消費者利益の最大化などできるわけもありません。
消費者利益は修理4原則を担保しできるだけ安い価格でできるだけ早く修理完了することです。
そのための大前提として事故車修理工場が社会的責任を履行できてることが条件となります。
この社会的責任織工のためのコスト(原価)が正しく把握できためには正しい作業時間(工数)と正しいレバーレートが必要です。
この工数もレバレートも決めるのは個々の修理工場となります。
レバーレートは個々の工場の規模や設備投資地域性などで線ら訳的に個々の工場で決めるのが普通ですが、工数に関しては氷人的な作業時間としてある条件の基業界で業界基準として決めることが必要です、そしてそれは業界に与えられた権利でありいわゆる独禁法には抵触しません。
このようなこともしっかり理解できてない組合の指導的立場の方も多く見受けられますので、業界の足を引っ張てます。
もし指数がおかしいと思てるなら、それは社会に告知し自分で工数トレバーレートを作り自社の売値は自分で決める気概が必要です、もしそれが難しいのなら、当社がお手伝いできます。
当社『財乙塾』では、DAA工数表と理念の構築で、損保アジャスターと立場を超え消費者目線の協定を目指します。
あなたも仲間になり適正価格でこれまでの協定から脱皮し協定しない合意による協定を目指しませんか。
興味があれば連絡ください、全国で仲間が増えてます、あなたも消費者のために適正協定を目指しましょう!


記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

協定&見積術の他のページ